格安SIMでのキャッシュレス(おサイフケータイやQRコード)決済事情とおすすめスマホ

スマホ

おサイフケータイやQRコードを使ったスマホだけで支払いができるキャッシュレス決済がメジャーになってきています。格安SIMでもこれらスマホ決済が使えるのかと、事情についてお伝えします。結論から言うと、スマホ端末次第であるのですが・・・

スマホ決済:おサイフケータイ、QRコード決済とは

スマホ決済は、大きく分けて2つあります。Apple Payが登場しメジャーになった、「おサイフケータイ」は、基本的には、近距離無線通信によってスマホとレジが繋がり支払いが行われます。一方でQRコード決済は、バーコードスキャナを用いて、画面上のコードまたは、スマホからQRコードを読み取ります。

最近のスマホはほぼ100%カメラがついていることもあり、QRコードの読み取りは可能ですし、また店側のバーコードスキャナも性能が高いため、画面上のバーコードを瞬時に読み取れるようになっています。そのため、正直言って、バーコード(QRコードもバーコードの1つのタイプ)を使った決済は、最近のスマホであれば利用は問題ありません。

一方で、おサイフケータイと言われるのには、通信ができるチップがスマホに内蔵されている必要があります。通信の規格は、Felicaと言われる物が日本では主流ですが、海外ではNFCと言われる物になります。Felicaは、実はNFCの規格の1つなのですが、海外でNFCと言われる場合は、別の規格Type AやType Bなど異なる物を指しています。

Apple Payが登場する以前から、Suicaなど交通系カードは、Felicaが主流だったこともあり、日本ではお店側もFelica対応のレジを使っていることも多いので、現在も日本ではFelicaが主流になっています。日本で有名なNFC対応の物はマイナンバーカードになります。

NFCは基本対応しているが、Felicaは別

ここまでの話の通り、日本ではFelicaが主流・海外ではNFCが主流と話しましたが、スマホメーカーのほとんどは海外メーカーになります。そのため、世界的に販売する一部のスマホ(特に安い価格帯・ローエンドモデル)は、NFCしか対応していません。

昔のiPhoneも海外モデルと日本モデルが異なりました。もっと最近の話をすると、Googleがリリースしているスマホ、Pixelでは、2018年モデル(Pixel 3)まで海外と日本とではモデルが異なり、海外モデルはFelicaへ対応していませんでした。

現在も、格安SIMでは様々な種類のスマホを販売するために、NFCしか対応していないモデルも多々あります。特に、価格が3万円以下になってくると、高い頻度でNFCのみまたは未対応です。

iD・QUICPayなどが必要。海外では使えない

Felica対応のスマホを持っているのなら、キャリアでも格安SIMでも同じで、対応した決済サービスが必要なります。上記の通りNFCが海外で主流だから、自分のおサイフケータイは海外で使えるのかと疑問になりますが、残念ながら使えません。

iDやQUICPayは、日本の独自の規格であり、NFC・Felica対応のスマホでも、海外で対応の決済サービスを持っていないため使えないのです。

キャッシュレスの電波とバッテリー

次に気になるのが電波です。格安SIMは電波の入りはキャリアと全く同じですが、通信速度は変わります。お昼休みなど、ピーク時であればネットが見れない事もあります。しかし、おサイフケータイは圏外でも使えるので、電波や通信速度に影響はありません。また、バッテリーに関しても完全に切れない限りは使えます。

しかし、残念ながらQRコード決済は圏外や通信環境がない場合は使えないので、もしかするとピーク時で非常に遅い通信環境の場合、サーバ側へ通信ができず使えないことは発生しますし、バッテリーが切れてては操作が出来ないため、アプリが立ち上がらず使えません。

格安SIMでのスマホ決済まとめ

QRコード決済:

  • 基本的に、どのスマホでも利用可
  • 通信環境が悪いと使えない

おサイフケータイ:

  • Felica対応のスマホが必要
  • 通信環境が悪くとも使える

両者には一長一短があります。そのため、スマホ決済をいつも使いたいと思っている人には、おサイフケータイを対応している機種を選ぶ方が、格安SIMでも問題なくいつも使えますよね。

スマホ決済におすすめ機種

格安SIM会社でセットで購入できる、スマホ決済(おサイフケータイ)に、おすすめのモデルを紹介です。正直私が今欲しいと感じるスマホ端末になります。

AQUOS sense 4:12MPカメラ掲載、最強のミドルレンジスマホ!?

AQUOS sense 4は、sense 3の後継機として発売されましたが、非常に大きなアップデートだと言われています。カメラ性能も非常に高く、3眼レンズで、12MPの標準と広角が掲載されています(他社の多くは標準の解像度は高いが、広角は8MPなど低い)。

また以前がら定評のあるIGZOディスプレはバッテリー消費も少なく非常に綺麗に表示されます。指紋認証・顔認証にも対応は嬉しいですね。

AQUOS sense 4を販売する格安SIM:

OPPO Reno3 A:テレビCMでもおなじみスタイリッシュなモデル

OPPOからは、最近 A73と言う新しい機種が出ましたが、そちらはおサイフケータイ非対応になっています。一方、OPPO Reno3 Aは、2020年夏に発売されましたが、スペック的にもメモリ6GB・ストレージ128GB、6.44インチの大型有機ELディスプレイ掲載と非常に高いです。

カメラについても、アウトカメラは最大48MP、インカメラも16MPと非常に高い画素数を誇り、自撮りユーザーにはもってこいですね。

OPPO Reno3 Aを販売する格安SIM:

Xperia 10 II:Sony製ワイドな有機ELディスプレイ掲載

6.0インチ21:9と非常に縦長(ワイド)な有機ELディスプレイを掲載するのが、最近のSONY Xpediaの特徴です。3眼レンズを採用し、防塵防水・おサイフケータイ・指紋認証・デュアルSIM対応・microSD対応など、必要な物は揃っています。

ソニーブランドでデザイン製も高い製品がすごく魅力的です。

Xperia 10 IIを販売する格安SIM: