デュアルSIM対応スマホで最強の組み合わせ。1回線より安く!楽天モバイル/IIJmio/nuro/LinksMate/povo

格安SIM

iPhoneをはじめデュアルSIM対応スマホも増え、eSIM対応プランも増え、更に2021年は各社料金プランも大きく下がっています。その中で、どんな組み合わせが最強なのか色々検討しました。

楽天モバイルが電話かけ放題無料、povo/ahamo/LINEMOの登場、格安SIMも大幅な値下げを行い副回線用的なアピールもあります。iPhone等eSIM機なら、楽天モバイルとIIJmioで3GB 440円/月も可能で、nanoSIMでもLinksMateとで4GB 550円/月と、デュアルSIMが1回線契約より安く運用も可能なのです!

他にも、海外・国際サービスが強い組み合わせ、あるいは繋がり易さを重視したデュアルSIMなど、安くなったからこそ、いろいろの組み合わせが考えられますよね!

デュアルSIMって?iPhoneも?!

デュアルSIMは、2つの回線(SIM)を1台で対応できるスマホの事になります。2台持ちとは違い、1台のスマホで2回線を繋げ、切り替えたりしつつ効率的に使う方法です。

  • 番号が2つ欲しい
  • データ通信をよく使い節約したい
  • 格安SIMをお試しで使いたい

上記の様な場合に、2回線を使うとメリットがあります。ただ、2台持ちの方がバッテリーが単純に倍になり、アプリやサービスを完全に2つ分けて使えるので、2つの番号が欲しい人には、そこまでデュアルSIMの利便性は高く無い可能性もあります。

最もお勧めする人は、データ通信をよく使い格安SIMを組み合わせる事で、節約したい人です

格安SIMのデータ通信専用は、(最短翌月末など)利用期間の制約も短く、いきなり乗り換えずに、どの程度のスピードが出るのか等使い勝手を知るために、お試しとして2回線目を申し込み試すのにもオススメです。

ただ、回線についてよりは、まずスマホが対応している必要があり、現在一番メジャーなデュアルSIM機と言えばiPhoneです。iPhoneは、XR/XSモデル以降は、eSIMとnanoSIMのデュアルSIMです。

デュアルSIM対応スマホはeSIMとnanoSIMの2種類

デュアルsim対応スマホは、SIMの形状違いで、大きく分けて現在は下記の2種類が主流です。

  • 物理SIM(nanoSIM等)が2枚挿せるスマホ
  • eSIMと物理SIM(nanoSIM等)それぞれあるスマホ(iPhone等)

物理SIM2枚の組み合わせなら選択肢は選び放題

2021年現在デュアルSIMスマホは2種類に分かれています。1つは、以前からある物理SIMが2枚挿せる製品です。最近のモデルだと、AQUOS sense 4 (SIMフリー版)やOPPO Reno 3 Aなどが有名です。

物理SIMが2枚入るスマホであれば、回線の選択肢は選び放題です。

  • キャリア+キャリア
  • キャリア+格安SIM
  • 格安SIM+格安SIM

3つのパターンでどう選んでも使えます。例えばキャリア2社でドコモ+auも可能です。なお、電波が微妙な場合や電話番号2つ希望以外は、あまり意味がない組み合わせですが・・・

iPhone等eSIM対応製品はあるが、eSIM対応通信会社は限定

そして、もう1つが、AppleのiPhone(XR/XS以降)やGoogle Pixel(4以降)に代表される、eSIMと物理SIMがそれぞれ1つづつ掲載されたスマホになります。最近はOPPO A73など2万円代と安めの機種も出始めました。

しかし、残念ながらすべての通信会社はnanoSIMを提供していますが、eSIMは提供していません。eSIMを提供している通信会社は、まだまだ少なく選択肢が限られます。

キャリア・格安SIM・新プランなど多くの通信会社がありますが、その中で5社しか今のところeSIM対応はありません。また、データ通信SIMか通話付きSIMいずれかになり、同一通信会社でデータのみか電話ありかでsimは選べないのが現状です。

