海外への留学・転勤の際の携帯電話の対応。キャリアで休止・楽天モバイル・格安SIM?

海外 格安SIM

海外への留学・転勤時に携帯電話をどうするか悩みどころです。1~2年程度であれば解約したくない、帰国後に同じ電話番号を使いたいと思いますよね。

私も以前海外に数年行っていた際は、番号キープ目的と年数回は一時帰国することを考えて、格安SIMと契約し、ほったらかし状態にしていましたが、毎月(海外にいる間)ほぼ使わず費用だけかかりました・・・

*海外では、受話にも費用が発生します。長い期間の渡航の場合は、普通に持ち続け使うと超高額請求の危険があります。*楽天モバイル除く

楽天モバイルに無料がある以上、現状は大きく変わり、一択で楽天モバイルしかない状態かと思いますが、以前の記事のまま、その他の選択肢についても記載しています。

楽天モバイルは、海外留学出張者への救世主か!?

楽天モバイルが、海外でも電話受話・発信が国内扱い、毎月2GBのデータ通信ができるサービスをリリースしました。楽天モバイルなら、何も使わずただお金を払うだけをやめて、有効に使う方法として海外にそのまま持っていけるのです!!!

ただ、利点も多いですが、海外の現地SIMと違う制約はあるので注意です。

  • 世界66カ国に対応(日本人がよく行く地域はカバー)
  • 現地の電話番号とは国際電話になる
  • 2GB超過後は、128KB通信に制限(チャージ可能1GB500円)
  • 電話は日本国内扱い
  • 〜1GBまでなら無料!!!(2GBなら1,078円)

現地での交流は?

楽天モバイルの素晴らしいところは、受話無料です!!これは史上初ですよ!!

しかし、現地では、自分の番号は国際電話扱いになり、現地の友人・知人が、こちらへ連絡をする際には、国際電話かけている事になります。さらに、こちらからも、同様に国際電話発信として費用がかかります。

楽天モバイルでは、国際電話かけ放題がオプションであるので、自分自身が使う分には、オプション加入で解決も可能ですが、相手から電話するときに高額なままです。

Whatsappを使って

ワン切りでかけ直す方法もありますが、最近は電話を使う人も減っていることもあり、一番便利で手っ取り早いのがWhatsAppを使うことです。

Lineとよく似た、メッセージや通話ができるアプリで、Facebook傘下になります。Lineより欧米でははるかに有名なので、WhatsAppは必須ですね。

WhatsAppはデータを消耗します。テレビ電話などをよく使う場合2GBでは足らない可能性もあるので、学校・カフェや滞在先のWi-Fiも駆使してうまく使うかチャージする必要があります。

66か国以外でも番号キープに

楽天モバイルの海外ローミングは66か国のみ対応です。ただ、新しいプランUN-LIMIT VIであれば、1GBまで無料なので、使えずとも電話番号キープとして有用です。

さらに、Rakuten Link(楽天モバイル電話アプリ)は、Wi-Fiで接続していても電話発信・受話が可能なので、海外で電話番号キープと合わせて、日本への連絡用に使う事もできます。

今なら月額料金3ヶ月無料!
スマホセットで最大25,000円相当還元

※ご契約1回線目において、一定期間以上回線のご利用がない場合は、回線の利用停止または解約をさせていただく場合がございます。
情報:楽天モバイル

申込不要で海外で使えるのは2社

楽天モバイル以外にも、ドコモのahamoも海外でデータ通信が、追加料金なし申込不要で、ローミングオンだけで使えます。しかし、このページではオススメしていません。理由は簡単ですが、詳しくは、ahamoと楽天モバイル徹底比較をご覧ください。

格安SIMを使う

私が以前とっていた方法です。楽天モバイルのサービスがない時代は、この方法か後の休止措置をとるの2択でした。しかし番号があると何かと便利で、Line等電話番号紐付けで行うサービスなどもそのまま利用可能です。ただ、現地ではほぼ使えません(高額だが国際電話は可能)。

