[2021年10月版] 楽天モバイルおすすめスマホ端末、 在庫ありからの機種比較とジャンル別ランキング

格安SIM

楽天モバイルで販売されるUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応の在庫ありスマホ端末を比較し、おすすめランキングで紹介です。更に、各ジャンル(目的)別でオススメ端末を紹介です。

  • 一番ポイント還元が多いのは?
  • MNP乗り換えなら?
  • 5Gモデルの中では?
  • iPhoneの中では?
  • デュアルSIM対応は?
  • 長持ちするのは?

楽天モバイル スマートフォン売れ筋ランキング(公式)

2021年10月8日付けで、楽天モバイルが発表している、公式スマートフォン売れ筋ランキングを紹介です。なお、公式サイトにも期間が書いていないのですが、毎月更新ですので、月間の売れ筋と思われます。

  1. AQOUS sense 4 lite
  2. iPhone 13 Pro
  3. iPhon SE(第2世代)
  4. iPhone 13 mini
  5. iPhone 13
  6. iPhone 13 Pro Max
  7. iPhone 12 Pro
  8. OPPO A73
  9. Xperia 10 III Lite
  10. iPhone 12 Pro Max

9月分になると思いますが、やはり新型iPhone 13シリーズの登場で4モデルともにランキングに入っています。またXperia 10 III Liteも8月27日ですので、新モデルの1つですね。しかしAQOUS sense4 Liteの1位を崩すことは出来ませんでしたね。

引用:スマートフォン売れ筋ランキング

楽天モバイル UN-LIMIT VI おすすめ人気スマホ端末5機種の比較

続いては、楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応機種からおすすめの5端末を、私がスマホを買うときによく見る点16項目からスペックから選び紹介です。

なお、楽天モバイルが公式に発表している売れ筋ランキングは加味していません。ただ、やはり売れる機種はスペック的にもおすすめできるスマホと一致しています。

1. iPhone 13

  • 約5年近くのアップデートがある高性能OS
  • eSIM x 2 + nanoSIM デュアル
  • 高機能なカメラ
  • IP68及び最大水深6メートルで最大30分間の防水性
  • 非常に高いセキュリティ性
  • 半値で買えるプログラムあり
iPhone 13
最大ポイント還元額20,000P
一括払い価格98,800円〜
在庫
重さ173g
ディスプレイサイズ6.1インチ OLED
2,340 x 1,080 ピクセル
バッテリーサイズ非公開
連続待受時間非公開
内蔵メモリ(RAM / ROM)非公開 (RAM) / 128/256/512GB (ROM)
外部メモリなし
CPUA15 Bionicチップ
次世代のNeural Engine
SIMnanoSIM / eSIM x 2
メインカメラ
(背面)
デュアル1,200万画素:超広角、広角カメラ
フロントカメラ1,200万画素
おサイフケータイ対応
防水 / 防塵IP68
生体認証顔認証

iPhoneは、メーカーがカメラに力を入れているので非常に高機能です。数値だけで見ると12MPと他社と同等か劣る様に見えますが、実際はデジカメ分野はソフトウェア処理も重要で、その点でAppleは強みがあります。また、動画は4K60fspとかなり高画質での録画やシネマティックモードで照準以外をぼかすなど、様々な撮影も可能です。

また、楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムにより、半額で購入も可能になったのもかなりプラスポイントです!

写真・詳細:楽天モバイル iPhone

2. AQUOS sense 4 lite

  • 1週間の電池持ち
  • eSIM x nanoSIMデュアル
  • Qualcomm® Snapdragon™ 720G
  • 防水 IPX5&IPX8と耐衝撃
  • 発売から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応
  • 実質1円
AQUOS sense 4 lite
最大ポイント還元額25,000p
一括払い価格25,001円
在庫
重さ176g
ディスプレイサイズ約5.8インチ / IGZO
FHD+ / 2,280 × 1,080
バッテリーサイズ約4,570mAh
連続待受時間約1,020時間
内蔵メモリ(RAM / ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)
外部メモリmicro SDXC™ (最大 1024GB)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G
SIMnanoSIM / eSIM
メインカメラ
(背面)
約1,200万画素 + 約800万画素
フロントカメラ約800万画素
おサイフケータイ対応
防水 / 防塵IPX5 / IPX8 / IP6X
生体認証指紋認証・顔認証

