楽天モバイルを月々無料で使うために知っておく事。解約されないために

格安SIM

楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6)は、1GBまで無料で使え電話がかけ放題があり、副回線や”とりあえず”として加入している人も多く、メインの回線だけではなく2回線目としても利用に最適です。楽天回線対応製品となったiPhoneの余っているeSIMへ楽天モバイルをとますます使いやすくなっています。

そんな中、楽天モバイルを月々無料で使うために知っておく大事な事を解説します。

これで、不安なく2回線目ですよ!

楽天モバイル月々無料の条件は?誰が無料?

楽天モバイルの無料条件は、上記の料金表の通り、「1回線目で、月々のデータ利用量が0GB〜1GB」の場合が無料です。非常にシンプルです。

料金表では「無料(0円)※1」と米印付きですが、※1は「 製品代、オプション料、通話料等は別費用。 2回線目以降は0GB~3GBまで980円(税込1,078円)。」と念押しですが、基本料が無料で、オプションや有料の電話・スマホ代は別と考えましょう。

製品代とはスマホ等のハードウェアです。分割払いで購入の際は月々請求されます。オプション代は通常のつかい方であれば、入る必要があるオプションもないので、多くの人は無料です*未成年除く。

通話料とは、Rakuten Linkを使わない電話(30秒22円)・未対応の番号(ナビダイヤル等)や国際電話を使うと発生します。楽天モバイルは、Rakuten Linkを使えば国内電話かけ放題無料ですから、通常の通話だけなら無料です!!

条件をまとめると:

  • 1回線目である
  • 月々のデータ利用量が1GBまで
  • 国内通話にはRakuten Linkを使う

ですね。特にRakuten Link以外で電話やSMSを間違って使うと有料です。また1GB以上のデータを使うと有料になるので、しっかりWi-Fiへの接続を行いデータ利用量を抑えるのも大事です。

ただし、18歳以上でないと無料ではない・・・

楽天モバイルの有料オプションに関しては、無いと困るほどの物はありません。しかし、残念ながら18歳未満の人には制約があり、下記の通り加入必須の有料オプションが存在ます。

18歳未満の方に楽天モバイルをご利用いただく場合、「あんしんコントロール by i-フィルター」のご契約が必須となります(330円/月)。

このため、18歳未満の人は、楽天モバイルを月々無料での利用は不可能となっています。最低でもこのオプション代330円を毎月支払う必要があるのに注意です。

1回線目とは?どうやって決まる?選べる?

結論から言うと、1回線目を選ぶことは出来ません。ただし、1回線目がどうやって決まるのか分かっていれば、特定の番号を1回線目にすることは可能です。

楽天モバイル 重要事項説明書を見ると、下記の通りの説明があります。

1. ご契約中の楽天モバイル回線のうち、サービスが利用開始になる日が最も古い回線が適用となります。

2. 2回線以上をご利用中で「プラン料金1回線目」の楽天モバイル回線を解約した場合は、ご利用中の2~5回線目の中でサービスが利用開始になる 日が最も古い回線に「プラン料金1回線目」のプラン料金が適用されます。またプラン料金「プラン料金1回線目」への適用は翌月1日からとなります

1つ目は、1回線目の定義ですが「最も古い回線が適用」となり、もし持っている一番古い回線を解約した場合が、上記2つ目の内容で、その時契約中の一番古い回線が適用となります。

要は、いつも一番古い回線が1回線目であると覚えておけば良いですね。

楽天モバイルを無料で使いつつ解約されないために

楽天モバイルを毎月の利用で無料にするには、データ通信を”使わない”事です。電話を使っても使わなくても関係ありません。

ただ、デュアルSIMや2回線持ちのサブ・副回線で利用だと、電話を使うことがほとんど無いこともあります。

もちろん楽天モバイルもボランティアでやっている訳ではありませんので、使ってもらわないと意味がありませんし、しっかりと料金表の下にも下記の文言が記載されています。

※ご契約1回線目において、一定期間以上回線のご利用がない場合は、回線の利用停止または解約をさせていただく場合がございます。

引用:楽天モバイル UN-LIMIT VI

そおです、使わない回線をもっている意味もありませんが、同時に楽天モバイルとしても、使われていない回線をキープする意味がありませんので、当然ながら停止・解約の対象になります。

正直上記の注意事項だけでは、逆に不安を煽る感じもしますが、別のところで分かりやすく説明があります。

180日間使ってないと通知の上解約へ

ご契約中であっても180日間のデータ通信が0GBおよび通話が0回の場合等において、当社から事前通知のうえ、回線の利用停止または解約をさせていただく場合がございます。

楽天モバイル 重要事項説明書において、上記の説明があります。ざっくりまとめると「半年以内に1度も使わないと事前通知をし停止か解約になる」と言うことです。半年の間に電話やデータ通信を行えば心配は無いようで、結構余裕はありますね。

ただし、下記の状況だとデータ通信はされない可能性が高いので注意が必要です。

  • Wi-Fiで繋ぎっぱなしでスマホを移動させていない
  • スマホの電源を切る・フライトモードにしている
  • 楽天モバイル(パートナー回線含む)の圏外にいる

通常の利用であれば、Wi-Fiに繋がっていても時々切断されて少なからずデータ通信する事が多いですが油断は禁物です。また、フライトモードや圏外地域では、確実にデータ通信は行われていません。

特に、フライトモードですが、フライトモードをオン→同時にオフになったWi-Fiをオンにすると、Wi-Fiをオンにしつつケータイ通信をオフにしている状態です。この場合データ通信が発生していません。

データ通信を全く使わず、電話もしないで、電話番号をキープするだけで半年置いておくと、解約の可能性がありますが、事前に通知はしてくれる様です。

まとめ:楽天モバイルを無料で使って解約されないために

180日の間で利用すれば良いので、サブ回線や補完的な使い方として、”普段は利用しないが時々使う”感じでも、楽天モバイルは便利そうですね。

例えば、年に1〜2回海外に行く人で、海外用スマホ(通信回線)として楽天モバイルに入っているのもアリですね。あるいは海外に長期滞在のため電話番号をキープする目的など・・・。

もちろん、メインで使っている人なら、改めて何かする必要はありませんよ。

今なら月額料金3ヶ月無料!
スマホセットで最大25,000円相当還元・iPhoneも!

コメント