楽天モバイル、ユニバーサルサービス料金等徴収開始。1回線目1GB未満は無料で0円運用は可能

格安SIM

楽天モバイルが、6月1日付けで、現在まで楽天モバイルが負担していたユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料を、ユーザー負担へ切り替えることを発表しました。

負担額は、ユニバーサルサービス料が月々3円、電話リレーサービス料は年間6円となっています。2021年度は、ユニバーサルサービス料が7月分から徴収(8月請求)、電話リレーサービス料金は、2021年8月から2021年1月までの6ヶ月で毎月1円となります。

月々無料の間は、無料

※「プラン料金1年間無料キャンペーン」および「プラン料金3カ月無料キャンペーン」の適用期間中は、ユニバーサルサービス料のご請求はございません

※「プラン料金1年間無料キャンペーン」および「プラン料金3カ月無料キャンペーン」の適用期間中は、電話リレーサービス料のご請求はございません

現在も3ヶ月無料キャンペーン受付中ですが、プラン利用開始日から3カ月間は基本料金同様に無料になっています。

※「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金1回線目において、データ利用量が1GBまでの月(プラン料金が0円となる月)は、ユニバーサルサービス料のご請求は発生しません

※「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金1回線目において、データ利用量が1GBまでの月(プラン料金が0円となる月)は、電話リレーサービス料はいただきません

また、楽天モバイルの特徴である月データ利用が1GB未満で1回線目は基本料金が0円ですが、これも変更なく、ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料の請求がなく毎月0円運用が可能です。

メインにもサブ回線にも!

言葉:

「ユニバーサルサービス料」とは、加入電話・公衆電話・緊急通報などの電話サービス (ユニバーサルサービス)を日本全国に安定的に供給できるよう、お支払いいただく料金です。

「電話リレーサービス」とは、聴覚や発話に困難がある方と通話相手とを、通訳オペレーターが手話・文字などで通訳することにより、24時間365日、電話で双方をつなぐサービスです。

詳細:【重要】ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料について