AQUOS sense 4 liteの最も注目したい点は、バッテリーの持ちです。シャープ独自の低電力消費ディスプレイ技術であるIGZOと、4,570mAhの大容量バッテリーで、他社のスマホの2倍以上の待受時間で、1週間の電池持ちを実現です。

また、CPUにはミドルレンジクラスの高性能CPUを採用と、microSDも最大1TBにも対応、防水防塵性も高く耐衝撃にも対応し堅牢でかつ、2年のアップデート保証もあり、長く使える1台です。

比較するとカメラ性能がやや劣るイメージもありますが、カメラの性能は正直ソフトウェアにも依存しています。超ハイスペックモデルのiPhone 12 Pro Maxでも、sense 4 lite同様に1,200万画素ですので、解像度だけでは写真の良さは正直測れない部分もあるので、そこまで心配する必要はありません。

また、楽天モバイル限定であるこのモデルAQUOS sense4 liteは、eSIMとnanoSIMのデュアルSIMで将来的にデュアルSIMも考えるなら、オススメの1台です。

写真・詳細:楽天モバイル AQUOS sense 4 lite

3. OPPO Reno5 A

  • 必要な物はしっかりIP68・Felica・高解像カメラなどなど
  • 大型メモリとストレージ 6GB (RAM) / 128GB (ROM)
  • nanoSIMx2、eSIM掲載
  • 背面指紋認証・顔認証で正確な認証
  • Qualcomm® Snapdragon™ 765G 5G対応プロセッサ
  • リフレッシュレート: 最大90Hz、タッチサンプリングレート: 最大180Hzでヌルサクッ!
OPPO Reno 5 A
最大ポイント還元額25,000P
一括払い価格42,980円
在庫
重さ182g
ディスプレイサイズ約6.5インチ / TFT
FHD+ / 2,400 × 1,080
バッテリーサイズ約4,000mAh
連続待受時間約350時間
内蔵メモリ(RAM / ROM)6GB (RAM) / 128GB (ROM)
外部メモリmicro SDXC™ (最大 1024GB)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 765G
SIMnanoSIM x 2/ eSIM
メインカメラ
(背面)
約6,400万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素
フロントカメラ約1,600万画素
おサイフケータイ対応
防水 / 防塵IPX8 / IP6X
生体認証指紋認証・顔認証

OPPO Reno5 Aは、OPPO Reno3 Aの後継機兼5G対応モデルと言った感じのスマホです。Reno3 Aと同様に優等生タイプのスマホで、欲しい機能をしっかりとおさえてくれています。

防水はIP68で、おサイフケータイにも対応、4眼レンズの最大64MP高解像度カメラ、nanoSIM・eSIM対応のデュアルSIM、そして3.5イヤホンジャックなどなど・・・。

特に最新のSnapdragon™ 765G・大型メモリとストレージ 6GB (RAM) / 128GB (ROM)を掲載し、ディスプレイはリフレッシュレート: 最大90Hzと、かなり高い操作性に仕上がっています。

写真・詳細:楽天モバイル OPPO Reno5 A

4. OPPO A73

  • nanoSIM と eSIMデュアルSIM(DSDV対応)
  • レザー質感の背面デザイン・厚さが7.45mm!
  • ディスプレイ指紋認証・ラジオ受信に対応
  • 4眼カメラ掲載
  • 実質1円
OPPO A73
最大ポイント還元額15,000p
一括払い価格15,001円
在庫
重さ162g
ディスプレイサイズ約6.4インチ / AMOLED
FHD+ / 2,400 × 1,080
バッテリーサイズ約4,000mAh
連続待受時間約380時間
内蔵メモリ(RAM / ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)
外部メモリmicro SDXC™ (最大 256GB)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 662
SIMnanoSIM / eSIM
メインカメラ
(背面)
約1,600万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素
フロントカメラ約1,600万画素
おサイフケータイ非対応
防水 / 防塵非対応
生体認証ディスプレイ指紋認証・顔認証

6月22日より、製品価格の変更があり、実質1円と大幅値下げとなりました。元々お安いモデルですが、実質1円はかなり超格安です。

他モデルと大きく違う点はデザイン性です。背面がレザー風の見た目と質感が、ゴージャス感とさわり心地の良さを出していますし、本体の厚みがたったの7.45mm、重さも162gとなっています。(参考:AQUOS sense 4 lite:8.9mm、Rakuten Hand:9.5mm)。デザインなら一押し間違いなし!

