海外への留学・転勤の際の携帯電話の対応。キャリアで休止・楽天モバイル・格安SIMどれ?

海外 格安SIM

海外への留学・赴任時に携帯電話をどうするか悩みどころです。1~2年程度であれば解約したくない、帰国後に同じ電話番号を使いたい、しかし休止すると一時帰国の時が…と悩ましいです。

私も以前海外に数年行っていた際は、番号キープ目的と年数回は一時帰国することを考えて、キャリアから格安SIMへ乗り換え、毎月(海外にいる間)ほぼ使わず費用だけ支払っていました・・・

しかし、今は、楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6)の登場で大きく変わりました!!

楽天モバイルは無料プランがあり海外でも利用でき、海外長期渡航は楽天モバイルが最強です。

今回は、楽天モバイルについてと、他の選択肢も含め海外への長期渡航時に選びたい電話番号キープの仕方を見ていきます。

楽天モバイルは、長期海外留学・出張・赴任への救世主!

楽天モバイルが、海外でも電話受話・発信が国内扱い、毎月2GBのデータ通信ができるプランをリリースしています。楽天モバイルなら、何も使わずただお金を払うだけをやめて、有効に使う方法として海外にそのまま持っていけるのです!!!

更に、プランUN-LIMIT VIからは、データ通信利用が1GBまでなら、月額料金が無料です。

もちろん利点も多いですが、海外の現地SIMと違う制約はあるので注意です。海外利用での、主な特徴と注意点は以下の通りです。

  • 世界66カ国に対応(日本人がよく行く地域はカバー)
  • SMSが使い放題(発信含む)*
  • 現地の電話番号は国際電話(66カ国かけ放題980円)
  • 2GB超過後は128KB通信に制限(追加チャージ:1GB500円)
  • 電話機能は日本国内扱い*、日本へかけ放題
  • 〜1GBまでなら無料!!!(2GBなら1,078円)

*Android利用時

さらに詳しくは、ahamoと楽天モバイル海外利用について徹底比較をご覧ください。

現地SIMのサブ回線的な役割

楽天モバイルの素晴らしいところは、電話受話無料とSMS使い放題です!!これは日本企業史上初ですよね!?

しかし、現地では自分の電話番号は国際電話扱いになり、現地の友人・知人が、こちらへ連絡をする際には、国際電話かけている事になります(SMSも同様)。さらに、こちらからも、同様に国際電話発信として費用がかかります。

現在なら、WhatsApp(LINEの様なアプリ)が普及し、日本と同じく海外でも電話を使う機会も減っています。とは言っても日本同様に電話は無いと不便ですから、現地SIMを契約し、楽天モバイルは日本への連絡用+サブ回線とし、現地SIMも落ち着いたら契約するのが最適です。

旅行に行くと、楽天モバイルが力を発揮!

海外に長期に駐在・留学していると更に別の国へ行く事もよくあります。例えば、イギリスに居たら、フランス・イタリア・スイスなど大陸側ヨーロッパ地域や、東南アジアのタイからならベトナム・シンガポールなど・・・。

そんな時、現地シムが使えない場合があります・・・。

EU圏内は現地SIMを使っていれば、法律でローミング代無料で使えますが、それ以外の地域は現地SIMもデータローミング費用が発生します。

そうです、楽天モバイルです!!

楽天モバイルは、主なヨーロッパ地域やアジア圏・アメリカ等で使えるので、イギリスからスイスや、アメリカからカナダと、国が変わった時にもシームレスに利用ができるのです!!現地SIMを買ったとしても楽天モバイルが頼りになるのですね!

66か国以外でも番号キープに

楽天モバイルの海外ローミングは66か国のみ対応です。ただ、UN-LIMIT VIであれば、1GBまで無料なので、データ通信が使えずとも電話番号キープとして有用です。

さらに、Rakuten Link(楽天モバイル電話アプリ)は、Wi-Fiで接続していても電話発信・受話が可能なので、海外で電話番号キープと合わせて、日本への連絡用に使う事もできます。

もちろん、使わなければ楽天モバイルは月々0円ですから、使う使わないを別にしても、番号キープには最適です。

今なら月額料金3ヶ月無料!
♪ MNP転入ならSIMのみでも20,000P!!

