[2021年7月版] 楽天モバイルおすすめスマホ端末、 在庫ありからの機種比較とジャンル別ランキング

格安SIM

楽天モバイルで販売されるUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応の在庫ありスマホ端末を比較し、おすすめランキングで紹介です。更に、各ジャンル(目的)別でオススメ端末を紹介です。

  • 一番ポイントお得なのは?
  • 5Gモデルの中では?
  • iPhoneの中では?
  • デュアルSIM対応は?
  • 長持ちするのは?

なお、「在庫切れ(入荷予定なし)」の製品は除外しています。

2モデルのスマホ端末が、6月に価格改定で実質1円になり、OPPO Reno5 Aの登場、そしてiPhone向けには最大半額になるアップグレードプログラムが発表され、より手軽に購入可能となっています。

これら買い易さも考慮し、おすすめ機種を選んで紹介しています。

楽天モバイル UN-LIMIT VI おすすめ人気スマホ端末5機種の比較

楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応機種からおすすめの5端末を、私がスマホを買うときによく見る点16項目からスペック比較です。黒太字が優れていると感じる点、赤太字は”かなり”残念な点です。

AQUOS sense 4 liteOPPO A73OPPO Reno 5 ARakuten BIGiPhone 12 mini
ポイント還元25,000p25,000p5,000p25,000p20,000p
一括払い価格25,001円25,001円42,980円49,800円87,712円〜
在庫
重さ176g162g182g227g133g
ディスプレイサイズ約5.8インチ / IGZO
FHD+ / 2,280 × 1,080
約6.4インチ / AMOLED
FHD+ / 2,400 × 1,080
約6.5インチ / TFT
FHD+ / 2,400 × 1,080
約6.9インチ / 有機EL
FHD+ / 2,460 × 1,080
5.4インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ / 2,340 x 1,080 ピクセル
バッテリーサイズ約4,570mAh約4,000mAh約4,000mAh約4,000mAh非公開
連続待受時間約1,020時間約380時間約350時間約530時間非公開
内蔵メモリ(RAM / ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)6GB (RAM) / 128GB (ROM)6GB (RAM) / 128GB (ROM)非公開 (RAM) / 64/128/256GB (ROM)
外部メモリmicro SDXC™ (最大 1024GB)micro SDXC™ (最大 256GB)micro SDXC™ (最大 1024GB)micro SDXC™ (最大 256GB)なし
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720GQualcomm® Snapdragon™ 662Qualcomm® Snapdragon™ 765GQualcomm® Snapdragon™ 765GA14 Bionicチップ
次世代のNeural Engine
SIMnanoSIM / eSIMnanoSIM / eSIMnanoSIM x 2/ eSIMeSIMnanoSIM / eSIM
メインカメラ
(背面)
約1,200万画素 + 約800万画素約1,600万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素約6,400万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素約6,400万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素デュアル1,200万画素:超広角、広角カメラ
フロントカメラ約800万画素約1,600万画素約1,600万画素約3,200万画素
(インカメラ)
1,200万画素
おサイフケータイ対応非対応対応対応対応
防水 / 防塵IPX5 / IPX8 / IP6X非対応IPX8 / IP6XIPX8 / IP6XIP68
生体認証指紋認証・顔認証ディスプレイ指紋認証・顔認証指紋認証・顔認証ディスプレイ指紋認証顔認証

上記の太字が多いモデルで順位付けつし、その他特に一押しできるスペック等を紹介しています。残念な点も含まれるので、ご参考に。

1. AQUOS sense 4 lite

  • 1週間の電池持ち
  • eSIM x nanoSIMデュアル
  • Qualcomm® Snapdragon™ 720G
  • 防水 IPX5&IPX8と耐衝撃
  • 発売から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応
  • 実質1円

6月22日より、製品価格の変更とポイント還元額の変更があり、実質1円と大幅値下げとなりました。このままおすすめ1位キープです。実際、楽天モバイルで一番売れているそうです。

