[基本] 楽天モバイルを毎月無料0円運用のために知っておく事。解約されないために

1GBまでは0円プレゼンキャプチャー格安SIM

楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6)は、1GBまで無料で使え、国内電話かけ放題、申込不要で海外2GB利用可能などもあり、副回線や”とりあえず”として加入している人も多いですよね。

実際、メインの回線だけではなく2回線目としても利用に最適ですし、iPhoneの余っているeSIMへ楽天モバイルを入れるなど、無料で始めるのはとても簡単です。

そんな中、楽天モバイルを月々無料で使い、必要な時に必要な分だけ使って支払えるように、0円運用のために知っておく大事な事を解説します。

先に書きますが、楽天モバイルの無料に罠は無いです。とにかく1ユーザーとして罠や落とし穴を感じたことはありません。

この記事を読んで、不安なく楽天モバイルデビューです!

楽天モバイル月々無料の0円運用の条件は?誰がタダ?

楽天モバイルでは、プラン料金の設定上に、0円で利用できる範囲があります。これはキャンペーンではありませんが、最低条件は存在します。

楽天モバイルを月々無料で利用する条件は(上記の料金表の通り)、「1回線目で、月々のデータ利用量が0GB〜1GB」の場合が無料と非常にシンプルです。

料金表では「無料(0円)※1」と※1の注釈には「 製品代、オプション料、通話料等は別費用。 2回線目以降は0GB~3GBまで980円(税込1,078円)。」と記載があります。これは言い換えれば、基本料金は無料で、その他は別途必要との事です。

製品代とはスマートフォン等のハードウェア端末購入代金になります。分割払いで購入の際は月々請求されます。オプション代は通常の利用であれば、特に必要な物も無く、多くの人は未加入で問題ありません(未成年除く)。

通話料とは、Rakuten Linkを使わない電話(30秒22円)か、Rakuten Linkに未対応の電話番号(ナビダイヤル等や国際電話)への発信を行うと請求されます。

ナビダイアルを使って0円運用成らず・・・

楽天モバイルは、Rakuten Linkを使えば国内電話かけ放題無料ですから、通常の家電や携帯電話への発信なら無料です。

そして、1回線目であることが一番重要で、複数人(家族等)で入る時も一人が代表で契約せずに、個々が楽天IDを持ち加入し、全員がそれぞれ1回線目にするのが大切です。最もお得に家族で楽天モバイルに加入するにはも参考に

楽天モバイルの無料の条件をまとめると

  • 1回線目である
  • 月々のデータ利用量が1GBまで
  • 通話にはRakuten Linkを使う

上記3つを守ると月額料金0円の無料運用が可能です。利用上で注意するのが、Rakuten Link以外のOS標準アプリで電話やSMSを使うと有料になる点です。また1GB以上のデータを使うと有料になるので、可能な限りWi-Fiへの接続を行いデータ利用量を抑えるのも大事です。

契約の仕方で有料になることもある

上記の3つの条件である、1回線目の契約回線であり、データ通信の利用を1GB以下そしてRakuten Linkを使用するようにしていても、次のことで有料になります。

口座振替は手数料あり

※毎月の引き落とし時に、手数料110円をいただきます。

Rakuten mobile

楽天モバイルでは、月額料金の支払いが口座振替の場合110円の手数料が発生します。”引き落とし時”となっているので、0円運用であれば引き落としが無いため手数料も無料ですが、電話やSMS代の数十円のために引き落としが発生し手数料も支払いとなります。

回避するための1番の方法は、(無料の)楽天カードを利用することです。クレジットカードでの月額料金支払いには手数料は発生しません。または、楽天銀行のデビットカードでの利用も可能です。

18歳以上でないと無料ではない・・・

楽天モバイルの有料オプションに関しては、無いと困る物もなく、多くの人にとって一切不要ですが、18歳未満の人には制約があり、加入必須の有料オプションが存在ます。

18歳未満の方に楽天モバイルをご利用いただく場合、「あんしんコントロール by i-フィルター」のご契約が必須となります(330円/月)。

Rakuten Mobile

この手数料を回避するために保護者名義で入る方法もありますが、楽天モバイルでは18歳未満の人でも自身の名義で加入も可能でキャンペーンの対象にもなります。手数料よりキャンペーン額の方が多いので、トータルで考えると個別加入がお得です。