ただ、おサイフケータイ(Felica)に非対応です。クレジットカードタイプのiDやQUICPayあるはSuicaは、利用できないので注意です。

AQUOS sense4 liteのところでも記載した通り、このOPPO A73は、eSIMとnanoSIMのデュアルSIMで将来的にデュアルSIMも考えるなら、オススメの1台です。

写真・詳細:楽天モバイル OPPO A73

5. Rakuten BIG

  • 5G対応(sub6・ミリ波共に)
  • 6.9インチFHD+有機ELディスプレイ
  • ディスプレイ指紋認証とインカメラ
  • Qualcomm® Snapdragon™ 765Gと6GB (RAM) / 128GB (ROM)
  • USB-C 3.1 急速充電対応
Rakuten BIG
最大ポイント還元額25,000p
一括払い価格49,800円
在庫
重さ227g
ディスプレイサイズ約6.9インチ / 有機EL
FHD+ / 2,460 × 1,080
バッテリーサイズ約4,000mAh
連続待受時間約530時間
内蔵メモリ(RAM / ROM)6GB (RAM) / 128GB (ROM)
外部メモリmicro SDXC™ (最大 256GB)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 765G
SIMeSIM
メインカメラ
(背面)
約6,400万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素
フロントカメラ約3,200万画素
(インカメラ)
おサイフケータイ対応
防水 / 防塵IPX8 / IP6X
生体認証ディスプレイ指紋認証

楽天モバイルオリジナルブランドの5G対応スマホの1台です。sub6(なんちゃって5G?)だけではなくミリ波にも対応です。*iPhone 13もGoogle Pixe 5の日本版は、まだミリ波未対応です。

そしてなんと言ってもディスプレイです。有機ELのFHD+を採用した高精細6.9インチディスプレを採用し、ディスプレイ上での指紋認証や、カメラホールやノッチが無い、世界初のインカメラです!

ただ、楽天モバイルの5Gエリアの広がりは非常に遅く、5Gエリアが狭いと(真価を発揮せず)使い道の観点からコスパが悪いとなり、スマホの本体価格が高く感じますね・・・。

それでも、性能自体は悪く無いので、実質24,980円は、かなりお手頃感はあります。

写真・詳細:楽天モバイル Rakuten BIG

楽天モバイルUN-LIMIT VI 目的別おすすめ人気機種(スマホ端末)

次に、楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応機種を、目的(トピック)別に分けて、おすすめの機種を選んで紹介します。ランキング形式ではありませんが、お勧めのスマホ端末をピックアップです。

楽天モバイルで一番お得な端末は?0円端末もある?

まずは、ポイント還元順で現在販売している機種を並べました。*製品購入のキャンペーン対象外の物は未記載です。

端末名一括価格ポイント還元実質価格
Rakuten BIG49,800円25,000P24,800円
AQUOS sense4 lite25,001円25,000P1円
OPPO Reno3 A26,980円25,000P1,980円
OPPO Reno5 A42,980円25,000P17,980円
Rakuten Hand20,000円20,000P0円
AQUOS R5G128,800円20,000P108,800円
OPPO A7315,001円15,000P1円
*申込方・支払い方法等で変わります

AQUOS sense4 liteは製品価格が25,001円、ポイント還元25,000円相当となり実質1円です。また、OPPO A73の製品価格を値下げに伴い製品価格15,001円、ポイント還元15,000円相当となり、こちらも実質1円の製品となっています。

OPPO Reno3 Aも値下げされ実質1,980円、後継機のOPPO Reno5 Aも25,000ポイント還元があり、かなりお求めやすい価格になっていますね。

初期費用を大幅に安く楽天モバイルに加入を考えているのなら、キャンペーンで製品価格が1円になるモバイルルーターRakunte WiFi Pocket 2Bも良いですね。

MNPで他社から楽天モバイルへ乗り換えなら、どの端末?

楽天モバイルではMNP転入で他社から乗り換えなら、スマホを購入せずともSIMだけ契約でも20,000ポイントもらえます。ただ、上記の端末購入でのポイント還元と、このMNP乗り換えでのポイントプレンゼントのキャンペーン併用不可です。

そのため、逆に言えば乗り換えで楽天モバイルに入るなら、ポイント還元額を全く考えず、よりオススメのスマホを選んで購入が良いとも言えます。そしてその場合のオススメは:

  1. iPhone 13
  2. Xperia 10 III lite
  3. OPPO Reno5 A
  4. AQUOS zero6
  5. iPhone 13 Pro

です。

これは、最新モデルだけを選んだ形に近いですが、全て5G対応でデュアルSIM(eSIM)に対応しているのが特徴です。全モデルが20,000ポイントプレゼント対象なので、最新スマホをお得にゲットですね。

0円運用から無制限まで!