  • 製品価格:32,800円 → 25,001円
  • ポイント還元:15,000円相当 → 25,000円相当

AQUOS sense 4 liteの最も注目したい点は、バッテリーの持ちです。シャープ独自の低電力消費ディスプレイ技術であるIGZOと、4,570mAhの大容量バッテリーで、他社のスマホの2倍以上の待受時間で、1週間の電池持ちを実現です。

また、CPUにはミドルレンジクラスの高性能CPUを採用と、microSDも最大1TBにも対応、防水防塵性も高く耐衝撃にも対応し堅牢でかつ、2年のアップデート保証もあり、長く使える1台です。

比較するとカメラ性能がやや劣るイメージもありますが、カメラの性能は正直ソフトウェアにも依存しています。超ハイスペックモデルのiPhone 12 Pro Maxでも、sense 4 lite同様に1,200万画素ですので、解像度だけでは写真の良さは正直測れない部分もあるので、そこまで心配する必要はありません。

私が解像度を見るのは12MP以上あるかなぐらいで、各モデルの(スペックではなく)アピールページで、ポートレート撮影や広角等含め出来る事を読むようにして決めています。

また、楽天モバイル限定であるこのモデルAQUOS sense4 liteは、eSIMとnanoSIMのデュアルSIMで将来的にデュアルSIMも考えるなら、3位のOPPO A73と並び、オススメの1台です。

写真・詳細:楽天モバイル AQUOS sense 4 lite

2. iPhone 12 mini

  • 約5年近くのアップデートがある高性能OS
  • eSIM x nanoSIMデュアル
  • 高機能なカメラ
  • IP68及び最大水深6メートルで最大30分間の防水性
  • 非常に高いセキュリティ性
  • 半値で買えるプログラムあり

iPhoneは、ハイエンドモデルと言われる高級品です。楽天モバイルは現在、Androidのハイエンドモデルが1点しかないこともあり、iPhoneとおすすめ他端末と比較すると、少し場違い感がありますが・・・。

しかし、iPhoneの価格ですが、現在楽天モバイルは20,000円相当のポイント還元をしています。更にiPhoneは他のスマホと違い下取り市場もしっかりとあります。そのため、実質的な値段は、そこまで高く無いはずです。

iPhoneは、メーカーがカメラに力を入れているので非常に高機能です。数値だけで見ると12MPと他社と同等か劣る様に見えますが、実際はデジカメ分野はソフトウェア処理も重要で、その点でAppleは強みがあります。また、動画は4K60fspとかなり高画質での録画も可能です。

5Gで最小と言われるiPhone 12 miniを、あえて他のiPhone 12シリーズよりお勧めするのは、値段からで、他のモデルは10万円を超えています。ただ、iPhone 12シリーズはミリ波に日本モデルは対応していません。iPhoneは長く使う製品ですが、ミリ波が無い超高額なモデルを、”今買うのか”と言う懸念点も無きにしもあらずですが・・・

Rakuten Linkの仕様変更が予定されていますが、国内利用でSMSを使う人はかなり少ない事を考えると、日本で使う限りやっぱりiPhoneは良いですよね!!

また、楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムにより、半額で購入も可能になったのもかなりプラスポイントです!

写真・詳細:楽天モバイル iPhone

3. OPPO A73

  • 価格が魅力!
  • nanoSIM と eSIMデュアルSIM(DSDV対応)
  • レザー質感の背面デザイン・厚さが7.45mm!
  • ディスプレイ指紋認証・ラジオ受信に対応
  • 4眼カメラ掲載
  • 実質1円

6月22日より、製品価格の変更があり、実質1円と大幅値下げとなりました。元々お安いモデルですが、実質1円はかなり超格安です。

OPPO A73は、エントリーモデルの扱いになり、スペック重視より価格重視の人におすすめの1品です。

また、他モデルと大きく違う点はデザイン性です。背面がレザー風の見た目と質感が、ゴージャス感とさわり心地の良さを出していますし、本体の厚みがたったの7.45mm、重さも162gとなっています。(参考:AQUOS sense 4 lite:8.9mm、Rakuten Hand:9.5mm)。デザインなら一押し間違いなし!

