mineoの1.5Mbpsで無制限使い放題 パケット放題Plusのメリットデメリットと徹底比較

格安SIM

mineo(マイネオ)が、通常プランの超過後スピードを1.5Mbpsにできるオプションを6月1日から発売しました。以前までも500Kbpsであったオプションですが、お値段据え置き3倍のスピードアップです。

そこで気になるのが、他でも超過後1Mbpsで提供している(サブブランド含む)3社とどう違うのかです。比較し見ていきたいと思います!!

mineo(マイネオ)

超過後1Mbps以上でる、mineo・UQモバイル・ワイモバイルと楽天モバイルで比較

プラン超過後1Mbpsでのスピードを提供するのは、マイネオ以外では次の3社になります。

  • mineo(マイネオ)
  • 楽天モバイル(パートナーエリア)
  • ワイモバイル
  • UQモバイル

楽天モバイルは自社アンテナを構築中のキャリアで、UQモバイルとワイモバイルはキャリア(それぞれauとソフトバンク)のサブブランドで、マイネオのみ格安SIM(MVNO)です。

そのため、通常のプランでのスピード比較だとマイネオが分が悪い可能性もあるのですが、超過後のスピードはマイネオが1.5Mbpsで一番速いです。

mineo(マイネオ)UQモバイルワイモバイル楽天モバイル
パートナーエリア
プラン料金データ専用|通話付き
1GB:880円|1,298円
5GB:1,265円|1,518円
10GB:1,705円|1,958円
20GB:1,925円|2,178円
3GB(S):1,628円
15GB(M):2,728円
25GB(L):3,828円
3GB(S):2,178円
15GB(M):3,278円
25GB(L):4,158円
〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
無制限:3,278円
超過後
最大スピード
200kbps〜1.5Mbps300Kbps〜1Mbps300Kbps〜1Mbps1Mbps
1Mbps
対象プラン
全て
(オプション加入要)
プランM・LプランM・LUN-LIMIT VI
パートナーエリア
1Mbpsへの
追加料金
385円/月
10GB以上 0円/月
0円0円段階制プランで
カウント継続
*楽天モバイルは、パートナー回線での5GB以上利用した場合

簡単にまずこの4社の違いから言うと、mineo(マイネオ)のみデータ通信専用プランがあり、1.5Mbpsへはオプションで対応のため、全プランで利用が可能です。

だから、mineoだと、880円(1GBデータ専用)にオプション385円(パケット放題Plus)のセットで、1,265円/月で、データ通信無制限使い放題が可能なのです!!

これを比較すると次の通りになり、他社の半額から1/3で利用可能が分かります!!

mineo(マイネオ)UQモバイルワイモバイル楽天モバイル
パートナーエリア
1Mbps以上で
無制限使い放題
最低料金
データ専用:1,265円
通話付き:1,683円
15GB(M):2,728円15GB(M):3,278円無制限:3,278円

mineo(マイネオ)パケット放題Plusが良いと感じる点

他社との比較で見てきましたが、料金以外にもmineoのパケット放題Plusの利点がいくつかあります。

  • 1.5Mbpsと最速
  • どんなプランでも利用可(データ専用プランも)
  • mineoスイッチを使って節約可能

1.5Mbpsあれば結構色々できる

1.5Mbpsと他社の低速通信より1.5倍の速さではあるのですが、あくまでも低速通信ですから、アプリ等が利用できるのか心配です。mineoが自社で調べた限りでは、上記の通り概ね利用に問題が無いことが分かります。

メールで支障があったと答えた人は、メールのデータサイズが非常に大きい(数十MB等)上に、急いでアップロード・ダウンロードしたからではと思いますね。通常のメール(1MB以下?)なら、地図アプリ利用よりはるかに軽いですよ!!

地図アプリや音楽ストリーミングなどの、継続的にデータ通信が必要な場合、真価を発揮してくれると思いますね。動画系は少し厳しい結果が出てますね・・・。

どんなプランでも利用可(データ専用プランも)

パケット放題 PlusはmineoスイッチONで最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるサービスです。ネットやSNSはもちろん、動画の視聴もできます。
対象サービスに制限なくどんなサービスにも対応しております。また、mineoをご契約の方は誰でもご利用いただけます。

mineo

上記の通り、「対象サービスに制限なくどんなサービスにも対応」と嬉しいことが記載されている通り、オプション代385円を支払うと利用可能です。

音声付きのデュアルプランは当然ながら、データ専用のシングルプランへも対応です。更にmineo(マイネオ)は格安SIMの中でも少ないトリプルキャリア対応で、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線から選べます。

今回比較した他3社には実はドコモ回線はありませんでした。無制限のドコモ利用はmineoですね!!

mineoスイッチを使って節約可能

1.5Mbpsでは、上記の使い勝手アンケートでもあるように、全てのサービスやアプリを100%使うのは厳しいです。例えば動画を高画質で見たいと思うと厳しいです。

この様な場合を想定して、普段は1.5Mbpsで通信をしつつ、必要な時だけ高速通信を利用すれば、1GBプランなど小さなデータサイズでお得に利用ができますよね。

なお、この高速と低速のスイッチは他社3社もありますが、楽天モバイルは低速にしてもデータ利用が通常の高速通信と同様にカウントされるので注意です。

mineo(マイネオ)パケット放題Plus選択時の注意点・デメリット

パケット放題Plusは他社にない素晴らしいオプションですが、一部注意する点もあります。当然ながら期待し過ぎは禁物です。

  • 1.5Mbpsは最大値
  • 格安SIMの弱点は残る
  • データサイズで最安とは言えない
  • 5Gは有料オプション
  • 速度制限3日で10GB

1.5Mbpsは最大値:オプション加入で料金を払うのですが、過剰に期待は禁物です。常時1.5Mbpsが出る訳でもありませんし保証はありません。最大1.5Mbpsです。”最大”とついているのを忘れずに!

格安SIMの弱点は残る:mineoは格安SIMで、格安SIMの弱点はスピードが遅い・ピーク時に繋がりにくいです。これは今回のオプションで解消される物でもありませんし記載はありません。

データサイズで最安とは言えない:格安SIMを選ぶ際に基本料金の安さに注目する人も多いと思いますが、マイネオはその点で言えば最安ではありません。しかし色々面白いサービス(夜間フリー・フリータンク・ゆずるね。など)が魅力です。

5Gはオプション:mineoでは5G通信をしたい場合オプション加入が必要です。まだまだ5Gエリアは狭いしスマホも対応していないのですが、将来的に期待です。

速度制限3日で10GB:マイネオが公開している10GBでできることを見ると、結構色々できますが、それ以上の通信を求める場合は少し厳しいですね。多量のデータ通信を無制限で使いたいなら、自宅へのひかり通信契約を検討ですね。eo光とか?

*eo光とmineoは同じ会社が運営していますが、相互割引はありません・・・

まとめ

今回、mineo(マイネオ)のパケット放題Plusを紹介しました。メインの格安SIMとしてもかなり定評のある会社ですので、通常のプラン+アルファとして、いざという時用のパケット放題Plusとして使う方法、そしてサブの回線として自宅や自動車など、特定の場所で使える様にするためにと・・・。

色々夢は広がりますね。

mineoは、面白いサービスが多い会社で顧客満足度が非常に高い会社です。そのほかのサービス含め興味があるなら、公式サイトで確認してください。

mineo(マイネオ)

コメント