1回線目とは?どうやって決まる?よく使う方を2回線目へ

結論から言うと、1回線目を選ぶことは出来ません。ただし、1回線目がどうやって決まるのか分かっていれば、特定の番号を1回線目にすることは可能です。

楽天モバイル 重要事項説明書を見ると、下記の通りの説明があります。

1. ご契約中の楽天モバイル回線のうち、サービスが利用開始になる日が最も古い回線が適用となります。

2. 2回線以上をご利用中で「プラン料金1回線目」の楽天モバイル回線を解約した場合は、ご利用中の2~5回線目の中でサービスが利用開始になる日が最も古い回線に「プラン料金1回線目」のプラン料金が適用されます。またプラン料金「プラン料金1回線目」への適用は翌月1日からとなります

上記1つ目は、1回線目の定義ですが「最も古い回線が適用」となり、もし持っている一番古い回線を解約した場合が、(上記2つ目の内容で)その時契約中の一番古い回線が1回線目へ適用となります。

要は、いつも一番古い回線が1回線目であると覚えておけば良いですね。

また、料金表で分かる様に、1回線目には無料範囲がありますが、2回線目は使わなくても基本料金が発生するので、よく使う方を2回線目にしておく様にしましょう。

1年・3ヶ月無料キャンペーンの罠?完全無料ではない

3ヶ月無料キャンペーンは2022年2月8日で終了しました。

楽天モバイルでは、以前1年や3ヶ月間は基本料金が無料になるキャンペーンをしていましたが、分からず罠と思われる事が二つありました。

一つ目は、期間中にデータ通信をどれだけ使っても基本料金は無料になるのですが、それ以外は通常の料金体系と同じでしたが「全部無料だ!」と勘違いする人がいたようです。

二つ目は、利用期限についても厳密に開通した日から3ヶ月間ではなく、3ヶ月後の月末までとなっていた点です。

なお、現在も無料期間の人は、各自の無料期限は「my 楽天モバイル」で確認が可能です。その他確認したい場合は、公式サイトの「3カ月無料キャンペーンについてよくあるご質問」へ。

楽天モバイルUN-LIMIT VIは、電話かけ放題・1GBまで0円は、このキャンペーンと関係ありません。引き続きプランが変更や消滅しない限り同じです!

楽天モバイルの事務手数料の多くは常時無料

楽天モバイルの特徴の1つである事務手数料の多くは無料になっている点も忘れずに。キャンペーンではなく常時無料です。そのため格安SIMのキャンペーンの様なトップページでの”今だけ”的なアピールは無いですが、いつでも楽天モバイルは無料で利用を始められます。

さらに、普段の利用でお世話になることの多い、SIMカードの再発行も無料です。eSIM再発行は手続きが必要ですが、機種変更も無料で可能です。簡単にeSIMでも機種変更はできます。

事務手数料一部は有料

ただし、全ての事務手数料が無料ではありません。先に紹介した通り口座振替で手数料が発生したりと、一部のサービスは事務手数料が発生します。

例えば、iPhoneアップグレードプログラムの返却時に事務手数料が3,300円発生や、契約時に電話番号を選ぶには1,100円の手数料が必要です。

その他・詳細は、楽天モバイル「各種手数料」にて確認を。

iPhoneでは楽天モバイルを無料・0円での利用が難しい?

楽天モバイルは、iOS版とAndroid版でいつも微妙に違いがあります。そのため、無料利用もiPhoneだと少し難しいです。

ただ、実際問題は(私個人の利用経験含め)、多くの人は0円運用可能です

iPhoneユーザーは、通話とSMS利用で一部有料

SMSを利用する人は、iPhoneで無料運用は不可能です。Rakunte Link iOS版は、2021年7月6日以降は、SMS送受信ができなくなり、iOS標準アプリからの送信が必要となり有料になっています。

残念ながら、この措置への対策は1つしか今のところはなく、iPhoneを止めてAndroid端末を利用するしかありません。Android版のRakuten Linkは海外66か国・地域間ではSMSし放題無料です。

更に、電話に関してもiOS版Rakunte LinkはAndroid版と異なり、電話の着信をOS標準アプリで行います。通常の国内利用では影響ありませんが、海外に行った際に注意が必要で、海外での着信が有料になります。

非常に残念なお知らせですが、iOS版のみこうなります。そのため対策は、SMS同様でAndroidスマホに乗り換えるかです。

なお、iOS(iPhone)でもAndroidでもRakuten Linkを通して、日本国内への電話の発信は無料なので、海外からもアプリからかけ直せば国内無料です。

AndroidであればRakuten Linkを使えば電話・SMSは基本無料ですが、次の場合はiPhone利用同様に有料です:

  • ナビダイアルや国際電話等、Rakuten Link対象外の番号への電話発信
  • Rakuten Linkを使わずOS標準アプリでの電話発信・SMS送信
  • 海外指定66ヶ国以外へのSMS送信

