OPPO 5Gスマホ Reno 5Aを発表。Reno3 Aと新旧比較。ワイモバイル・楽天モバイル・SIMフリー版

スマホ

OPPOが、ミドルレンジの大人気モデルReno3 Aの後継機に当たる、5G対応のReno5 Aを正式発表しました。5/20にはワイモバイルのサイトには登場していましたが、楽天モバイルやその他格安SIM会社からも発売されます。なおSIMフリー版は6/11より。

Reno 5AもReno3Aと違わず、しっかりと基本的に欲しい機能をおさえた優等生タイプのモデルとして仕上がっています。今回はCPUがアップグレードされ600番台から700番台へ移行です。Qualcommの、Snapdragon™765Gは、GoolgeのフラッグシップスマホPixel 5にも使われる物で、ミドルレンジ上位と同等です。

ただ、指紋認証がデュスプレイ認証から、背面指紋認証に変わっていますが、これは良くなったのでしょうか、古い技術に戻った感があります。

価格はSIMフリー版で43,800円と予定されていましたが下記が現時点の価格です。Reno 3Aは39,800円でした。

なお、同封物はかなり限られ、最近の流れかケーブルや充電器は同梱されていません。当然ながら、18W急速充電対応の端末ですが、自分で充電器も別途用意が必要になります。

新旧スペック比較:OPPO Reno5 A vs Reno3 A

スペック表です、OPPO Reno5 Aを左、OPPO Reno3 Aを右にして比較をしています。

まずは、CPUが600番台から5G通信対応の700番台へグレードアップですね。ROM/RAMは変わりませんが、リフレッシュレートも90Mhzと上がり、ヌルッとした動きに期待です。

その他、注目ポイントを緑太字にしました。

OPPO Reno5 AOPPO Reno3 A
ディスプレイ約6.5インチ、解像度: 2400 x 1080 (FHD+)、
リフレッシュレート: 最大90Hz、ピクセル密度: 405PPI
6.44 インチ、解像度: FHD+(2400×1080)
表示方式: 有機EL(AMOLED)
サイズ 重さ 約W75×H162×D8.2mm 約182g横 74.1x縦160.9x厚み8.2mm 約175g
 カメラアウトカメラ
[メイン]約6400万画素(f/1.7)
[超広角]約800万画素(f/2.2)
[モノクロ]約200万画素(f/2.4)
[マクロ]約200万画素(f/2.4)
ビデオ:最大4K(30fps)、1080P(60fps/30fps)、720P(60fps/30fps)

インカメラ
約1600万画素(f/2.0)
ビデオ:1080P、720P(30fps) 
アウトカメラ:
約4800万画素(f/1.7)
約800万画素(f/2.2)
約200万画素(f/2.4)
約200万画素(f/2.4)

インカメラ: 16MP
連続待受/通話時間 連続通話 [FDD-LTE] 約1,300分
連続待受 [FDD-LTE] 約350時間
[AXGP] 約350時間
連続通話[LTE] 約21時間
連続待受[LTE] 約350時間
バッテリー容量 4,000mAh
18W急速充電対応
4025mAh
充電時間 約130分(USB Type-C PD対応 ACアダプタ)未公開
プラットフォーム Android™ 11(ColorOS 11)ColorOS 7.1(based on Android™ 10)
CPU Qualcomm®Snapdragon™765G(オクタコア)
2.4GHz(Single)+2.2GHz(Single)+1.8GHz(Hexa)
Qualcomm® Snapdragon™ 665 / オクタコア 2GHz + 1.8GHz
メモリメモリ:6GB・ストレージ:128GB
microSDXC™/ 最大1TB
メモリ:6GB・ストレージ:128GB
(最大256GB micro SD対応)
生体認証背面指紋認証・顔認証ディスプレイ指紋認証・顔認証
防塵・防水IP68IP68
SIMスロットSIM 2: 対応、SIMカードタイプ: nanoSIM、eSIM
ワイモバイル:シングルSIM(nano USIM + microSD)
SIMカードタイプ: 排他的デュアルSIMスロット (nanoSIM+nanoSIM / microSD)
バンド2G (GSM): 850/900/1800/1900
3G (WCDMA): band 1/2/4/5/6/8/19
4G (TD-LTE): band 38/39/40/41 (2545-2655MHz)/42
4G (LTE FDD): band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
5G: n3/n28/n77/n78 (NSA)

2G (GSM): 850/900/1800/1900MHz
3G (WCDMA): Band 1/2/4/5/6/8/19
4G (FDD-LTE): Band 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
4G (TD-LTE): Band 38/39/40/41

接続Wi-Fi® : 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth®: ver5.1
USBポート: USB Type-C™
イヤホンジャック: 3.5mm
NFC対応: おサイフケータイ®対応
FMラジオ: 対応(有線イヤホン装着時)
Bluetooth® : 5.0
Wi-Fi® : 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
NFC対応: おサイフケータイ®対応
同封物本体 ×1
SIM取出し用ピン×1
安全ガイド×1
クイックガイド×1
保護ケース×1

ACアダプター×1 
USB Type-C™ データケーブル×1 
イヤホン×1 
SIMカードスロット用ピン×1 
保護ケース×1 
保護フィルム(貼付済み)×1
クイックガイド×1 
安全ガイド×1 

OPPO Reno5 Aの販売チャンネル

販売は、楽天モバイル・ワイモバイル以外にも以下の格安SIMでも販売されます。また、SIMフリー版も販売されるので、家電量販店やアマゾンでも販売される事になります。

格安SIM版は、キャンペーンもあるので結構お得に購入可能ですので、しっかり見比べましょう!

楽天モバイル

楽天モバイルでOPPO Reno5 Aを購入する際は注意が必要です。製品購入で最大25,000ポイント還元を行っていますが、実はOPPO Reno5 Aは対象外です。

ただ、MNP乗り換えでSIM契約をすると15,000ポイント、新規契約で5,000ポイントが入るので、他社からの乗り換えであれば、最大20,000ポイント還元対象です。

どうしても予算を抑えたい人には、実質1円スマホの検討もしてください。

メインにもサブ回線にも!

ワイモバイル

ワイモバイルは、Reno5 Aを一番初めに販売を開始した会社になります。新規契約・他社からの乗り換え等で、21,600円も割引があり、18,000円で購入可能です!

ただし、ワイモバイルで購入した場合、シングルSIMモデルになります。

1回線利用であれば気になりませんが、複数回線を使いたい、海外旅行で現地SIMをと考える場合は、検討が必要です。(海外旅行向けは楽天モバイル一択ですが…)

その他注目の格安SIMでOPPO Reno5 Aを売るところ一覧

下記の格安SIMでも、OPPO Reno5 Aの販売を行っています。

§§ 専用電話アプリ不要で30秒11円 §§

OPPO RENO 5 Aは、オッポ・レノではなく、オッポ・リノと読みます。