楽天モバイルとLINEMO併用のデュアルSIM!月3GBならベスト。iPhone向けにも!

デュアルSIM

楽天モバイルとLINEMOは、月々のデータ利用が3GBや20GBの際は、競合するキャリアになります。しかし一長一短が両社にもあり、補完しあえるデュアルSIMにすると良いのか検証しました。

結論から言うと、月々990円で定額利用したい人にベストなデュアルSIMです!!

LINEMO

楽天モバイルとLINEMO併用の理由は?比べてみて

楽天モバイル
UN-LIMIT VI
ソフトバンク
LINEMO
プラン基本料金〜1GB:0円*
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
無制限:3,278円
ミニプラン
3GB:990円
スマホプラン
20GB:2,728円
データ追加オプションパートナーエリア用
国内:1GB/550円
海外:1GB/500円
1GB/550円
超過後スピード1Mbps
(パートナーエリア)
料金に影響あり
ミニプラン:300Kbps
スマホプラン:1Mbps
料金に影響なし
電話国内かけ放題:無料
(アプリ利用)
アプリ外:30秒22円
30秒22円
かけ放題アプリ国内かけ放題:無料
電話10分かけ放題/SMS:1,100円
5分かけ放題:550円(初年度0円)
完全かけ放題:1,650円
(初年度1,100円)
SMS着信:無料
発信:66カ国へし放題
(Rakuten Link)
受信:無料
発信:従量課金
未成年への対応「あんしんコントロール by i-フィルター」
(330円/月)必須
申込は18歳以上
未成年の使用者登録は可で
フィルタリング無料必須
カウントフリーRakuten LinkLINE
手数料契約事務手数料:無料
SIM再発行手数料:無料
解約手数料:無料
MNP転出手数料:無料
契約事務手数料:無料
SIM再発行手数料:無料
解約手数料:無料
MNP転出手数料:無料

楽天モバイルとLINEMO両プランの最大の特徴は値段の安さですが、同額ではありません。また、サービス的なことでは異なる事もあり、併用で補完しあえる所はあります。

特に、楽天モバイルはアプリ利用で国内電話かけ放題・SMSし放題が無料です。その為、楽天モバイル電話番号を運用し、他キャリア/プランのデータ通信を併用する組み合わせ最近のデュアルSIMの定番と言えます。

更に、楽天モバイルは他にも色々と特典が豊富です、例えば:

  • 1GBまでデータ通信無料
  • 楽天モバイルはキャンペーンが豊富
  • SPU!が+1倍になる

これらもあり、加入だけでもお得な楽天モバイルはとりあえず入っておくは基本。その上で、更にお得にと考えると、データ通信を併用できる他プランとのデュアルSIMは、LINEMOとに限った事でなく、おすすめですよね。

LINEMOミニプランと楽天モバイルのデュアルSIMがベスト

その中で楽天モバイルとLINEMOのデュアルSIMが良いと感じられるのが、LINEMOのミニプラン(3GB)との併用です。

理由としてまず第一が、併用の方が料金が安くなる点です。そして楽天モバイルでは出来ないことをLINEMOでカバーもできるのです。

料金から、LINEMOミニプラン一択!

データ量楽天モバイル
UN-LIMIT VI
LINEMO
〜1GB0円
3GB1,078円990円
20GB2,178円2,728円
無制限3,278円
料金表

両プラントの料金は、他社と比較してもかなり安めですが、データ通信を3GBならLINEMOが(楽天モバイルより)安く、その他のデータサイズを利用するなら楽天モバイルが安くなります。

そして、楽天モバイル単独利用より、LINEMOでデータ通信をする事で、毎月の費用が安くなるだけではなく、定額にする事もできます。

LIENMOなら料金の定額(固定)化も出来る!