楽天モバイルでiPhoneを選ぶなら、どの端末?

楽天モバイルでは、2020年・2021年に発売したiPhoneを販売しています。現在は9モデルで、それぞれのモデルにストレージ(ROM)違い・色違いを全て販売しています。

端末名一括価格48回払い
iPhone 13 Pro Max134,800円〜2,808円/月〜
iPhone 13 Pro122,800円〜2,558円/月〜
iPhone 1398,800円〜2,058円/月〜
iPhone 13 mini86,780円〜1,807円/月〜
iPhone 12 Pro Max122,800円〜2,558円/月〜
iPhone 12 Pro112,800円〜2,350円/月〜
iPhone 1279,800円〜1,662円/月〜
iPhone 12 mini69,800円〜1,454円/月〜
iPhone SE44,800円〜933円/月〜

iPhoneでどれが一番おすすめかと言うと、私は、iPhone 12 mini推しです!

  • 楽天モバイルサービスにしっかり対応(5G・自動回線切替)
  • 大幅値下げ済み
  • コンパクトで高性能

楽天モバイルで販売するiPhoneは9機種ですが、iPhone 12 miniと12が価格改定で、更に安くなったと感じます。楽天モバイルのサービスが完全対応しているiPhoneで一番安いのは、iPhone 12 miniになります。

iPhone12シリーズは5Gに対応でSEは4Gまでですが、それより私が気になったのは自動切り替え問題です。

iPhone SEがかなり売れているようですが、田舎に住んでいる人は回線の切り替えが頻繁にある可能性も高いので、やはり自動で回線切り替えをしてくれるiPhone 12シリーズを推しです。

iPhoneアップデートプログラムが始まり、新しい買い方が可能となりました。iPhoneの全販売モデルが対象で、本体代金の半額が支払い不要になるプログラムで、かなり手軽にiPhoneを持つことも可能となっていますよね。

楽天モバイルで5G通信するなら、どのスマホ端末?

楽天モバイルで、5G対応をしているスマホは、iPhone 12 シリーズやRakutenオリジナルを始め徐々に増えています。

端末名ミリ波対応一括価格
iPhone 13 Pro Max×134,800円〜
iPhone 13 Pro×122,800円〜
iPhone 13×98,800円〜
iPhone 13 mini×86,780円〜
iPhone 12 Pro Max×122,800円〜
iPhone 12 Pro×112,800円〜
iPhone 12×79,800円〜
iPhone 12 mini×69,800円〜
Rakuten BIG S50,980円
Rakuten BIG49,800円
AQUOS R5G×128,800円
AQUOS zero669,800円
OPPO Reno5 A×42,980円
Xperia 10 III lite×46,800円
*申込方・支払い方法等で変わります

この中で、5Gで一押し上位3モデルは、iPhone 12 miniを筆頭に以下の通り。

  • 1位:iPhone 12 mini
  • 2位:OPPO Reno5 A
  • 3位:iPhone 13

楽天モバイルの製品の半分以上が5G対応となってきていますが、まだまだ楽天モバイルの5Gサービスエリアが限られます。そのため、無理して買うのか?と思う点もあり、予算を抑えたいなら、4Gでは良いのではとも思います・・・

その中でも、コスパが良いと感じるのが、iPhone 12/12 miniとOPPO Reno5 Aです。iPhone 12/12 miniは昨今の大幅値下げがあり、OPPO Reno5 Aも最大25,000ポイント還元キャンペーン対象となり、両者共にお安くなったのがポイントです。

3位にiPhone 13をオススメするのは、やはり一番最新のモデルだからです。

0円運用から無制限まで!

楽天モバイルを副回線・デュアルSIM対応にするなら、どのスマホ端末?