楽天モバイル1GB無料の罠?段階制は(定額制みたいに)止まらない

楽天モバイルのプランUN-LIMIT VIのデメリットの1つですが、段階制プランは、1GBで通信の停止やお知らせ機能は無く、ちょうど1GBに抑えて使う・1GBを使い切るのはほぼ不可能です。段階制は使った分だけカウントされていくので、(〇〇GBで低速制限など)定額制のように止まりません。

iPhoneの場合は、データ利用量でアラートを鳴らしたり、モバイル通信を制限できる機能も端末側にありませんし、アンドロイドの一部機種の様に、停止や通知機能があったとしても、スマートフォンのデータ測定は楽天モバイルの利用量と誤差が生じるので、結局かなり余裕を持た利用が必要で、1GB・3GBを使い切れません。

そのため、「1GBを無料で使える」と思って使っていると、オーバーして上の料金(3GBまで1,078円)が発生し、”罠”と思う可能性はあります。

余裕を持って使う事が大事ですが、打開策としてデュアルSIMの検討も必要です。当サイト内特集記事:楽天モバイル併用のデュアルSIM最強の組み合わせを参考にどうぞ。

ただし、デュアルSIMは、単に楽天モバイルにお金を払わず0円運用が可能でも、別の通信会社に支払う事になるので、あくまでも節約目的です。

楽天モバイルのSIMを無料で使う0円運用でも解約されないために

楽天モバイルを毎月の利用で無料にするには、データ通信を”使わない”事です。電話を使っても使わなくても関係ありません。ただ、デュアルSIMや2回線目のサブ・副回線での利用だと、電話も使うことが無くなる場合もあります。

もちろん楽天モバイルもボランティアでやっている訳ではありませんので、使ってもらわないと意味がありませんし、しっかりと料金表の下にも下記の文言が記載されています。

※ご契約1回線目において、一定期間以上回線のご利用がない場合は、回線の利用停止または解約をさせていただく場合がございます。

引用:楽天モバイル UN-LIMIT VI

当たり前ですが、使わない回線をもっている意味はありませんし、楽天モバイル側も、使われない回線を維持する意味がありません。その為の注意事項でもあります。

180日間使ってないと通知の上、解約へ

ご契約中であっても180日間のデータ通信が0GBおよび通話が0回の場合等において、当社から事前通知のうえ、回線の利用停止または解約をさせていただく場合がございます。

楽天モバイル 重要事項説明書において、上記の説明があります。

また契約約款についても、「2021年7月1日(木)より、Rakuten UN-LIMIT VIの1回線目において180日間ご利用がなかった場合に、事前に通知した上で当社が利用停止できるよう規約を変更いたします。」と発表がありました。

両方共通ですが、簡単に言うと「半年以内に1度も使わないと事前通知をし停止か解約になる」と言うことです。半年の間に電話やデータ通信を行えば心配は無いようで、結構余裕はありますね。

ただし、下記の状況だとデータ通信はされない可能性が高いので注意が必要です。

  • Wi-Fi・他回線へ繋ぎっぱなし
  • スマホの電源を切る・フライトモードにしている
  • 楽天モバイル(パートナー回線含む)の圏外にいる

電話を全く使わずに、Wi-FiやデュアルSIMの他回線側を常時接続していると、通信をしておらず使ってないと判断される可能性があります。フライトモードオン・圏外地域にいる・電源を切っていると100%データ通信は行われていません。

特に、フライトモードですが、フライトモードをオンした後Wi-Fiをオンしていると、Wi-Fiをオンにしつつケータイ通信をオフにしている状態で、通信できていると思っててもモバイルデータ通信は全く発生しません。

解決策は、意図的にデータ通信をする事です。例えば、楽天モバイルに接続を確認の上、ニュースでも1つ読みましょう。(翌日、my 楽天モバイルで確認を)

※ 180日過ぎれば、事前に通知はしてくれる様ですが、登録EメールやSMSを全く見ていないと危ないですよ!

まとめ:楽天モバイルを無料で使って解約されないために

180日の間で利用すれば良いので、サブ回線や補完的な使い方として、”普段は利用しないが時々使う”感じでも、楽天モバイルは便利そうですね。

例えば、年に1〜2回海外に行く人で、海外用スマホ(通信回線)として楽天モバイルに入っているのもアリですね。あるいは海外に長期滞在のため電話番号をキープする目的など・・・。

もちろん、メインで使っている人なら、改めて何かする必要はありませんよ。

今なら、最大35,000ポイント還元中