[LINE モバイル] データSIM約2倍増量キャンペーンスタート。LINE使い放題で、2台目・子供向け等におすすめ

キャンペーン

11月12から約半年(5月9日まで)間のキャンペーン期間中に契約すると、ベーシックプラン(データSIM SMS付き)500MBが、なんと、1年間1,012MBにアップします。もともとLINEのベーシックプランには、LINEがデータフリーになるのですが、約1GBのデータがあるとかなり憂いしいですよね。

データSIM約2倍増量キャンペーンの詳細

対象プラン:ベーシックプラン(600円)
SIMタイプ:データSIM(SMS付き)
データ容量:500MB → 1,012MB
キャンペーン期間:2020/11/12(木)~ 2021/5/9(日)
キャンペーン対象者:①、②の条件をすべて満たした方が対象になります。
 ①新規契約またはプラン変更で、「データSIM(SMS付き)」「500MB」を申し込んだ方
 ②キャンペーン期間中にお申し込みを完了し、2021/6/30(水)までに課金開始日(プラン変更の方はプラン変更適用日)を迎えた方
増量期間:契約完了した月を1ヶ月目とし、2ヶ月目~13ヶ月目の12ヶ月間適用

キャンペーン期間は、申し込みの期間です。増量期間は、12ヶ月間です。

おすすめの理由とおすすめの人

LINEモバイルは、データフリーオプションが豊富ですが、ベーシックプランの場合は、LINEがデータフリーになるオプションが含まれています。LINEでメッセージの送受信やトーク(電話的な)をしても、データがフリーになっているので、特定の所へだけ連絡をする事が多い人で、スマホ・ケータイを持っていいない人に特におすすめす。

契約は子供ではできないですが、保護者が契約し、LINEを使えるようにしてあげれば子供との連絡も可能ですよね。あるいは、高齢のスマホを持たない世代の方に、渡しておけばいつでも連絡ができて、テレビ電話がわりにもなりますよね。

LINEを一番安く使う方法が、LINEモバイルのベーシックプランに入ることです。*LINEは無料ですがデータ通信は必要ですからね。

LINEデータフリーの対象/適用と対象外を確認、おさらい

LINEデータフリーが含まれますが、LINEアプリは今や連絡だけでなく様々な機能が増えているので、データフリーの対象でないものもしっかり抑えておく事が大事です。もちろん、メッセージやトークはフリーですよ。

LINEデータフリー適応一覧

各タブトップの表示
音声通話・ビデオ通話の利用
トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
トークのみんなで見る機能による画面シェア
各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
タイムラインの表示・投稿・シェア
ディスカバー(写真・動画)の表示
ウォレットタブのLINE Payの利用
ウォレットタブのLINE家計簿の利用
設定および各項目の表示・編集
友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
プロフィールの表示・編集・投稿
検索の利用

続いては、対象外です。対象外とは、データフリーにならずに月々のデータ量を消費するアクションです。もちろん、LINE以外のことをするとデータは消費されます。

LINEデータフリー対象外一覧

トークでの位置情報の共有
トークでのShoppin’トークの利用
トークでのジフマガの利用
トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧
Liveの利用
ニュース記事詳細の閲覧
OpenChatの利用
スタンプショップの利用
着せかえショップの利用
LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、ポイントクラブなど)
LINE Liteの利用
海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用
他社サイトへの接続(URLなどをクリック)
他社アプリへの遷移

注意したいのがトークです。トークは普通に電話機能として連絡を取り合う分にはデータフリーですが、いくつかの機能は対象・逆にいくつかは対象外となっているので注意です。

また、LINE Liteは、アプリが軽量化されて古いスマホを利用するのに便利ですが、LINEデータフリーの対象外に全てなるようですので、もしLINE Liteを入れているならアンイストールし、通常のLINEを入れましょう。

更に詳しくキャンペーンやLINEモバイルのことを知りたい場合は公式サイトで確認してください。

コメント