楽天モバイルで、デュアルSIMの対応している機種は次の通りです。eSIM・nanoSIMのデュアルSIM対応が多いですが、楽天モバイルが通信会社として両方に対応しているので選びやすいです。

端末名一括価格4G/5GSIMタイプ
iPhone 13 Pro Max134,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 13 Pro122,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 1398,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 13 mini86,780円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 12 Pro Max122,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 12 Pro112,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 1279,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 12 mini69,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone SE44,800円〜4GeSIM/nanoSIM
OPPO Reno5 A42,980円5GeSIM/nanoSIM x2
OPPO A7315,001円4GeSIM/nanoSIM
OPPO Reno3 A26,980円4GnanoSIM x2
AQUOS zero669,800円5GeSIM/nanoSIM
AQUOS sense4 lite25,001円4GeSIM/nanoSIM
AQUOS sense4 plus43,800円4GnanoSIM x2
Xperia 10 III Lite46,800円5GeSIM/nanoSIM

月々のデータ利用量が数GBなら、最強のデュアルSIM組み合わせとして楽天モバイルxIIJmioが有名ですが、この組み合わせには、eSIM/nanoSIMモデルが必要です。

  • 1位:AQUOS sense4 lite
  • 2位:OPPO A73
  • 3位:iPhone SE

5G通信やハイスペックさより、快適にお安くデュアルSIMなら、この3モデルがコスパ的にも最強と思います。特にOPPO A73とAQUOUS sense4 liteは、実質1円に大幅値下げですから、かなりお安いです。

AQUOS sense4 liteは楽天モバイル限定製品ですが、SIMフリー版のsense4(無印)は非常に人気が高く、iPhone SE・OPPO A73と合わせて3モデルは通信キャリア関係なしで人気のスマホ端末です。

長寿命な・同じ機種を長く使う事を考えたら、どのスマホ端末?

長く使いたいと思った場合、セキュリティを含めソフトウェアのアップデートをしっかり対応してくれるところと、バッテリーの事を考えるのが大事になります。

そして、バッテリーとアップデートについて考えると2社に絞られ、アップルかシャープのスマホがおすすめです。

端末名リリース時OS
バージョン
一括価格
iPhone 13 Pro MaxiOS15134,800円〜
iPhone 13 ProiOS15122,800円〜
iPhone 13iOS1598,800円〜
iPhone 13 miniiOS1586,780円〜
iPhone 12 Pro MaxiOS14122,800円〜
iPhone 12 ProiOS14112,800円〜
iPhone 12iOS1479,800円〜
iPhone 12 miniiOS1469,800円〜
iPhone SEiOS1344,800円〜
AQUOS zero6Android 1169,800円
AQUOS R5GAndroid 10128,800円
AQUOS sense4 liteAndroid 1025,001円
AQUOS sense4 plusAndroid 1043,800円

シャープは、「シャープは、発売から2年間、最大2回のOSアップデートをお約束します。」と発表しています。

そしてアップルは実績ベースの話になりますが、2021年9月最新のiOSバージョン15へ、一番古いiPhoneのモデルとしてiPhone 6s(2016年9月)が対応しています。

次に、バッテリーについては、AQUOSシリーズはバッテリーが1週間持つなどと、非常に長い時間の利用が可能です。バッテリーは充電頻度により劣化も進みますが、他社よりはるかに長いバッテリーの利用時間が可能であるAQUOSなら、充電回数も大幅に減らすことができ、バッテリー寿命も長くなります。

iPhoneの場合ですが、電池持ちは良い方ですが、非常に素晴らしいとは正直言えません。しかし、メーカーを含め代理店等様々なところで、バッテリー交換をしてくれます。そのため、バッテリの寿命を迎えても交換し更に使うことも可能ですから、非常に長い年月の利用ができそうです。

楽天モバイル アンリミット スマホ端末在庫状況と価格

楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応端末で現在楽天モバイルで販売されている製品の在庫状況を、当サイトでは毎週確認し公開しています。

最新の在庫状況は楽天モバイル端末在庫状況にて確認してください。

まとめ:楽天モバイルUN-LIMIT VIおすすめスマホ端末

楽天モバイルUN-LIMIT VI(アンリミット6)対応端末として、楽天モバイルから販売している機種から、整理するためとしてランキングやジャンル別でおすすめを紹介しました。

私は現在iPhone 12 miniパープルを使用しいます!!もちろんランキングでは上位でおすすめです。

正直、iPhoneは他製品に比べると高いですが中古市場もあります。MNP乗り換えなら、ポイント還元も20,000円相当と非常に高いです。更に、楽天モバイルはキャリア最安・Apple Storeと同額か以下の値段でiPhoneを販売しているので、安く買う場所としても良いですね。

もちろん、Android端末もオススメ機種があります。他キャリアと比べると取り扱う端末数は決して多いとは言えませんが、各スマホメーカーからの特に一押しのモデルが並んでいるのが、楽天モバイルのライナップです。

申し込み・更なる詳細は公式サイトへ:

0円運用から無制限まで!