  • 楽天モバイル(通話つき)0円〜
  • IIJmio(データ専用)165円〜
  • Y!mobile(通話つき)2,178円〜
  • LINEMO(通話つき)2,728円
  • povo(通話つき)2,728円

eSIMのデュアル(iPhoneやPixel)なら、eSIM会社をまず検討

iPhone等スマホの片方がeSIMの場合、まずeSIM対応回線が自分にとって使えるかを考える必要があります。楽天モバイル回線や新プランpovo/LINEMOも通話付きSIMですが、データ通信用と使うことは全く問題ありません。

ただ、いずれか5社が使えるか・料金的にも許容範囲かを検討し、どれも自分と合わない場合は、eSIM付きデュアルSIMでの2回線持ちではなく、2台持ちかnanoSIM2回線で幅広く検討が必要です。

要は、eSIMを選ぶならスマホより通信会社を先に検討です。

2台持ちなら、eSIMにも対応のiPadが良い

スマホで2台持ちもありですが、一方がデータ通信専用にする場合、バッテリーが大きくテザリングの親機にもしやすいiPadがお勧めです。

iPadのセルラーモデルは、eSIMにも対応しているので、eSIM・nanoSIMいずれも選ぶことができます。*iPadはeSIM/nanoSIM対応ですが、1回線のみ有効のシングルスタンバイです。

デュアルSIMの組み合わせ方

スマホ本体のモデル以外にも、組み合わせ方も人ぞれぞれで、通話付きとデータ専用のそれぞれの組み合わせるを考えると、2通りがあるといえます(データ通信のSIM2枚挿しは意味が無いため割愛)

  • メイン+メイン
  • 通話メイン+データ

例えば、通話付きSIMを2枚もち、両方の番号を使う、「メイン+メイン」と考える場合。または一方は通話がメインで、もう一方はデータ通信用として使いたいと考える場合です。

個人的に通話を両方の番号で使い「メイン+メイン」にするなら、2台持ちの方が良いと思います。例えば、LINEなど一部アプリは複数アカウント対応をしておらず、またスマホ1台に1つだけしか同一アプリをインストールできないため、2アカウント以上を1台で使えないからです。

つまる所、デュアルSIMとは、通話付きのメインSIMカードと、データ通信(用として)のSIMカードの、2枚コンビが主流と言えます。

キャリア+格安SIM

いきなり楽天モバイルに主回線を変えて、副回線を格安simとはハードルが高すぎます。キャリアをすでに使っていて、節約を目的の人には、まずは格安SIMや楽天モバイルをサブ/副回線にするのがおすすめです。

格安SIMはデータ通信料金が安いこともあり、スピードを求めない場合には格安SIMで通信をし、(お昼休みなど)ピーク時には、格安SIMは速度が不安定になるので、大手キャリアでデータ通信をすると、ストレスなく使えます。

ただ、電話に関しては格安SIMでもキャリアでも品質に差異はないです。キャリアがメインで格安SIMが補助的にと思われがちですが、格安SIMをメインとして通信としてキャリアを選ぶのも変ではありません。ただ、格安SIMはデータ専用SIMがあり無駄が少ないです。

  • キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)+楽天モバイル・IIJmio
  • 格安SIM(OCN モバイル ONE)+ キャリア(povo/ahamo/LINEMOなど)
    など

格安SIMの多くが、アプリ利用で30秒11円で電話ができる。キャリアはかけ放題オプション以外は30秒22円が主流なため、電話は格安SIMがお得な場合が多い。

キャリアをメインに使い、副回線に楽天モバイル等を検討の場合は、下記の記事も参考にどうぞ:

格安SIM+格安SIM

格安SIMを2回線もあり得る話です。格安SIM同士でもスピードの違い・サービスの違いもあります。特にサービスの違いは顕著ですので、サービス同士を組み合わせるとか、キャンペーンを組み合わせるなどで、安く使うことも可能です。

例えば、OCN モバイル ONEでキャンペーンでスマホを安く購入し主回線として回線契約し、BIGLOBEモバイルで、データ専用を使い副回線にし、エンタメフリーに入ると、スマホ本体台+通信費用総額で安くなる可能性があります。

