povo2.0が基本料0円とオールトッピングでサブスクなしプランを提供へ。現プランは終了

格安SIM

povoが、月額基本料金を無料(廃止)にし、トッピングで必要なデータ量を購入し利用していく新しいタイプのプラン「povo2.0」を発表しました。

言い換えれば、(後払い契約での)ケータイ電話回線では新しい月額サブスクリプション制の廃止とも言えますね。

スポンサーリンク

povo2.0とベースプラン概要

「povo2.0」は、基本料0円のベースプランを契約のうえ、通話かけ放題などの「通話トッピング」や、実質20GBが2,163円/月で利用できる60GB (90日間) など6種類の「データトッピング」、「DAZN」や「smash.」が一定期間データも含めて使い放題になる「コンテンツトッピング」などを、必要な時にいつでも自由に購入し利用できるプランです。

月額基本料0円
※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。
月間データ容量0GB
※トッピングによるデータ容量の追加などがない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなります。
国内通話料30秒あたり20円 (税込22円)
国内SMS利用料送信: 1通あたり3円 (税込3.3円) [70文字まで]
受信: 無料

ベースプランとして、電話やSMSが利用可能な事もあり、0円から電話番号を持てる楽天モバイル UN-LIMIT VIへ対抗したプランかなと思いますが、povo2.0の0円で出来る事は、限られていて、128Kbpsでのデータ通信のみ可能となっています。その他はトッピングか従量課金での通話やSMSの利用となります。

128kbpsは、ほぼ通常の利用には向かない低速ですので、0円でも十分利用が可能な楽天モバイルUN-LIMIT VIとは、少し違いますねかね・・・。

データトッピングは6種類

データトッピング期限料金/回
データ追加1GB7日間390円
データ追加3GB30日間990円
データ追加20GB30日間2,700円
データ追加60GB90日間6,490円
データ追加150GB180日間12,980円
データ使い放題24時間330円

先に紹介した通り、60GBを90日で利用すると、20GBを月額実質2,163円で利用可能と、今までのpovoより安かったり、(LINEMOへの対抗と思いますが)3GB30日を毎月購入すれば、実質3GB990円/月です!

ただし、現在のところ自動更新(データ追加の定期購入)は無いようです。

電話かけ放題のトッピングもあり

通話トッピング料金/回
5分以内通話かけ放題月額500円 (税込550円)
通話かけ放題月額1,500円 (税込1,650円)

ベースプラン0円で電話番号をもらえるのですが、30秒22円の通話料金が発生します。通話トッピングで節約可能です。

お客さまの通話スタイルにあわせてお選びいただける月額型の音声通話に関するトッピングです。」となっているので、こちらは月額で更新されるはずです、はずです・・・。

コンテンツトッピング

コンテンツトッピング料金/回
DAZN使い放題パック (7日間)691円 (税込760円)
smash.使い放題パック (24時間)200円 (税込220円)

コンテンツトッピングは、「使いたい期間だけ対象のコンテンツサービスを利用できるようになり、さらにそのコンテンツのデータ通信が使い放題になる、新しい利用方法を提案するトッピングです」。

これなら、DAZNに普段は加入していなくても、どうしても見たい試合があるときだけにも使えますね。

現行プランは廃止、新プランで値上げもあり

現在提供中のpovoの料金プラン名称を「povo1.0」に変更し、2021年9月下旬 (予定) に新規受付を終了します。

注意点として、現在のデータプランが受付終了する点です。20GBを毎月利用する人には便利で安価なプランでしたが、20GB前後使う人って結局少なかったのかもしれませんね??

povo1.0povo.20
基本料2,728円(税抜2,480円)0円
月間データ容量20GB0GB
データ容量が0GBの場合の通信速度最大1Mbps最大128kbps
国内通話料30秒あたり22円(税抜20円)30秒あたり22円(税抜20円)
国内SMS利用料送信:1通あたり3.3円(税抜3円)[70文字まで]
受信:無料
送信:1通あたり3.3円(税抜3円)[70文字まで]
受信:無料
ご契約いただける方20歳以上の個人のお客さま13歳以上の個人のお客さま
au契約期間引き継げません。引き継げません。
お支払い方法クレジットカードクレジットカード
変更点は太字

比較をすると、一部割高になっているところもあります。例えば次の通りです。

  • povo1.0でデータ使い放題220円だったが、povo2.0では330円と(110円の)値上がり
  • 超過後のスピードが1Mbpsから128Kbpsと大幅に低速
  • 1GBのトッピングは(550円から390円へ)安くなったが、期限31日から7日と短く

今回の1.0→2.0は、アップデートと言うより、メイン用のプランを止めてサブ回線用プランに一新されたと感じませんかね?

まとめ

色々なサービスでサブスク流行ってますが、嫌いな人多いですよね。実際、企業がサブスクにする場合、だいたい更に儲けようとしか思ってないし、ユーザー目線でないのが多いですから・・・。しかしケータイ電話プランで、このやり方にしてくるのは、衝撃です。

ただ、今の情報だと自動更新的データ購入が無い様で、(メインでは面倒で)すごくサブ回線に向いているなと感じるプランですよね。

LINEMOがすでにミニプランを出していているので、3GB990円は対抗したトッピングですかね?ただ、LINEMOは月額制だしLINEギガフリーなので、まだまだLINEMOかな・・・。

次はahamoが仕掛ける番か!?

引用・画像:KDDI ニュースリリース

コメント