月0円運用。povo2.0は最安440円/年で電話番号を維持可能。停止・解約条件と回避方法は?

格安SIM

povo2.0は、基本料金が0円から使えるとなっており、とりあえず契約した人・する人も多いですが、電話番号を人に伝えるようになると、番号を維持する必要があります。なぜならpovo2.0では使わなければ(お金を払わなければ)180日過ぎると停止措置が行われます。

今回、povo 2.0を契約し「ご契約内容のご案内」を見ると「未購入時の利用停止、契約解除について」の欄にて、解約・停止についての条件が記載がありましたので、詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

利用期限は、トッピングで延長可能

未購入時の利用停止、契約解除について
最後の有料トッピングの有効期限の翌日から180日の間、有料トッピングのご購入がない場合※、順次利用停止させていただきます。
利用停止後30日の間に有料トッピングのご購入がない場合、順次契約解除させていただきます。
利用停止または契約解除については、事前にpovo2.0アカウントであるEメールアドレス宛またはSMSにその詳細をご通知します。
※期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円(税込)を超えている場合を除きます。

povo「ご契約内容のご案内」

要は、「有料トッピング期限翌日から180日の間、有料トッピングの再購入がない、または期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円(税込)を超えない場合、順次利用停止」となります。

さらに、「利用停止後30日の間に有料トッピングのご購入がない場合、順次契約解除します」となり、無料期間計210日後に、契約解除され電話番号は無くなります

一例として、トッピングを利用した例は、次の通りになると思われます。

3GBトッピングを購入した場合、有効期限は30日となり、その翌日から180日間は0円で利用が可能で、更に30日を過ぎると解約となりますね。

最安運用は220円の「smash.使い放題パック」トッピングで

トッピング期限料金(安い順)
smash.使い放題パック (24時間)24時間220円
データ使い放題24時間330円
データ追加1GB7日間390円
DAZN使い放題パック (7日間)7日間760円
データ追加3GB30日間990円
データ追加20GB30日間2,700円
データ追加60GB90日間6,490円
データ追加150GB180日間12,980円
月額制トッピング除く

なお、180日期限リセットには、トッピングの種類や料金での縛りはないので、一番安いトッピングである「smash.使い放題パック」トッピング(220円)を利用する事で最安で電話番号の維持は可能ですね。このトッピングでは、停止期間を作りつつすれば1年440円で電話番号維持も可能です。

1年間停止措置もなく、ずっとアクティブな状態にしたいなら、最安で「データ追加1GB」390円を使えば(有効期限7日+180日=187日)、半年390円(年780円)にて維持が可能ですね。

なお、どれだけ電話やSMSを頻繁に受信・受話していても、またギガ活でデータもらって使っていても、お金を使わないと、契約期限は延長されない様ですね。(*楽天モバイルは利用のみで解除可能)

解約・停止措置前には通知はあり

利用停止または契約解除については、事前にpovo2.0アカウントであるEメールアドレス宛またはSMSにその詳細を通知します。 」となっているので、突然圏外になるや電話番号がなくなる事は無いようです。

ただ、注意するのは、eメールを確認していない場合や、povoのSIMが圏外だとSMSが受信されないので、連絡がありません。

0円運用可能な、楽天モバイルUN-LIMIT VIとpovo2.0の比較

コメント