スポンサーリンク

スマホの緊急地震速報について改めて勉強した。鳴る・鳴らない場合とか。楽天モバイル/UQmobile/Y!mobileは対応とアプリの重要性

スマホ

13日に東北で大きな地震がありましたが、私のスマホは1台は鳴らない、もう1台はアラートが発生しました。私自身は西日本に居るので、地震の揺れも感じなかったのですが、今後のことも考えて、改めて緊急地震速報について調べました。

緊急地震速報とは?いつ何処で鳴るのか?

まず、肝心なのが「緊急地震速報」とはですが、気象庁にて下記の通り説明があります。

緊急地震速報とは何ですか?
緊急地震速報は地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを素早く解析して、震源や地震の規模(マグニチュード)を推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせるものです。

気象庁

上記の通り、地震について「推定し、予想し」素早く知らせてくれるシステムです。

緊急地震速報が発令し鳴る条件

そして、緊急地震速報が鳴るには条件があり、重要なのは2点です。1つ目は、まずは、対象地域に居る場合のみ鳴る点です。

気象庁は、最大震度が5弱以上と予想された場合に、震度4以上が予想される地域を対象に緊急地震速報(警報)を発表します。

もう1つの条件は、対象の通信キャリアかアプリが入っているかの点です。

テレビやラジオ以外の入手方法としては、まず、携帯端末があります。携帯端末への一斉同報機能を使用して緊急地震速報(警報)を配信しているのは、NTT ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの4社があります。
・・・・
なお、スマートフォンが普及した今、民間の情報配信会社等が開発しているアプリを導入することで、緊急地震速報(予報、警報)を受信することもできます

緊急地震速報配信キャリアは6社

対象の通信キャリアとは、上記の気象庁の情報が少し古く、現在は4社ではありません。6社になります。他2社とは、UQモバイル楽天モバイルが該当し、両社がそれぞれ下記の通り発表しています。

楽天モバイルの緊急地震速報について

気象庁が配信する「緊急地震速報」や「津波警報」、「特別警報」 、国や地方公共団体が配信する「災害・避難情報」を、対象エリアにいるお客様に一斉にメールでお知らせします。
0円/月・お申し込み:不要

楽天モバイル 緊急速報メール

楽天モバイルでは、サービスとして紹介されているので、キャリアとしては対応をしていると理解することができます。

詳細等は楽天モバイルのホームページで確認を

UQmobileの緊急地震速報について

UQモバイルのサイトを見ると、サービスとしての紹介はありませんが、既にauのサブブランドとなり、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルと条件は近く、緊急地震速報を受信ができることがスマホのスペック表の中で紹介されています。

UQmobileの情報は、スマホのスペックにあるため、スマホが対応しているだけの可能性があります。詳細は、公式ホームページへ

キャリア対応可能でも鳴らない場合がある

しかし、上記2点に該当していても(キャリアが対応しているからと)、100%アラートがなるわけではなく、更に条件があります。

例えば、NTTドコモでも下記の注意書きがあります。

  • ご利用するために、あらかじめ携帯電話での受信設定が必要な機種があります。
  • 機種によっては一部機能がご利用いただけない場合がございます。

iPhoneでは設定のアプリから確認ができ停止もでき、Androidではドコモのアプリで設定します。ただ、ドコモでも緊急地震速報が受けれない端末もあると覚えておきましょう。

次に、楽天モバイルのiPhoneの対応を見ると下記の通り、ETWSへは対応をしていない事がわります。(Rakuten Miniなどは対応です。その他のスマホ対応については、「楽天モバイル 対応端末」より)

上記の通り、キャリアが対応していて、かつスマホも対応している場合にアラートは鳴るのです。

洪水情報国民保護に関する情報(J-Alert)については、「楽天回線エリアでは配信されません。準備が整い次第随時更新いたします。」と公式サイトに情報があります。

地域外や対象外スマホ・キャリアで緊急地震速報を鳴らす

気象庁の情報にも「民間の情報配信会社等が開発しているアプリを導入することで、緊急地震速報(予報、警報)を受信することもできます。」とありますが、格安SIMでは基本緊急地震速報に未対応のこともあり、格安SIMユーザーの多くの人は知っていることではありますが、アプリで代用が可能です。

また、「携帯端末への一斉同報機能を使用して緊急地震速報(警報)を配信」と気象庁も言うように、キャリアからのアラートは、「警報」のみですが、アプリは、上記の通り「予報、警報」の両方を鳴らします。

有名なアプリとして2つがあります。

Yahoo!防災情報:

防災速報 - 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け

防災速報 – 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

NHKニュース・防災:

NHK ニュース・防災

NHK ニュース・防災

NHK (Japan Broadcasting Corporation)無料posted withアプリーチ

私の場合、Yahoo!がリリースしている「Y!防災速報」(Android版の名前)を1台にはインストールしています。最初の話に戻りますが、東北での地震についてアラートが鳴ったのは、Y!防災速報がインストールされているスマホです。

緊急速報メールについては、「対象のエリア」に居る場合のみ対応ですが、アプリは設定により全国の速報を聞く事ができます。下記は、Y!防災速報の一画面で「全国共通の災害情報」の設定で、アラートが鳴る条件を広げています。

緊急地震速報とスマホのまとめ

  • 緊急地震速報は、地震について推定・予測し配信
  • 対象のエリアに居る
  • キャリア・スマホが対応している

もし、対象エリアを広げたい、未対応通信会社(格安SIM等)・スマホ(楽天モバイルでiPhone)を使っているなら、アプリを入れて設定をすると、多くのアラートを聞く事が可能ですね。

格安SIMではアラートが鳴らないので災害に弱いと思いがちですが、アラートエリアを広げたりと、より多くの情報を得たい場合は、キャリアや通信会社に関係なく、アプリも入れるが良いですよね。

気象庁:緊急地震速報について

コメント