ただ、非常に残念なのが、おサイフケータイに非対応な点です。QRコードタイプのスマホ決済利用が主な人には全く関係ありませんが、クレジットカードタイプのiDやQUICPayあるはSuicaは、利用できないので注意です。

AQUOS sense4 liteのところでも記載した通り、このOPPO A73は、eSIMとnanoSIMのデュアルSIMで将来的にデュアルSIMも考えるなら、1位のsense4 liteと並び、オススメの1台です。

写真・詳細:楽天モバイル OPPO A73

4. Rakuten BIG

  • 5G対応(sub6・ミリ波共に)
  • 6.9インチFHD+有機ELディスプレイ
  • ディスプレイ指紋認証とインカメラ
  • Qualcomm® Snapdragon™ 765Gと6GB (RAM) / 128GB (ROM)
  • USB-C 3.1 急速充電対応

楽天モバイルオリジナルブランドの5G対応スマホの1台です。sub6(なんちゃって5G?)だけではなくミリ波にも対応です。*iPhone 12もGoogle Pixe 5の日本版は、まだミリ波未対応です。

そしてなんと言ってもディスプレイです。有機ELのFHD+を採用した高精細6.9インチディスプレを採用し、ディスプレイ上での指紋認証や、カメラホールやノッチが無い、世界初のインカメラです!

ただ、楽天モバイルの5Gエリアの広がりは非常に遅く、5Gエリアが狭いと(真価を発揮せず)使い道の観点からコスパが悪いとなり、スマホの本体価格が高く感じますね・・・。

それでも、性能自体は悪く無いので、実質24,980円は、かなりお手頃感はあります。

写真・詳細:楽天モバイル Rakuten BIG

5. OPPO Reno5 A

  • 必要な物はしっかりIP68・Felica・高解像カメラなどなど
  • 大型メモリとストレージ 6GB (RAM) / 128GB (ROM)
  • nanoSIMx2、eSIM掲載
  • 背面指紋認証・顔認証で正確な認証
  • Qualcomm® Snapdragon™ 765G 5G対応プロセッサ
  • リフレッシュレート: 最大90Hz、タッチサンプリングレート: 最大180Hzでヌルサクッ!

OPPO Reno5 Aは、OPPO Reno3 Aの後継機兼5G対応モデルと言った感じのスマホです。Reno3 Aと同様に優等生タイプのスマホで、欲しい機能をしっかりとおさえてくれています。

防水はIP68で、おサイフケータイにも対応、4眼レンズの最大64MP高解像度カメラ、nanoSIM・eSIM対応のデュアルSIM、そして3.5イヤホンジャックなどなど・・・。

特に最新のSnapdragon™ 765G・大型メモリとストレージ 6GB (RAM) / 128GB (ROM)を掲載し、ディスプレイはリフレッシュレート: 最大90Hzと、かなり高い操作性に仕上がっています。

おすすめ順位が低い理由は、やはりポイント還元の低さです。乗り換えキャンペーンが6月から始まりましたが、乗り換えの人にはおすすめの一品ではあるのですが、製品購入でポイント還元がないため5位としました。

ただ、将来を考えると5Gスマホと最新機能のOPPO Reno5 Aはおすすめですよ。

写真・詳細:楽天モバイル OPPO Reno5 A

楽天モバイルUN-LIMIT VI 目的別おすすめ人気機種(スマホ端末)

次に、楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応機種を、目的(トピック)別に分けて、おすすめの機種を選んで紹介します。ランキング形式ではありませんが、お勧めのスマホ端末をピックアップです。

下記の還元ポイントは製品購入時のキャンペーン適応の場合です。乗り換えで15,000ポイントのキャンペーン分は除外しています。

楽天モバイルで一番お得な端末は?0円端末もある?

