[格安SIM] iPadセルラーモデル・iPhone/Pixelとは、IIJmioの従量制かギガプランのeSIMとの組み合わせがいいのかな。2台目・主回線などなど

PixelとiPad 格安SIM

2018年以降、iPadのセルラーモデルは、eSIM対応になっています。docomoなどでも購入契約は可能ですが、最低でも1,000円(データプラス)かかり、この1,000円もシェアするためだけの費用ですので、データ通信量を消費し、ギガライトなら使った分支払う必要があります。

これらを考えると結構な金額になるので、単独で何か無いかと考えると、nanoSIMもiPadは対応しているので、格安SIMを使うのが良さそうです。

タブレットは結構データ使います。タブレットだから効率が悪いとかでは無くて、画面が大きいこともあり動画見たりとか、word/excelなども使ったりできますし、テザリング親機としての使い道が多いからです。

IIJmioの従量制プランとeSIM データプラン ゼロは使った分だけ払う

そうだ、使った分だけ払うのがいいや!

IIJmioでは、従量制プランとeSIMデータプラン ゼロと2つの従量制があります。両方とも使った分だけ払うので、2台目スマホやタブレットなどの毎月の使う量が変化しやすい場合にかなり重宝できる、SIMカードですね。また、あまり使わない人にもオススメです。

従量制プランとeSIMデータプラン ゼロの違い

2種類の従量制タイプもプランがあるので、違いから見ていきましょう。

従量制プラン
nanoSIM等
eSIM
データプラン ゼロ
月々基本料金528円165円
SIMカード物理SIMeSIM
回線audocomo
通話オプションありなし
初期データ量1GB0GB
最大データ量20GB10GB
SIM枚数最大3枚1枚

主な違いを表にまとめました。まず第1に、従量制プランは通話オプションがつけることができます。また通話オプションをつけてない場合でもSMS付きとなっていますが、eSIMは純粋なデータ通信用のSIMです。

また、従量制プランは最初から1GBが毎月の基本料にも含まれているので、データ通信を必要としない人(電話が主の人やWi-Fi環境が充実している人)にも主回線(メイン)としても最適なプランです。

面白いのが、提供している回線が違います。従量制プランはauのみ、eSIMはドコモのみとなっています。そのため、iPhoneなどeSIMとnanoSIMのデュアルSIM機であれば、両方のプランを入れることも可能です(あまり意味ないですかね)。

最大データ量や発行可能SIM枚数も異なる点に注意が必要です。

従量制プラン・eSIMデータプラン ゼロ価格について

従量制プランはスタートが1GB/月からとなっていて、eSIMは基本料金が安くデータは含まれていません。ただ、従量制プランは2GB以降は、1GB毎に220円、eSIMは495円となっています。例えば、3GBなら従量制プランは990円に対して、eSIMは1,485円となります。価格が異なることが注意です。

また、次に出る定額制のギガプランが大幅に安くなり、従量制のこの2つのプランよりお得なっています。

定額制なら更に安く!eSIM対応のギガプラン

IIJmioは上記の2つの従量制プランがあり、別に定額制のギガプランがあります。ギガプランが非常に安いので、定額制+追加データで従量制のように使う事も可能です。

 2ギガプラン4ギガプラン8ギガプラン15ギガプラン20ギガプラン
音声858円1,078円1,518円1,848円2,068円
SMS825円1,045円1,485円1,815円2,035円
データ748円968円1,408円1,738円1,958円
eSIM データ440円660円1,100円1,430円1,650円

上記が、ギガプランの月々の基本料金です。eSIMプランが特に驚きの金額です。更に、ギガプランは、追加データが1GB/220円からと、従量制プランと同じように非常にお安いです。

そのため、ある一定量までのプランを選んで、追加データを使うと賢く節約ができそうです。

ギガプランとその他プランの比較と料金シミレーション

eSIMの比較0GB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB
eSIM
データゼロ
165円495円990円1,485円1,980円2,475円2,970円3,465円3,960円
ギガプラン eSIM440円660円1,100円
物理SIMの場合0GB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB
従量制プラン528円770円990円1,210円1,430円1,650円1,870円2,090円
ギガプランデータ748円968円1,408円

実は、ギガプランは新しいプランです。その為そのほかのプランより安い設定を取っています。例えばあまりデータ通信をしない人なら、2GBのeSIMプランに入るのが一番安いです。

eSIMデータゼロは、古いプランで割高感が出ているので無くなる可能性は高いですが、全く使わない事もある人には、0GB設定があるのは嬉しいですよね。

次に物理SIMの場合、従量制プランとギガプランは、データ量が大きくなると差が大きいですが、3GBあたりまでならあまり変わりません。

ただ、今後はギガプランで自分に合わせたデータサイズで入り、もし足らなければ追加データを購入がお得なやり方です。ギガプランはデータ繰越にも対応しています。

iPadとiPhone向けでオススメは?

違いを見比べましたが、回線の違いやデータ最大サイズの違いもありますが、やはり一番気になるのが料金の差だと思いますね。結構大きな料金差があるので、使い方によって好みが別れると考えた方が良いかと思いますね。

主回線には従量制かギガプラン通話SIMがお得

従量制プランは、キャンペーンでデータ通信SIMと通話付きSIMが1年同額で利用が可能ですので、ギガプランの通話付きか従量制プラン通話付きの選択がおすすめです。

ただ、ギガプランは余ったデータ量は翌月に繰り越しがありますが従量制にはありません。とは言っても従量制は1GB単位の支払いなので1GB以下だけ余分になるだけで、ギガプランも繰越は1GB単位ですし・・・。

毎月毎月繰り越しで使い切れない場合は、結局は余った分を翌月末には捨てていることなので、従量制プランにした方が、お得と言える場合もあります。

ただ、4GB以上になってくるとギガプランが明らかに安いので、ギガプラン1択です。

iPhoneの副回線用とiPadにはeSIM

ギガプランのeSIM料金が非常に安いです。その為、eSIM対応がされている最近のiPadやiPhone(XS/XR以降)にはeSIMギガプランがおすすめとなります。

eSIMを使うメリットは特にありませんが、nanoSIMよりIIJmioの場合安いことが重要な理由ですね。

nanoSIMとeSIMの違いはありますが、初期設定以外の利用については大きな違いはありませんので、使える方を使うのが便利です。

ただし、スマホやタブレットをよく交換する人は、手軽にSIMカードを差し替えれる通常SIMがおすすめです。