海外への留学・転勤の際の携帯電話の対応。キャリアで休止・楽天モバイル・格安SIM?

格安SIM

海外への留学・転勤時に携帯電話をどうするか悩みどころです。1~2年程度であれば解約したくない、帰国後に同じ番号を使いたいと思いますよね。私も以前海外に数年行っていた際は、番号キープ目的と年数回は一時帰国することを考えて、格安SIMをそのままの状態にしていましたが、毎月、(海外にいる間)ほぼ何も使わず費用だけかかる・・・

*海外では、受話にも費用が発生します。長い期間の渡航の場合は、普通に持ち続け使うと超高額請求の危険があります。

楽天モバイルは、海外留学出張者への救世主か!?

楽天モバイルが、海外でも電話受話・発信が国内扱い、毎月2GBのデータ通信ができるサービスをリリースしました。楽天モバイルなら、何も使わずただお金を払うだけをやめて、有効に使う方法として海外にそのまま持っていけるのです!!!

ただ、利点も多いですが、海外の現地SIMと違う制約はあるので注意です。

  • 世界66カ国に対応(日本人がよく行く地域はカバー)
  • 現地の電話番号とは国際電話になる
  • 2GB超過後は、128KB通信に制限(チャージ可能1GB500円)
  • 電話は日本国内扱い

現地での交流は?

現地で国際電話番号扱いになると、現地でできた友人・知人もこちらへ連絡をするのに躊躇しますよね。こちらからも発信に費用がかさみます。楽天モバイルでは、国際電話かけ放題がオプションであるので、自分自身が使う分には、オプション加入で解決も可能ですが、相手から電話するときに高額なままです。

Whatsappを使って

最近は電話を使う人も減っていることもありますし、ワン切りしてくれたらかけ直す方法もありますが、一番便利で手っ取り早いのがWhatsappを使うことです。Lineとよく似た、メッセージや通話ができるアプリで、Facebook傘下になります。Lineより欧米でははるかに有名なので、Whatsappはある意味必須です。

Whatsappはデータを消耗します。よく使う場合2GBでは足らない可能性もあるので、学校・カフェや滞在先のWi-Fiも駆使してうまく使うかチャージする必要があります。

格安SIMを使う

私が以前とっていた方法です。楽天モバイルで現在のサービスがない時代は、この方法か後の休止措置をとるの2択です。しかし番号があると何かと便利で、Line等電話番号紐付けで行うサービスなどもそのまま利用可能です。ただ、現地ではほぼ使えません(高額だが国際電話は可能)。

その為、海外在中時の使うのは上記の様なサービスの申し込みの時だけで、他は一時帰国です。しかし、長くても年間たった数週間だけの一時帰国のために、オプションサービスも通信品質も全く考える必要はありません。

プラン・他格安SIMも検討に含め、ただただ最安にしておく

無駄を減らす・安くするために、データ通信専用SIMにしてしまってては電話が使えず意味がありません。そのため良いのは、通話付で一番ミニマルなデータプランを売っているところが選択肢になります。まず格安SIM業者は基本的には、大きなデータ通信量が含まれるプランほど高くなります。

そのため、もし最小が3GBしかない会社を今使っているなら、1GBや500MBのプランを提供している会社を探し乗り換えることで費用は下がります。あるいは、従量制の料金体系をとっている所がオススメです。データ通信を使った分だけ支払うなら、海外にいる間は使わないので、最低料金になるはずです(電話を一切使わない場合)。

家族も居るなら

家族がいる場合、家族が日本なのか、あるいは帯同するのかもありますが、基本は同じで、全員分を足した場合に最安になることを考えましょう。

例えば、ファミリーパックなど追加SIMを提供しているところで検討が良いです。必要SIM発行枚数がカバーできるデータ通信量最小を選択にします。家族が日本にいるなら、簡単で、日本にいる家族の人たちのシェアシムとして自分が入る様にすると、少なくともデータ分は誰かが代わりに使ってくれることができます。

休止手続き

結論から書くと、休止は、最安の番号キープ方法です。

ただし、基本的にはキャリア(docomo,au,softbank)で行う方法です。格安SIMでは、月々の回線料金が発生するので、プランを変えて持ち続けるのが良いでしょう。

キャリア(docomo, au, softbank)での休止

保管期間手数料月額料金手続き
docomo最長3年1,000円(税別)電話番号:400円(税別)
メール:100円(税別)
ネット(開始のみ)
電話
ショップ
au最長5年2,000円372円ショップ
softbank最長5年3,000円390円ショップ

あまりにも長い期間休止をしても、周りの人も使っていない番号と認識し始めるので、意味はないかと思いますが、softbankとauは、最長5年保管してくれ、1年間で手数料込みで1万円かかりません。

月々の費用は大体400円前後になりますが、docomoだけメールアドレス保管に別途費用が発生します。メールに関しては海外に行くと使う機会も多いので、この際Gmailになどへ移行がオススメです。

楽天モバイルの様に活用する方法もありますが、意外と現地でSIMを買うと日本のスマホは使うことがなくなるので、安く番号キープをしたいなら、まだまだ有効な手段です。

格安SIM会社での休止について

基本的には、紛失等の緊急用の一時停止措置としての意味合いが強く、毎月の利用料が発生するので、格安SIMでの休止は長期の人には向いていないサービスです。

まとめ

楽天モバイル様様ですが、3つの選択肢があります。

  1. 費用がかかるが、有効に活用できる = 楽天モバイルを契約
  2. 費用は少し抑え、一時帰国などで使える = 安いプランを探し(従量制等)格安SIMを契約
  3. 費用はかなり抑えるが、復活するまで完全停止 = 休止措置をとる

となります。費用と自分の使い道を考えるのが大事ですが、残念ながら無料で番号キープはない・・・

番外編:softbankが出しているアメリカ放題でアメリカだけは更に1つ選択肢がありますが、ただ高額なプランに入る必要があるので・・・。