まずは、ポイント還元順で現在販売している機種を並べました。*20,000ポイント以下は未記載です。

端末名一括価格ポイント還元実質価格
Rakuten BIG49,800円25,000P24,800円
OPPO A7330,800円
25,001円
25,000P5,800円
1円
AQUOS sense4 lite32,800円
25,001円
25,000P5,800円
1円
OPPO Reno3 A39,800円
26,980円
25,000P14,800円
1,980円
Rakuten Hand20,000円24,999P-4,999円
AQUOS R5G128,800円20,000P108,800円
iPhone 12 Pro Max141,700円〜20,000P121,700円〜
iPhone 12 Pro127,395円〜20,000P107,395円〜
iPhone 12101,176円〜20,000P81,176円〜
iPhone 12 mini87,712円〜20,000P67,712円〜
iPhone SE55,170円〜20,000P35,170円〜

一番お安いのは、Rakuten Handですが3月中旬からずっと売り切れです。購入金額以上のポイント還元が発生するので、実質価格は0円+4,999ポイントゲットとなります。

次に、OPPO A73が実質価格5,800円とこちらもかなりお得です。6月22日に楽天モバイルは、AQUOS sense4 liteとOPPO A73の製品価格を値下げし、両者共に25,001円としました。ついてこの2機種は、実質1円の製品となりました。Rakuten Handを待つぐらいなら、AQUOS sense4 liteかOPPO A73ですよ!!

また、7月8日には、OPPO Reno3 Aも値下げされ実質1,980円となっています。後継機のOPPO Reno5 Aも出ているので、Reno3 Aが欲しい人は、そろそろ急いだ方が良いですね。

iPhoneも20,000ポイント還元があるので、新規ならApple Storeよりお安くなりますね!!

なお、実質価格はポイント還元後の値段です。実際は一括価格を(分割可)支払う必要があり、その後ポイントがバックします。

今なら月額料金3ヶ月無料!
♪ MNP転入ならSIMのみでも20,000P!!

楽天モバイルでiPhoneを選ぶなら、どの端末?

楽天モバイルでもiPhoneの販売が始まりました。現在は5モデルで、それぞれのモデルにストレージ(ROM)サイズが異なる3種類があるので、全15機種と更に色違いもあり、全69種類(iPhone 12 Pro:24種類、iPhone 12:36種類、iPhone SE:9種類)になります。

端末名ストレージ一括価格
iPhone 12 Pro Max128/256/512GBパシフィックブルー
ゴールド
シルバー
グラファイト
141,700円〜
iPhone 12 Pro128/256/512GBパシフィックブルー
ゴールド
シルバー
グラファイト
127,395円〜
iPhone 1264/128/256GBパープル
ブルー
グリーン
PRODUCT(RED)
ホワイト
ブラック
101,176円〜
iPhone 12 mini64/128/256GBパープル
ブルー
グリーン
PRODUCT(RED)
ホワイト
ブラック
87,712円〜
iPhone SE64/128/256GBホワイト
ブラック
PRODUCT(RED)
55,170円〜

この中でどれが一番おすすめかと言うと、iPhone 12 miniです!

  • 楽天モバイルサービスにしっかり対応(5G・回線切替)
  • 10万円しない(分割で月々2,000円以下可能)
  • コンパクトで高性能

楽天モバイルで販売するiPhoneは5機種ですが、iPhone SEとiPhone 12 miniだけ10万円を下回ります。やはりスマホで10万円を超えてくるのはかなり厳しい・・・。精神的な上限では無いでしょうか?また、分割払いをしたとしても、iPhone 12 miniとSEのみ月々2千円以下で可能です。

その中でiPhone SE よりiPhone 12 mini推しは、サービス対応の違いです。12シリーズは5Gに対応でSEは4Gまでですが、それより私が気になったのは自動切り替え問題です。

iPhone SEがかなり売れているようですが、田舎に住んでいる人は切り替えが頻繁にある可能性も高いので、やはりiPhone 12シリーズ推しです。

ただ、iPhoneアップデートプログラムが始まり、新しい買い方が可能となりました。iPhoneの全販売モデルが対象で、本体代金の半額が支払い不要になるプログラムで、かなり手軽にiPhoneを持つことも可能となっています。

例えば、最安でiPhone SEが1,150円/月からで、なんとiPhone 12 Pro Maxが2,953円から購入可能となっているので、これからは超高性能iPhoneも手が出せそうですね・・・

楽天モバイルで5G通信するなら、どのスマホ端末?