楽天モバイル+IIJmio他で最安値運用ができる

最安値の料金で使いたいと思った時、おすすめが楽天モバイル+格安SIMです。楽天モバイルはUN-LIMIT VIで、データ1GBまで0円で電話かけ放題になります。

そのため、楽天モバイルで通話をメインに使い、データ通信を格安SIMで行う方法で安い料金の組み合わせを作る事が可能です。

今回格安SIM3社を使って、楽天モバイルのみ使った場合と、楽天モバイルで電話だけ使い(データを1GBまでで0円を維持し)、通信は格安SIMのデータ専用SIMで行った場合として考えます。

楽天モバイルLinksMate
データ専用
IIJmio ギガプラン
eSIM
nuroモバイル
データ専用
~1GB0円385円
2GB418円440円
3GB1,078円550円627円
4GB726円660円
5GB858円825円
6GB990円
7GB1,111円
8GB1,254円1,100円1,320円
10GB1,518円
15GB1,430円
20GB2,178円2,618円1,650円
20GB〜3,278円最大1TB3,828円
全て税込みの月額料金

表は、格安simはデータ専用通信のプランの各ギガ数の料金です。なお、楽天モバイルと組み合わせる場合は、楽天モバイル側で1GBまで無料で使えるので、表の中のギガより1GB多く使えると考える事ができます。例えば、IIJmio eSIMと楽天モバイルそれぞれの最安なら、2GB+1GBで、3GBで440円利用が可能です。

1GBまでは楽天モバイル単体が安い

楽天モバイルは、電話かけ放題込みで1GBまでは無料なこともあり、1回線のみを使った場合が最安値になります。元々あまりデータ通信をしない人には、楽天モバイル1回線のみでシンプルに利用が良いですね。

電話中心で使うなら楽天モバイル一択です。

今なら月額料金3ヶ月無料!
スマホセットで最大25,000円相当還元・iPhoneも!

7GBまでなら、楽天モバイル+IIJmio・LinksMate・nuroモバイル

楽天モバイルで電話かけ放題と1GBまで(無料で)データ利用し、更に格安SIMのデータ専用を合わせて使う事で、非常に安く運用が可能です。

例えば、iPhoneなどのeSIMとnanoSIM利用なら、IIJmio eSIM(2GB)と楽天モバイル(1GB)を利用すれば、電話かけ放題+データ(1GB+2GB)で、3GBで440円/月利用が可能です。楽天モバイル単独より半値以下になります!!

通常SIMの場合なら、LinksMateが非常に安いデータ量もあるので、SIMのタイプとデータ量の違いで選ぶ事になります。例えば、LinksMate3GBと楽天モバイルなら、4GBデータと電話使い放題で、月々550円となりますね。

楽天モバイルの電話かけ放題アプリRakuten Linkはデータ通信が必要で、楽天モバイルであればデータフリーです。もし別の通信手段を使うとデータ量を消費します。

Rakuten Linkで通話した際のデータ利用は未公開ですが、似たサービスでの通話時のデータ利用は以下の通りです。

  • 050Plus:1分間の通話で約250KB
  • LINEの通話:1分間の通話で0.3MB

例えばLINEの通話で1時間話すと18MB利用になります。

(特に月々少量データ利用なら)電話のたび切り替えを考えるなら、楽天モバイル1回線が手軽ですが、通話でのデータ利用料は気にする必要の無いレベルと言えます。

7GB〜27GBなら、楽天モバイル+IIJmioギガプランが最安

楽天モバイルのUN-LIMIT VIは段階制料金ですが、3GBの次が20GBになります。そのため3GBと少し使っても20GB利用の料金が発生し高くなります。更に、パートナー回線は最大5GBまでになるため、楽天モバイルエリア外に主に居る人は、5GBが2,178円の気分になります・・・。

