[格安SIM] でんきや光とのセット割引がある格安SIM会社と値引き額

格安SIM

家庭でのインターネット(光)や電気を、指定の会社にする事で、月々の携帯電話代が割引されるサービスを行っている会社があるので、もしインターネットを変更を検討しているなら、格安SIMと一緒に検討しておくと便利です。

お家の費用と格安SIMでお得にできる格安SIM会社

〇〇でんき・〇〇光と言って、格安SIMと近い業務形態で、大手の各会社の余剰分を買い取り再販している会社があります。格安SIMは異業種参入もありますが、最も近い通信系会社(プロバイダー等)から参入も多い事もあり、光+格安SIMでお安くなることが多い様です。

基本的に同時に申し込む必要はありません。いずれか一方(例えば格安SIM)を試してから、ひかりも加入も可能です。ただし、ユーザー限定割引などもあるので、ひかりを先に入った方が良い場合などもあるので、各社サイトで確認してください。

IIJmioのmio割:ひかりとセットで、ずっと毎月660円オフ!

ひかり通信代とSIM通信代の合計から、毎月660円の割引が、両方を契約している限り行われます。ギガプランの通話付きSIMが858円からですが、割引されるとSIM代が実質198円ですね。

ただ注意点は、1種類の対象サービスにつき1契約ずつの組み合わせを、1つの割引対象セットとみなすので、片方が複数でも割引額は同じです。例えばひかり1回線+SIM2回線の場合、割引は1セット分の660円となります。

OCN モバイル ONEのOCN光モバイル割:NTTグループの強み

OCN光としても知名度がありますが、OCN モバイル ONEの回線毎(最大5回線)が、200円の割引を受ける事ができます。また、OCNはいくつかの名前で光サービスを提供していますが、ほとんどが割引該当の光サービスになります。例えば、ONC for ドコモ光加入でも割引になるので、docomoからの乗り換えでインターネットの事をもし気にしているのなら、OCN モバイル ONEがおすすめです。

BIGLOBE モバイルの光☆SIMセット割:キャンペーンもあるのでまずSIMから

BIGLOBEは、元々インターネットプロバイダーでもあるので、光サービスを持っています。月々300円の割引がずっとありますが、さらにキャンペーンになりますが、多くの特典があります。例えば、2020年10月現在ですが、最大64,000円相当の特典があります。

エンタメフリーで有名な格安SIM会社です。両方を上手く使えばかなり月々の費用を抑えてエンタメを満喫できますよね。

Y!mobileのお家割:でんきとひかりダブルだ!

softbank系の光に加入で、毎月500円の割引を受ける事が可能です。そして、プランごとに割引額も異なり、なんと、スマホプランLだと、毎月1,000円の割引があります!!ただ、注意が必要なのが、複数回線で割引のある家族割などと重複割引が適応されません。と言っても1,000円は大きいですよね!

また、おうち割でんきセットもあり、24ヶ月まで毎月100円(以降50円)の割引もあります。でんきに関してはテレビでも宣伝をよく見ますが、初月無料のキャンペーンもあります。

楽天モバイルのキャンペーン:額的には最大の割引かも!?

モバイル側での割引はありませんが、楽天ひかりと楽天モバイルを両方使うと、楽天ひかりの基本料金1年無料になるキャンペーンを行っています。例えば、月々5,280円の(戸建)が1年無料になりますね!

また、このキャンペーンは、楽天モバイル加入済みなら、楽天ひかりに申し込むだけで対象ですし、SPUも+1倍です。

0円運用から無制限まで!

HISモバイルのキャッシュバック:最大10,000円キャッシュバック

完全定額かけ放題サービスや従量制プランなど、様々なお得で魅力的なプランを展開するHISモバイルですが、系列会社のHTBエナジーででんきに加入すると、格安SIMの基本料金から最大10,000円のキャッシュバックを受ける事ができます。

でんき代が安くなるサービスに入るのにキャッシュバックまでも貰えるとなるとかなりお得なサービスです。旅行会社が大元と甘く見てはいけませんね。格安SIMは十分魅力的ですし。

UQモバイルと電気契約で、月々990円!

UQモバイルが「でんき割」として最大858円/月の割引を実施しています。特にこの割引の注目する点は、家族全員が対象である点です。言ってみれば他社の家族割とでんき割が合体した感じでもありますが、プランSなら990円で利用可能になりますね。

家族については離れていても対象になるので、かなりお得です!!

地域限定のインターネット企業は格安SIMを割引しない?

残念ながら、インターネット(ひかり回線)等インフラを持っている会社が格安SIMに参入しても、割引を行って無い事もあります。例えば、mineoはeo光と同じ会社オプテージが展開していますが、割引はありません。nuroモバイルとnuro光、J:COMモバイルなども、割引はありません。(*eoひかりはauとのコラボあり)

3社の共通している点は、格安SIMは全国展開だが、インターネットサービスは地域限定である点です。J:COMとmienoのオプテージは、NTT光回線ではなく自社の回線でインターネットケーブル接続を提供していますが、インターネット側でも(SIMがあるからと)割引はありません。*各社ウェブサイトで割引を確認しています。非常に分かりにくいが、実はある場合はご自身で確認お願いします。