楽天モバイルで、5G対応をしているスマホは、iPhone 12 シリーズとRakuten BIGの2つ、AQUOS R5Gの、計7モデルになります。

端末名ミリ波対応一括価格ポイント還元
iPhone 12 Pro Max×141,700円〜20,000P
iPhone 12 Pro×127,395円〜20,000P
iPhone 12×101,176円〜20,000P
iPhone 12 mini×87,712円〜20,000P
Rakuten BIG S50,980円5,000P
Rakuten BIG49,800円25,000P
AQUOS R5G×128,800円20,000P
OPPO Reno5 A×42,980円5,000P

この中で、5Gで一押し上位3モデルは、iPhone 12 miniを筆頭に以下の通り。

  • 1位:iPhone 12 mini
  • 2位:Rakuten BIG
  • 3位:OPPO Reno5 A

Rakuten BIGのコスパの良さはすごいです。実質価格が2万円台でミリ波・Sub-6共に対応した5Gスマホは中々他にありません。

ただ、今現在5Gに急いでスマホを変える必要が全く無いので、Rakuten BIGを”安い”からだけで買うくらいなら、4Gモデルで良いかと思います。

一方で、iPhone 12もダントツイチオシと言い難い点があります。iPhone 12シリーズはミリ波に対応していないので、(5Gが普及する)2〜3年後もすれば主流から外れるモデルです。もしiPhone 12シリーズがミリ波対応なら、後5年間余裕で使えるとも言えて間違いなし・・。

そして、OPPO Reno5 Aは、5Gスマホと言うよりは、Reno3 Aの後継機でしっかり機能をおさえているのでおすすめするところで、5Gスマホとしては値頃感もあります!

楽天モバイルを副回線・デュアルSIM対応にするなら、どのスマホ端末?

楽天モバイルで、デュアルSIMの対応している機種は次の通りです。eSIM・nanoSIMのデュアルSIM対応が多いですが、楽天モバイルが通信会社として両方に対応しているので選びやすいです。

端末名一括価格ポイント還元SIM
iPhone 12 Pro Max141,700円〜20,000PeSIM/nanoSIM
iPhone 12 Pro127,395円〜20,000PeSIM/nanoSIM
iPhone 12101,176円〜20,000PeSIM/nanoSIM
iPhone 12 mini87,712円〜20,000PeSIM/nanoSIM
iPhone SE55,170円〜20,000PeSIM/nanoSIM
OPPO Reno5 A42,980円5,000PeSIM/nanoSIM x 2
OPPO A7325,001円25,000PeSIM/nanoSIM
OPPO Reno3 A26,980円25,000PnanoSIM x 2
AQUOS sense4 lite25,001円25,000PeSIM/nanoSIM
AQUOS sense4 plus43,800円5,000PnanoSIM x 2

月々のデータ利用量が数GBなら、最強のデュアルSIM組み合わせとして楽天モバイルxIIJmioが有名ですが、この組み合わせには、eSIM/nanoSIMモデルが必要です。

  • 1位:AQUOS sense4 lite
  • 2位:OPPO A73
  • 3位:iPhone SE

5G通信やハイスペックさより、快適にお安くデュアルSIMなら、この3モデルがコスパ的にも最強と思います。特にOPPO A73とAQUOUS sense4 liteは、実質1円に大幅値下げですから、かなりお安いです。

AQUOS sense4 liteは楽天モバイル限定製品ですが、SIMフリー版のsense4(無印)は非常に人気が高く、iPhone SE・OPPO A73と合わせて3モデルは通信キャリア関係なしで人気のスマホ端末です。

長寿命な・同じ機種を長く使う事を考えたら、どのスマホ端末?

長く使いたいと思った場合、セキュリティを含めソフトウェアのアップデートをしっかり対応してくれるところと、バッテリーの事を考えるのが大事になります。

そして、バッテリーとアップデートについて考えると2社に絞られ、アップルかシャープのスマホがおすすめです。

端末名リリース時OS
バージョン
一括価格ポイント還元
iPhone 12 Pro MaxiOS14141,700円〜20,000P
iPhone 12 ProiOS14127,395円〜20,000P
iPhone 12iOS14101,176円〜20,000P
iPhone 12 miniiOS1487,712円〜20,000P
iPhone SEiOS1355,170円〜20,000P
AQUOS R5GAndroid 10128,800円20,000P
AQUOS sense4 liteAndroid 1025,001円25,000P
AQUOS sense4 plusAndroid 1043,800円5,000P

