[格安SIM] UQモバイルについて詳しく調べてみた。節約志向の人に絶対おすすめの。デメリットも

UQmobileがおすすめな人 格安SIM

KDDIの傘下となり、auのサブブランドへ突如大変化を遂げたUQモバイルは、以前から格安SIMとモバイルWi-Fiで有名でした。サブブランド化はユーザーにとっての恩恵としては、スピードが更に安定するのではと言うことでしょうか、そんなUQモバイルについてメリット・デメリットについて詳しく調べてみました。

UQモバイルは、こんな人にオススメ

  • 安定した通信品質が欲しい
  • スピードを自分で調整し節約したい
  • 分かりやすいシンプルなのが良い

UQmobileの特徴とメリット

UQモバイルは、格安SIMでも通信速度について評価が高い会社ですが、Y!mobile同様にキャリアのサブブランドとして生まれ変わり、更なる通信の品質とスピードについて安定性が高まると言われています。

シンプルなプラン設定が良い

くりこしプラン Sくりこしプラン Mくりこしプラン L
月額料金1,628円/月2,728円/月3,828円/月
基本データ容量3GB/月15GB/月25GB/月
基本データ容量超過時
or
節約モード時
最大300Kbps最大1Mbps最大1Mbps
価格は税込

UQmobileは、月々のデータ容量が異なる3タイプ、3GB・15GB・25GBのプランとなっています。プランMやプランLは比較的データ量が多くなっています。また、通話・データが含まれますが、かけ放題等は別途オプションと分かれていることから、電話をあまりしない人にも選びやすくなっています。

データ量は繰越可能で、翌月まで持ち越す事ができるので、例えばプランS利用時に、今月1GBしか使わない場合、翌月は3GB+2GB=5GBとなり、無駄を減らせるのがありがたいです。

節約モード・超過時でも最大1Mbps

データ通信では、基本データ量を消費しない節約モードへスイッチ一つで切り替えられ、プランSだと最大300Kbps、プランM・Lだとなんと最大1Mbpsの通信を保ちます。1Mbpsのスピードがあれば、SNS等は普通に使えたりするので、データが足らなくても安心ですよね。足らなくなる前に節約モードを使うべきですが・・・

電話かけ放題オプション:完全定額かけ放題もある

最大60分/月の国内通話が定額550円(税込)/月
国内通話10分かけ放題770円(税込)/月
国内通話かけ放題1,870円(税込)/月

電話かけ放題オプションについては、3種類あり、1つは国内通話かけ放題で、誰でもどこでもいつでも定額です。また10分かけ放題や60分/月定額も用意されています。10分かけ放題についてはほぼ全ての格安SIMが用意していますが、UQmobileは700円/月と他社よりお安めになっています。

60分/月は、国内通話料(税込22円/30秒)の月間累計額から最大2,640円(税込)/月を減額する仕組みで、ほとんど電話しないけど一応と思っている人や、特定の人へ長電話をしない人にはお得な料金です。

学割がある!最大1,100円/月の割引

くりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
 UQ学割額税込-638円/月税込-1,100円/月税込-1,100円/月
学割期間翌月から8ヵ月間翌月から12ヵ月間翌月から12ヵ月間

受付期間:2020年11月20日(金)~2021年5月31日(月)

格安SIM業界では数少ない学割が存在し、UQmobileでは最大1,100円/月の割引です。くりこしプランSなら990円/月で利用が、本人・家族共に可能です!!

UQmobileの注意点とデメリット

  • データ通信専用プランは無い模様
  • かけ放題プラン以外だと20秒30円となる

非常にシンプルなプランになっているので、当サイトも情報量が限られてしまっていますが、複雑な割引もない事で、デメリット・メリットも限られているのですが、くりこし+速度切替を使えば、かなり安く安定したスピードで通信が可能です。