格安SIMや楽天モバイルでiPhoneを使うために、知っておくべきこと5つの事

スマホ

iPhoneはドコモ・au・ソフトバンクしか売っていないとか、格安SIMでは十分に機能を使えないと思っている人も多いのではと思います。しかし、実際にはiPhoneを格安SIMで使う人も多くいますし、キャリア以外でiPhoneをお得に手に入れている人も沢山います。

iPhoneはキャリアだけの物ではないことを知ってもらうための記事です。

iPhoneの機能が格安SIMで使えない?キャリアなら完璧?

キャリアと格安SIMではiPhoneへの対応は異なります。特に今回あげる5つの事を理解しないと、iPhoneは使えない・格安SIMは難しいと思えます。しかし、格安SIMだからある事・しか出来ない事も存在します。

iPhoneにはAPN構成プロファイルのダウンロードが必要

格安SIM(サブブランドも含む)でiPhoneを使う際に一番忘れてはならないのが、APN構成プロファイルのダウンロード・インストールです。キャリアで使う際は、多くはキャリアでiPhoneを購入するため、自動でAPN(携帯電話ネットワークのデータ通信で必要になる接続先を指定する識別子の事)を設定してくれますが、格安SIMの場合、SIMフリー機等の持ち込みスマホを利用することから、自分で設定が必要になります。

APN構成プロファイルは、自分で手動設定するのを簡単にするために、指定のサイトからダウンロードしインストールする物です。新しく始まったキャリアの新プランでも同様に必要で、LINEMOpovoも各サイトで、eSIM・nanoSIM向けに手順を公開しています

他社のSIMを差し替える時に、(新しいSIMにAPN手動設定が不要でも)古いAPN構成プロファイルを消去しないと通信が出来ないことがあります。例えば海外で現地SIMを使う場合などに注意です。

Apple Watchで電話が使えない?

Apple Watch

Apple Watchには2種類モデルがあり、セルラーモデルとWi-Fiモデルがあります。もし電話が鳴った場合、セルラーモデルだけ鳴ると思っていませんか?

違います、電話が鳴ればWi-Fiモデルも反応します。(iPad等と同じく、同じAppleID利用の端末で鳴る)

セルラーモデルはiPhoneが近くになくても電話が受けられる仕組みです。しかし、セルラーモデルのApple Watchを購入しただけでは使えず、キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)が、提供するワンナンバーサービス(ドコモの場合)を有料(ドコモの場合:550円/月)で契約し、初めて対応します。

さらに、ファミリー共有設定と言う、複数台のApple Watchを1台のiPhoneで設定し、通信・通話機能が使える物ですが、こちらは現在auのみ対応です。

しかし、普通にiPhoneを持ち歩き、AppleWatchの通知や各種計測を使うのにはWi-Fiモデルでも十分であり、格安SIMだから使えないことはありません。実際私自身も格安SIMでiPhoneとApple Watchを使っていましたし、Wi-Fiのみのモデルはお安いです。例えば↓

iPhone内蔵のeSIMが使える・使えない?

Appleは、早くからiPhoneとiPadへeSIMを内蔵しています。iPhoneとiPadでは機能的に違うのは、iPhoneはnanoSIMとeSIMのデュアルSIM対応、iPadはeSIMかnanoSIMいずれかが利用できシングルスタンバイになります。

ところで、通信会社としてeSIMを早くから対応しているのは、キャリアではなく、格安SIMのIIJmioです。最近では、楽天モバイル・ワイモバイル、そしてキャリアの新プランであるLINEMOとpovoが対応しています。

eSIMを使えないから不便はありませんが、eSIMだからiPhoneをデュアルSIM機として2回線契約で利用できます。場合によっては1回線より安く運用できます。

iPhoneは格安SIM会社で買える?

iPhone 12 Y!mobile 告知

iPhoneはキャリアとAppleストアでまず最新機種がリリースされます。AppleストアではSIMフリー機が販売されていますが、少し時間が経つと格安SIMでもiPhoneは販売します。

例えば、OCN モバイル ONEY!mobile(ワイモバイル)では、最新のiPhone 12 とiPhone 12 miniを販売しています。その他の格安SIM会社でもiPhoneの旧モデルやiPhone SEを販売しています。

キャリアはiPhoneの値引きをする事がありますが、長期間の運用を考えると毎月の利用料の差の方が大きいです。格安SIMも(iPhone SE等に)キャンペーンがあるので見逃さない様に注意です。

中古・整備品を買うなら、むしろ格安SIM

iPhoneは寿命が長く販売数も多いことから、中古品が多くあります。安く高性能・大容量ストレージモデルを購入するのは良い選択ですが、中古品を探す際に一番簡単なのが格安SIMのサイトです。分割払いなど格安SIMが提供する販売方法で購入も可能です。

特に、OCN モバイル ONEは非常に多くのモデルを取り扱っています。

楽天モバイルは制限があったのは昔の話

楽天モバイルは特殊です。格安SIMはキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線を借りてサービスを提供していることもあり、元はキャリアと同じと言えますが、楽天モバイルは独自の技術などを利用しているので、全く別物です。

そのため、2021年4月27までは、一部のサービスに対応しておらず、使い勝手も悪いことでおすすめする人は居ませんでしたが、現在はiPhoneは、楽天回線対応製品の1つとして、多くのサービスに対応し、iPhoneも楽天モバイルで販売しています。

まとめ:iPhoneを格安SIMで使うために知っておくこと

iPhoneを格安SIMなどで使う時に違いはあります。ただ注意する点は特になく、逆に言うと普通に使えるので注意しなくてい良いからです。

格安SIMのAPN構成プロファイル設定は、難しく感じますが1度設定すれば基本的にファクトリーリセットなどをしない限りは、変更もなく最初だけです。

Apple Watchは個人的にセルラーモデルの利便性が分かりませんし、Wi-Fiモデルさえあれば十分なのでキャリアでも格安SIMでも特に気になりません。

楽天モバイルは、以前は制限が大きかった程度で、今は選択肢の1つですし、20,000ポイント相当の還元もあるので、むしろiPhone購入のおすすめの先ですね。