なお、楽天モバイルは180日以上利用が無いと停止・解約になることがあります詳しくは、楽天モバイルを月々無料で使う方法で書いています、参考にどうぞ。

楽天モバイル以外にも、ドコモのahamoも海外でデータ通信が、追加料金なし申込不要で使えます。しかし、ドコモのahamoは15日以上で通信速度制限発生し、さらに使わなくとも2,970円/月であり、長期向きで無いためオススメしていません。

楽天モバイルの海外利用はAndroid(アンドロイド)端末で

楽天モバイルが、2021年4月27日よりiPhoneへ完全対応しました。今までiPhoneでは、楽天モバイルでの海外で使えませんでしたが公式にも利用できる事が発表されました。

更に、iPhone XS/XR以降であれば、eSIMとnanoSIMのデュアルSIM対応になっていて2回線を1台で使えます。その為、楽天モバイルをeSIMに入れ利用し、nanoSIMを空けておけば、現地のSIMを購入した際に、すぐに使い始める事ができます。

今なら、楽天モバイルでは、iPhone購入と新規契約で20,000ポイントの還元キャンペーンもあります。

しかし・・・、新たな発表が楽天モバイルから・・・

楽天モバイルは、iPhoneとアンドロイドでは費用が違う

2021年7月6日からは楽天モバイルのRakuten Link(電話アプリ)が、iOS(iPhone)版と、アンドロイド版で仕様が異なります。

そして、ぶっちゃけiPhone版は良くありません。その為、楽天モバイル海外利用のためにスマホを購入を考えるならアンドロイドです。iPhoneはおすすめしません

次の表が変更点をまとめた物です。今回の変更はiPhone向けのみで、Android版は変更なしです。

iOS(iPhone)版Android版
電話発信:Rakuten Link
着信:標準iOS電話アプリ
発信:Rakuten Link
着信:Rakuten Link
SMS標準iOSアプリRakuten Link

上記の通りiOS版Rakuten Linkは、機能が制限されることになります。
その為、起こることが:

  • 電話が国内同様が終了し、iPhoneでは海外での着信が有料になる。
    更に、Wi-Fiでの着信不可で、電話ローミングエリア内のみ着信可能に
  • SMSは標準アプリを利用するので、iPhoneではSMS発信全てが有料になる。

電話の発信は、無制限かけ放題(国内)は変わりません。その為日本からの電話は、Rakuten Linkを使い、かけ直せば無料ですが、海外から同士が発着信共に有料です。

この変更はRakuten Link iOS版のみですので、Androidを利用していれば変更の影響はありません

そのため、楽天モバイル+Androidスマホを用意して海外に行くことを強く勧めます

楽天モバイルiPhone版Rakuten Linkの仕様変更についてを参考に。

朗報:実質1円スマホの登場で費用も安い

上記のiPhone向けの残念お知らせがありましたが、一方で新たなキャンペーンと値下げを行っています。

  • AQUOS sense4 liteとOPPO A73が実質1円に!
  • OPPO Reno3 Aが実質1,980円
  • MNP転入でSIM契約だけで20,000ポイント

一つ目は、楽天モバイルで大人気のスマホ2端末が、製品価格の値下げとポイント増量もあり、25,001円(ポイント還元25,000円相当)となり実質差額1円となりました。この二つのモデルはeSIM/nanoSIMのデュアルSIMでもあるので、eSIMに楽天モバイルを、nanoSIMを現地SIMをインストールして使う事も可能です!!

また、とりあえずiPhoneを持っている人など、楽天モバイルで使えるスマホを持っている人なら、MNP転入で20,000ポイントゲットするのも良いですよね。海外行くとなると物入りですから。20,000ポイントで日本製品しっかり買いましょう!

今なら月額料金3ヶ月無料!
♪ MNP転入ならSIMのみでも20,000P!!

海外に既に住んでいる人にも楽天モバイル!?

海外に既に住んでいる人でも、楽天モバイルは申込が可能とネットで言われています。これはeSIMeKYCがあるからで、他に日本のクレジットカード/銀行口座・運転免許証があれば可能な様です。

eSIMとは、電子的なSIMカードであり、SIMデータをスマホにダウンロードし使います(郵送不要)。そしてeKYCは、本人確認をウェブ上で全て行う仕組みです。

スマホで免許証など身分証を撮影し送ると本人確認可能ですが、その後郵送で書類を送り、実は最終的な確認をしています。このeKYCは身分証と一緒に自身の顔の撮影も行い、確認を完了する仕組みで、eSIMと併せると、(本体購入などない場合)郵便物が一切無くせます。