そのことから、3GB以上は、細かにデータ通信量を分けているプランを提供する格安SIMと併せて使う方が断然安いです

eSIMがある場合:IIJmioのeSIMの4GB・8GB・15GB・20GBを使うことで、それぞれのデータサイズで最安値プランができます。

nanoSIMの場合:LinksMateがお勧めです。かなり細かい単位でGBが区切られているので、本当に必要な分だけのプランが選べます。

更に格安SIMでは、余ったデータ量を繰り越せるので、小さめのデータ量の契約でも十分足りる場合もあります。

IIJmioのギガプランは27GBまで楽天モバイルより安い

IIJmioの特徴の一つが追加データの料金が非常に安い点です。1GBが220円(税込)となっているので、最大のデータプラン20GBに更にデータを追加しても、一定額までは楽天モバイルよりお安くなります。

3,278円(楽天モバイル)> 3,190円 (IIJmio 27GB)=1,650円(20GB)+ 7GB × 220円

無制限は、楽天モバイル単独かnuroモバイルとが安い

nuroモバイルは、格安SIMではあまり見ないデータ通信使い放題無制限プランを用意しています。通常価格は3,828円/月となり、楽天モバイル単独で使う場合より少し高めです。

しかし、nuroモバイルの無制限プランはソフトバンク回線を利用しているので、全国で利用可能な値段であり、地方(楽天モバイルエリア外)では、料金以上に使い勝手が良いとも言えます。

最安とは、2021年4月現在当サイト調べによる物で確約ではありません。今回は特に安いと思われる4社を利用して比較です。時期や他社含め料金変更により変わる場合があります。

ドコモ系格安SIM+povoで繋がり易さ重視のデュアルSIM

山間部や超田舎利用だと、まだまだ3Gエリアが大事と思っている人も多いと思います。登山などで山を登る人では電話がドコモの3Gだけ入ると痛感した事があると思いますが、3G回線を受信する最も格安な方法はドコモ回線利用の格安SIMです。

一方で普段使いで3Gは不要な事も多く、スピードを重視する場合、格安SIMよりキャリアのサブブランドや新プランがおすすめです。そこで考えられるのが、電話は格安SIMデータ通信は新プラン(povoやLINEMO)です。

なぜ格安SIMの電話が良いかは、ただ単にドコモの3G(FOMA)が入る安い料金と言うだけではありません。

  • ドコモの3Gは最も長く使える(終了予定2026年3月末)
  • 格安SIMはデータスピードの点で弱いが、通話は基本同じ
  • 格安SIMならかけ放題なしでも電話が安い。30秒11円
  • 格安SIMはキャリアと同じエリアで使える
  • 格安SIMもかけ放題プランはある
  • 基本料金が激安あり

まず、ドコモの3Gはまだ5年近く利用が可能です(au(KDDIと沖縄セルラー電話)は2022年3月末に、ソフトバンクは2024年1月下旬終了予定です。更に、かけ放題プランなどに入らなくとも、電話アプリがあり、キャリアの半額で通話が可能ですし、通話エリアはキャリアと同様で、通話品質面でも遜色ありません。

そして何と言っても、激安基本料金であることがデュアルSIMとしておすすめできます。特に2社exciteモバイルとLinksMateについては、データ通信をほぼ利用しないことを前提に作られたプランがあるので、その他会社のプランと組み合わせ安くなっています。

また、OCNモバイルONEなら、格安simのデメリットである専用アプリの利用が不要で、半額利用が可能です。

データ量月額料金電話アプリかけ放題オプション回線
excite モバイル低速通信のみ495円/月30秒11円
国際電話
30秒10円〜
3分かけ放題
759円/月
ドコモ回線
NTTドコモのサービスエリアに準拠
LinksMate100MB517円/月30秒11円10分かけ放題
935円/月
ドコモ回線
3G(FOMA)
LTE(Xi)
OCN モバイルONE1GB770円/月30秒11円
専用アプリ不要
10分かけ放題:935円/月
トップ3かけ放題:935円/月
完全かけ放題:1,430円
ドコモ回線
税込

上記の格安SIMいずれかと、povoやLINEMOに入れば、20GBの大容量を普段使いにし、電話だけドコモの繋がり易さを享受する事も可能です。例えばexciteモバイル(495円/月)と、povoかLINEMO(2,728円/月)で、3,223円/月(電話代別)で運用可能です!