シャープは、「シャープは、発売から2年間、最大2回のOSアップデートをお約束します。」と発表しています。

そしてアップルは実績ベースの話になりますが、2021年4月最新のiOSバージョン14.5へ、一番古いiPhoneのモデルとしてiPhone 6s(2016年9月)が対応しています。

次に、バッテリーについては、AQUOSシリーズはバッテリーが1週間持つなどと、非常に長い時間の利用が可能です。バッテリーは充電頻度により劣化も進みますが、他社よりはるかに長いバッテリーの利用時間が可能であるAQUOSなら、充電回数も大幅に減らすことができ、バッテリー寿命も長くなります。

iPhoneの場合ですが、電池持ちは良い方ですが、非常に素晴らしいとは正直言えません。しかし、メーカーを含め代理店等様々なところで、バッテリー交換をしてくれます。そのため、バッテリの寿命を迎えても交換し更に使うことも可能ですから、非常に長い年月の利用ができそうです。

楽天モバイル アンリミット スマホ端末在庫状況と価格

楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応端末で現在販売されている製品の在庫状況です。キャンペーンでのポイント還元額と併せて記載しています。

一括価格は製品定価です。楽天モバイルの場合、分割払いも金利ゼロが可能ですので、分割時総額も、ほぼこの金額です。

上記のオススメトップ5のモデルは表内で緑色太字にしています。「在庫切れ(入荷予定なし)」の端末はリストからは消去しています。

在庫状況:7月9日更新。最新の在庫状況は楽天モバイル端末在庫状況として毎週アップデートしているので確認してください。

端末名一括価格ポイント還元在庫状況
iPhone 12 Pro Max141,700円〜20,000P
iPhone 12 Pro127,395円〜20,000P
iPhone 12101,176円〜20,000P
パープル128/256GB在庫切れ
iPhone 12 mini87,712円〜20,000P
パープル在庫切れ
iPhone SE55,170円〜20,000P
256GB在庫切れ
Rakuten BIG S50,980円5,000P
Rakuten Hand20,000円24,999P現在入荷待ち
Rakuten BIG49,800円25,000P
OPPO A7325,001円25,000P
OPPO Reno5 A42,980円5,000P
OPPO Reno3 A26,980円25,000P
AQUOS R5G128,800円20,000P
AQUOS sense4 lite25,001円25,000P
AQUOS sense4 plus43,800円5,000P

まとめ:楽天モバイルUN-LIMIT VIおすすめスマホ端末

楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応端末として、楽天モバイルから販売している機種から、整理するためとしてランキングやジャンル別でおすすめを紹介しました。

私もiPhone 12 miniパープル購入し使用しいます!!そのためもちろんランキングでは上位でおすすめです。

正直iPhoneは他製品に比べると高いですが、中古市場もあります。今ならポイント還元も20,000円相当と非常に高いです。楽天モバイルに今入るなら、iPhoneを安く買うチャンスでもあります。(既存ユーザーはApple Storeへ。)

もちろん他の4台のスマホはどれも素晴らしいです。5G対応で大型スマホならRakuten BIG、充実した性能ならOPPOの2機種A73かReno5 A、コンパクトでバッテリー持ちの良さでAQUOS sense 4 liteですね。

目的別で考えると、5G対応や寿命の面などでまた違った順位になりました。iPhoneシリーズ・AQUOS sense 4lite・OPPO A73は、実質1円でeSIMとnanoSIMデュアルSIMでお得な運用を考えるなら、将来を見越して選びたいモデルです。

今なら月額料金3ヶ月無料!
♪ MNP転入ならSIMのみでも20,000P!!

楽天モバイルで使えるおすすめSIMフリースマホ

楽天モバイルは、残念ながらどんなスマホでも使える訳では有りません。しかし、シムフリー機の一部はしっかり対応しているので、楽天モバイルが販売している以外の機種に興味があるなら、シムフリー機です。

既存ユーザーは、キャンペーン特典も対象外が多いです、機種変更なら対応機種のシムフリーですかね。