そのため海外でも可能と言われています。楽天モバイルは申込は完全に無料なこともあるので、試してみるのも良いですよね。

詳しくは、公式サイトの楽天モバイル eKYCについてで。

*海外からの申込は自己責任で。

最安プランにし格安SIMを使う

私が以前とっていた方法です。楽天モバイルのサービスがない時代は、この方法か後の休止措置をとるの2択でした。しかし番号があると何かと便利で、Line等電話番号紐付けで行うサービスなどもそのまま利用可能です。

ただ、国際電話は受発信共に高額なため、現地ではほぼ使えません。その為、海外在中時の使うのは電話認証が必要な日本のサービスを申し込む時だけで、他は一時帰国で利用だけです。

そのため、通話付で一番データ量の少ない安いプランに変更するのが得策です。(データ通信専用・SMS付きでは電話番号はキープできません)

もし、現在3GBプランを使っているなら、1GBや500MBのプランを提供している会社を探し、乗り換えることで費用は下がります。あるいは、従量制の料金体系をとっている所がオススメです。データ通信を使った分だけ支払うなら、海外にいる間は使わないので(キャリアで休止より)安い料金になるはずです。

最近は、1,000円以下でも電話番号付きのSIMカードが発行可能な会社が多くあります。別記事にしているので参考にどうぞ。

家族が日本に居るなら、格安SIMも選択肢

もし、家族のメンバー全員で海外に行かない場合は、格安SIMは普通に1つの選択肢になります。格安SIMはデータをシェア(分け合う)仕組みを持っているプランが沢山あります。

例えば、IIJmioのギガプランは、契約者のギガを1つのデータ利用可能量として、分け合って使う仕組みがあります。そのため(メンバーの)一人が海外に行っていて使えなくとも、(日本に居る)他の人たちが代わりに利用することも可能です。

そして日本に戻った時はデータも電話も使えば、無駄な支払いは無くなりますよね。

また、このギガプランの良いところは、2GBが858円/月で通話つきとかなり安い点と、更にデータ専用SIMなどと比べても金額差が小さい事もあり、誰かがデータを使ってくれるなら本当に無駄になりません。

キャリア(docomo, au, softbank)での休止手続き

結論から書くと、休止は最安の番号キープ方法です*楽天モバイルが無料で可能。

基本的にはキャリア(docomo,au,softbank)で行っている、長期で日本を離れる人向けのサービスです。格安SIMでは休止は緊急用です。

キャリア名
(リンク)
保管期間手数料月額料金手続き
docomo最長3年1,100円電話番号:440円
メール:110円
ネット(開始のみ)
電話
ショップ
au最長5年2,200円409円ショップ
softbank最長5年429円ショップ

あまりにも長い期間休止をすると、周りの人も使っていない番号と思うので意味は無くなりますが、softbankとauは最長5年保管してくれ、毎年約5,000円ほど費用がかかりません。

月々の費用はほぼ横一線ですが、docomoだけメールアドレス保管に別途費用が発生します(auとsoftbankは込みの値段)。メールに関しては海外に行くと使う機会も多いので、この際、Gmailになどへ移行がオススメです。

楽天モバイルの様に活用する方法もありますが、意外と現地でSIMを買うと日本のスマホは使うことがなくなるので、安く電話番号とキャリアメールをキープをしたいなら、まだまだ有効な手段です。

格安SIM会社での休止について
基本的には、紛失等の緊急用の一時停止措置としての意味合いが強く、毎月の利用料が発生するので、格安SIMでの休止は、長期利用の人には向いていないサービスです。

まとめ

楽天モバイル様様ですが、他の手段も含めると次の3つです。

  1. 海外で有効に活用する = 楽天モバイルを契約
  2. 家族が日本に居るなら = 格安SIMも選択肢
  3. キャリアメールを残したいなら = キャリアで休止措置

正直、海外長期滞在時の携帯電話のあり方は、楽天モバイルがUN-LIMIT VI(アンリミット6)をリリースし一変しました。無料でも電話番号キープが可能になった上、国内同様に使える事もあり、個人的には楽天モバイル一択でしかないと思います。

なお、ドコモのahamoについては、15日以上で通信制限があるとの事で、短期旅行・出張向きですが、長期には向きません。

電話が日本同様に使えるのも楽天モバイルだけ!

今なら月額料金3ヶ月無料!
♪ MNP転入ならSIMのみでも20,000P!!