その為、海外在中時の使うのは電話認証の要る日本のサービスを申し込む時だけで、他は一時帰国です。しかし、長くても年間たった数週間だけの一時帰国のために、オプションサービスも通信品質も全く考える必要はなく、ただ安いプランが良いですが、それでも費用は発生します。

プラン・他格安SIMも検討に含め、ただただ最安にしておく

無駄を減らす・安くするために、データ通信専用SIMにしてしまってては、電話は使えず、番号キープもできないので意味がありません。そのため良いのは、通話付で一番データ量の少ないプランを売っている格安SIMが選択肢になります。*格安SIMは、基本的に大きなデータ通信量が含まれるプランほど高くなります。

そのため、もし最小が3GBしかない格安SIMを今使っているなら、1GBや500MBのプランを提供している会社を探し、乗り換えることで費用は下がります。あるいは、従量制の料金体系をとっている所がオススメです。データ通信を使った分だけ支払うなら、海外にいる間は使わないので、最低料金になるはずです(電話を一切使わない場合)。

家族も居るなら

家族がいる場合、家族が日本なのか、あるいは帯同するのかもありますが、基本は同じで、全員分の合計で最安になることを考えます。

例えば、ファミリーパックなど追加SIMを提供しているところで検討が良いです。必要なSIMの数量が、最大発行枚数をカバーできる範囲でデータ通信量最小を選択にします。

もし、家族が日本にいるなら、日本にいる家族の人たちのシェアシムとして、自分も一緒に入る様にすると、少なくともデータ分は、(日本にいる)誰かが代わりに使ってくれるので無駄になりません。

休止手続き

結論から書くと、休止は、最安の番号キープ方法です。*楽天モバイルが無料で可能。

ただし、基本的にはキャリア(docomo,au,softbank)で行う方法です。格安SIMでは、月々の回線料金が発生するので、プランを変えて持ち続けるのが良いでしょう。

キャリア(docomo, au, softbank)での休止

保管期間手数料月額料金手続き
docomo最長3年1,000円(税別)電話番号:400円(税別)
メール:100円(税別)
ネット(開始のみ)
電話
ショップ
au最長5年2,000円372円ショップ
softbank最長5年3,000円390円ショップ

あまりにも長い期間休止をしても、周りの人も使っていない番号と認識し始めるので、意味はないかと思いますが、softbankとauは、最長5年保管してくれ、1年間で手数料込みで1万円かかりません。

月々の費用は大体400円前後になりますが、docomoだけメールアドレス保管に別途費用が発生します。メールに関しては海外に行くと使う機会も多いので、この際Gmailになどへ移行がオススメです。

楽天モバイルの様に活用する方法もありますが、意外と現地でSIMを買うと日本のスマホは使うことがなくなるので、安く番号キープをしたいなら、まだまだ有効な手段です。

格安SIM会社での休止について

基本的には、紛失等の緊急用の一時停止措置としての意味合いが強く、毎月の利用料が発生するので、格安SIMでの休止は長期の人には向いていないサービスです。

まとめ

楽天モバイル様様ですが、3つの選択肢があります。

  1. 費用がかかるが、無料も可能で、有効に活用できる = 楽天モバイルを契約
  2. 費用は少し抑え、一時帰国などで使える = 安いプランを探し(従量制等)格安SIMを契約
  3. 費用はかなり抑えるが、復活するまで完全停止 = 休止措置をとる

となります。費用と自分の使い道を考えるのが大事ですが、残念ながら無料で番号キープはない・・・楽天モバイルがUN-LIMIT VIをリリースし、一変しました。無料でも番号キープが可能になったので、楽天モバイル一択でしかありません。

なお、ドコモのahamoについては、15日以上で通信制限があるとの事で、短期旅行・出張向きですが、長期には向きません。また電話番号が日本同様に使えるのも楽天モバイルだけですね。

番外編:softbankが出しているアメリカ放題でアメリカだけは更に1つ選択肢がありますが、ただ高額なプランに入る必要があるので・・・。

今なら月額料金3ヶ月無料!
スマホセットで最大25,000円相当還元