楽天モバイルはUN-LIMIT VIは1プランの段階制を採用し、データ通信が少ない利用も多くの利用でも(プラン変更や再契約なしで)柔軟に対応できて便利ですが、一方で一定額で止めるのが難しいです。例えば、定額制プランは、プランデータ量を使いきると低速モードになりそれ以上の費用は発生しません。

一方で、楽天モバイル単独利用だと、知らず知らずの利用で少しでもオーバーすると、段階制の一段上の料金を請求される恐れがあります。

そこで、定額制のLINEMOを併用しデュアルSIMとして、無料の電話を楽天モバイルで、データ通信をLINEMOにすれば、定額での利用ができます。例えば、電話とLINEを自由に使って、データ通信を3GBまでで、990円/月です。

要は、月々のデータ利用量がある程度決まっていて、3GBに収まるなら、3GB超で低速制限し追加料金が発生しないLINEMOの方が、心配せず使えると言う事です。

3GBならpovo2.0よりLINEMO

LINEMOのライバルの1つはpovoですが、料金から考えると、LINEMOは3GBで990円/月、povoは3GB30日990円とほぼ同じです。しかし、LINEMOがオススメ。

理由は簡単で、LINEMOは手間要らずとLINEギガフリーがあります。povoは現在データ通信トッピングの自動購入がない為、利用するなら一定期間毎に購入が必要ですし、1ヶ月は31日の月の方が多いですから、(30日990円は)少し高いとも言えます。

一方20GBですが、povo2.0の60GB90日のトッピングを30日計算すると2,164円となり、povoが圧倒的に安いので、LINEMO(2,728円/月)よりpovoとなりますが、楽天モバイル(20GB:2,178円)がpovoと変わらないので、それならデュアルSIMより楽天モバイル単独で良いのではとなりますよね・・・。

0円運用から無制限まで!

格安SIMよりLINEMOの訳

更に、他の同額程度のプランがある格安SIMと比べても、特にLINEMOが良いと言える理由として:

  • ソフトバンク運営で通信品質が高い
  • ソフトバンク運営でエリアが広い・5Gも広い
  • LINEアプリの利用でデータフリー

格安SIMは非常に安いですが、実はLINEMOは格安SIMを含めた順位付けをしても、かなり安い部類に入ります。しかし、格安SIMが絶対に真似できない、通信品質の高さ・スピードの速さ安定性は、キャリア(ソフトバンク)が直接運営するLINEMOだからできます。

そのため、スピードも求めてデュアルSIMを使いたいと考えるならLINEMOになります。もちろん、費用・価格重視なら、他のデュアルSIMの選択肢もあるので、自分がどちらを重視するかでも大きく異なりますね。

iPhone向けに特に良い

最強のデュアルSIM組み合わせとして、楽天モバイルとIIJmio ギガプランのeSIMプランが、格安(2GB440円や4GB660円)でお勧めですが、(上記の格安SIMとの比較からも)通信品質を考えるとキャリア運営のLINEMOとの組み合わせも良いですよね。

特に、iPhoneはXR/XS以降のモデルは、eSIMとnanoSIMのデュアルSIMなので一方の通信回線は必ずeSIMが必要です。楽天モバイルもLINEMOも、eSIMに対応している事もあり、いずれをeSIMにしても使えるのがこのプランの組み合わせの良い点です。

また、下記で注意喚起していますが、現在はiPhone向けは、このLINEMO x 楽天モバイルを、一押しとしています。

現在(9/10〜)、「iPhoneで、IIJmioのeSIMを併用しデュアルSIM利用する際に、緊急機関(110/118/119)への発信ができない問題が発生中」で記載の通りの問題があり、IIJmioのeSIMプランをiPhone(13含む)のデュアルSIMで使うのはお勧めしていません
なお、Androidでは発生していません。Pixel 6でも発生中です。

まとめ

楽天モバイルとLINEMOを併用を検討しました。両社ともキャンペーンがあるので、電話をあまり利用しない人なら、まずはLINEMOを1年使ってから考えるのも良いと思います。

電話をよくする人なら、無制限電話かけ放題無料の楽天モバイルを電話を使い、データ利用量を固定できる、LINEMOでデータ通信ですね。それにより月々990円で電話かけ放題+3GBのデータ通信とLINEギガフリーです!

なお、LINEMOではスマホは売っていないので、楽天モバイルで購入です。
続きは公式サイトへ

0円運用から無制限まで!

LINEMO

コメント