通信会社(格安SIM・キャリア)での休止・一時停止・中断について

格安SIM

格安SIM会社での休止・一時停止・中断手続きは、基本的には紛失などの緊急性の高いものに使う措置です。

格安SIM(MVNO)が出るまでは、月々の費用も高くMNP(同一番号での乗り換え)がない時代、長期で使わないが電話番号をキープしておきたい時に、休止手続きはメジャーな方法でした。例えば、1年程度の留学・転勤で海外に行く場合などには、明らかに費用が安いからです。現在もキャリアではサービスがありますが、格安SIMの場合は意味あいが異なります。

格安SIMは元々非常に安いまたは安いプランがあること、そして多くの会社が中断しても、回線の利用料金が発生します。その為緊急用になります。

緊急の休止手続き

スマホの紛失・盗難の場合

スマホが無くなると、本体の価格や内部のデータの事で頭がいっぱいになりますが、SIMカードの休止措置もすぐに行いましょう!!

SIMは別のスマホに挿せばすぐ使える!

スマホにロック(指紋認証・顔認証・パスワード)がされているから大丈夫と思わないように注意です。SIMカードにもパスワードロックはありますが、設定している人も少ないと思います。もし、SIMカードを抜かれて別のスマホへSIMを刺せば、データ通信も電話も可能です。

特にいたずら・嫌がらせ目的、あるいは海外での紛失の場合、国際電話を沢山かけられる恐れがあり、高額請求が来る可能性大です!!!

格安SIMも、通話用の海外ローミングサービスがあります。基本料金は0円が多いですが、通話は従量課金制で青天井です。使わない場合は普段からサービスをオフにしましょう。

もしかして何処かにあるかもと思っても、家の中などではない限りは、一時休止は再開できるので、素早く進めましょう。

方法ですが、カスタマセンターへ電話かメール、会社によっては、ウェブサイトのマイページからでも可能です。しかし、パソコンがない場合マイページへのアクセスも難しい可能性があるので、友人などにスマホを借りて電話等が早いです。

  1. 落ち着く
  2. Googleで、「〇〇モバイル 休止」と検索(”〇〇モバイル”は自分の契約している会社名)
  3. 電話して、停止する
  4. 再度探す
    1. 見つかった場合:再開手続きへ
    2. 見つからない場合:SIMカードの再発行手続きへ

SIMカードを再発行しても、古いSIMカードは使えない状態のままです。後々見つかった場合は返却か廃棄です。また停止していれば悪用の心配はありません。

休止は不要な場合

スマホが壊れた

スマホが壊れたからと言って、休止する必要はありません。特に格安SIMの場合、休止しても料金が発生するので、意味がありません。SIMカードが誰かの手に渡る可能性がある時だけ、一時休止をします。

別のスマートフォンへSIMカードを刺す、あるいはeSIMの場合は、連絡し機種変更のための手続きを行いましょう。

SIMカードが壊れた

SIMカードが破損した場合も休止は不要です。ある意味全く意味がありません。すでにSIMは使えないのですから・・・。再発行手続きをしましょう。

長期休止で番号キープは、docomo/au/softbankで

もし海外へ留学・出張など長期で休止したい場合は、キャリアへまず乗り換えも検討が必要です。キャリアでは、長期で電話番号をキープしておきたいが、理由があり(海外留学・駐在等)毎月の利用料を抑えておきたい人向けのサービスがあります。

料金は発生しますが、お手頃で最大5年ほど番号を保管しておいてくれます。

保管期間手数料月額料金手続き
docomo最長3年1,000円(税別)電話番号:400円(税別)
メール:100円(税別)
ネット(開始のみ)
電話
ショップ
au最長5年2,000円372円ショップ
softbank最長5年3,000円390円ショップ

海外出張・海外留学・海外駐在などの場合の選択肢

海外行きの場合は、楽天モバイルの登場で、選択肢の幅が広いです。または格安SIMで安く運用も1つのアイデアになります。