格安SIMが向いている人・向いていない人

格安SIM

格安SIMで一番気になる点は、やはり通信速度です。ただ、私自身ずっと使っていますが、スピードが気になるのは時間帯によりで、常時ダメだと思ったことはありません。ほとんどの時間帯は、全く気にしたこともないし、自分が格安SIMな事も忘れています。

私としては、朝そして昼休み時間帯がやはり気になる時が正直ありました。実際、格安SIM会社のBiglobeの中の人が下記のように紹介しています。

格安SIMには混雑しやすい時間帯があります。
具体的には午前7~9時の通勤・通学の時間帯、午後0時~2時のお昼休みの時間帯、午後5~7時の退勤や下校時間、そして午後9時~11時の帰宅後の時間帯です。

しむぐらし by biglobe

と言うことで、今回は、通信速度についてを特に意識した形で、格安SIMが向いている人と向かない人を考察してみました!

*もちろん個人の見解です。いずれに該当してても、逆の向いていない・向いている場合もあります。まあそんな時は、一度格安SIMに1年ほど変えてみれば良いのですが。。。
なんでも自分でしないと分からないときありますからね!?

格安SIMが向かない人

都市部のサラリーマンで結構毎日同じような行動の人

上記のBiglobeの話の通り、朝7~9時に電車にのり出社し、12時になれば昼食をとりその後ネット、17〜19時頃に退社し電車にのり帰宅。家では夕食・風呂の後は、21時頃からネット・・・。

サラリーマンより学生さんの方が該当しそうな感じもしますが、この様なある程度一定の行動をとって、ネットを使うと、いつも通信のピークに出会い、乗り換えてもいい気はしないかもしれません・・・。

規則正しい生活!!

朝夕の通勤時間や昼休みに、必ずネットや動画を見る人

東京の満員電車でネットができる余裕があるのか疑問もありますが、通勤時間が長いとどうしても退屈でネットを使ってしまいますよね。事前にダウンロードするとしてもYouTubeは出来るためには有料会員になる必要がありますしね。時間があるとスマホに手を伸ばすのは最近の人間のサガなのでしょうか・・・。

スマホッ首にご注意を!

家にWi-Fiがない人

家にWi-Fiがないと、やはりちょっとした事でも通信は全てスマホになりますし、動画を全く見ない人ならさておき、ちょっと厳しいですよね。ただ、アパートタイプの光はだいぶお安いですし工事可能なら、まずは格安SIMより、そちらの検討が良いと思います。

私は、WiFiバッチリ環境を作る様にしていますが、引っ越し毎に1ヶ月位工事待ちがあって、確かに辛かった・・・。

1ヶ月とか期間限定なら、データSIM10GBとかプリペイドが良いですよ

何故かいつも万が一を考えている人

念の為・万が一を気にする性分の人には格安SIMは厳しいかもです。もしかして遅い時がある!?と気になるとダメですよね。かなり混雑すればキャリアでも遅くなることもありますが・・・。

1日の使用量が数十MBの人でも、気にする人は気にされるので、毎月約1,500円余分に払い安心感を得るのも大事ですよね。

家族割の呪縛から抜けれない人

一人暮らしを始めた学生さんやサラリーマンで、両親との名義で家族割をしていると、自分が抜けると周りも値上がりする場合は一人だけで変更は厳しいでよね。例えばdocomoだと最大割引には3回線必要ですよね。

ただ、結婚をしている人や兄弟が複数人なら、工夫をすれば、両立は可能ですよ!例えば、夫婦で、夫側と嫁側で違う家族グループでキャリア・格安SIMを選んでいる家族もあります。

格安SIMが向いている人

WiFi環境が結構周りにある人

自宅にWi-Fiがある、会社でWi-Fiを解放してくれているなど、WiFi環境が周りに多い人は、1日に実際モバイル通信をどれくらいしているか確認してみてはどうでしょうか?

特に、自宅に居ることが多い専業主婦やリモートワーカーも、携帯代もったいないと一瞬でも思ったら、格安SIMへ替え時です!

ピーク時間を避けられる人

ピークを避けられる人は案外居るかと思います。例えば自動車通勤の人だと、朝夕の通勤時間帯にネットはしないですよね?または、お店などで仕事をしている人なら、お昼休みは12〜13時ではなく14時とかズレている事もありますよね?

あるいは、お昼休みが45分の会社だとネットするほど時間がないとか、仕事が夕方や夜の人とか、通信ピーク時に仕事をしている・忙しい人・寝ている人も多いのでは無いでしょうか。

そんなにネットをしない。動画を外で見ない人

動画系サービスはかなり充実しているので、今現在動画をあまり視聴しない人は、多分今後もあまり見ないのでは無いでしょうか?乗り換えてから、生活スタイルが変わり動画を見る様になったとしても、それはその時考えれば良いだけで、今使わないなら、今は気にしないで良いですよね。

やはり動画はデータ通信量が増えます。ネットで検索やニュースアプリを見るのにはデータ量は限られます。最近のニュースアプリは、先にデータを読み込む事もできるので、スピードは気になりませんし、やはりストリーミング動画系が一番(データ使用量とスピードを気にする事が)多いかと思います。

節約を意識している人

節約はとても大事です。私も節約はする方だと思います。節約好きな人にとって、月々の支払いが少しでも減ると喜びを感じますよね。すごく、分かります!!

あまりにも手間暇かかかると躊躇しますが、格安SIMは基本乗り換えるだけ。後は自動的に節約です。通信費の家計内固定費化は、安くしてから考える方が良いです。

あまりスマホ使わない人

スマホそこまで使わないって人多く無いですか?朝のラッシュ時に見渡しても、半分くらいの人はスマホを出していないと思います。どこで使っているのでしょうか?

携帯依存症とか言われるのもありますが、使う人はとことん使う。使わない人はあまり使わないと両極側の人も結構多いと思います。そんな使わない人が毎月高いお金を払うのは再考の余地ありだと思います。

まとめ

格安SIM会社も日々努力をし通信スピードを高め・安定化に努めています。極端に多いお客や需要があり、供給が足りないバランスの悪い状態が、スピードを一時遅くすることがあります。

しかし会社毎のスピードの安定性が高い・低いがあっても、どうしても場所や時間帯によってもばらつきはあります。高田馬場駅近くに住んでいて、会社は日本橋にある。朝7:30に家をでて、帰宅はだいたい20時ごろ、高田馬場駅の19:30の通信状況は?日本橋の12:30の通信状況は?と言われても、実際使っている人しか分からないですし、その情報が必要な人も限られます。隣に住んでいる人は仕事先が品川だったとなれば、情報も異なります。

巷で出ているスピードテスト結果も地域と時間が局所的ですので、結局は、それぞれの人が格安SIMを試すしか使える使えないもわかりません。ただ言えるのはピークを避けれる場合はかなりの高確率で不満は無いですが、一方でピーク時は難しいと感じる地域もあるのでは無いでしょうか。