ahamoは4G・5Gのみ対応、また通話かけ放題が含むので、今回の趣向に向かない。

ソフトバンクのLINEMOは3G対応です。ソフトバンクが強いエリアではLINEMO単体もおすすめ

§§ 専用電話アプリ不要で30秒11円 §§

ahamo+楽天モバイルの海外最強デュアルSIMの組み合わせ

現在販売・販売予定のSIMカードの中で、海外で追加料金なしで使える通信会社は、楽天モバイルとドコモのahamoの2社になります。楽天モバイルのUN-LIMIT VIとドコモのahamoを比較するとどちらか一方でも良いし、デュアルで更に便利とも感じます。

それぞれの海外の特徴をまず見ていくと:

ahamo楽天モバイル
月額データ量20GBまで
(月々データを消費)
2GBまで
追加データ1GB550円1GB550円
対応国82か国66か国
通話ローミング従量制有料発着信国内同様
Wi-Fiでも利用可
国際電話従量制有料従量制有料
月980円かけ放題あり
データ速度制限超過後1Mbps
15日以上は128kbpsの制限
超過後128kbps

以前までのキャリアのローミングオプションの高額さを考えると、楽天モバイルまたはahamo単体での海外の運用でも十分な感じです。ただ、楽天モバイルは66か国でデータ量が2GB/月と限られる一方、電話が受話無料・発信も日本と同様と、電話が国内同様の強みがあります。(海外にいることも相手には悟られない?)

海外利用で実は最もお金がかかるのは、”電話着信”です。発信より高い場合もあり、例えばドコモ(ahamo含む)でアメリカで着信すると175円/分(日本向け発信140円/分)ですが、楽天モバイルなら着信料金が無料です。海外によく行く人なら、楽天モバイルの衝撃は、データが2GB無料より国内同様の電話の発着信で感じたと思います。

一方で、ahamoは20GB(国内月々データ消費)もあり、対応国も楽天モバイルより多い82か国あるので、電話は楽天モバイル、データはahamoでと海外で電話・データ共に十分に使える環境を作りたいと思った際は、完璧なデュアルSIMでは無いでしょうか。

今なら月額料金3ヶ月無料!
スマホセットで最大25,000円相当還元・iPhoneも!

カウントフリーがある格安SIMとのデュアルSIM組み合わせ

こちらは参考です。切り替えの面倒さから2台持ちか単体をおすすめします。

格安SIMでは、一部サービスにおいてデータ通信量を使用しないオプションカウントフリーが用意されています。

カウントフリー料金
OCN モバイル ONEMUSICカウントフリー/カウントフリー
(050plus、Amazon Musicなど)
無料
BIGLOBEモバイルエンタメフリー
(YouTube、YouTube Musicなど)
308円/月(通話SIM用)
1,078円/月(データ用)
LinksMateカウントフリー
(ゲーム、Abema、インスタなど)
550円/月

OCN モバイル ONEのカウントフリーの強みは、オプション代が無料である事です。MUSICカウントフリーでは、Amazon Music・Spotifyなどに対応で、2つ目の電話番号で有名なIP電話050plusもカウントフリーで無料です。

BIGLOBEモバイルのカウントフリーは、非常に幅広いサービスに対応し、YouTubeも見放題、音楽系ではYouTube Music、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなど有名どころを全て抑えています。

LinksMateは、ゲームでのデータフリーに特に強く、かなりのタイトルでカウントフリーになっています。またゲーム以外では、Ameba、niconico、U-Nextなど動画、Twitterやインスタにも対応です。

特に音楽やゲームでは長時間の利用が想定されるので、カウントフリーを有効に使いデータ通信を抑えつつ、スピードに定評があるキャリア(キャリアのサブブランド等)を利用するとこで、かなりデータ量を減らすことが可能では無いでしょうか?

まとめ:デュアルSIM最強組み合わせ

楽天モバイルがUN-LIMIT VIを発表した事で、新しい組み合わせができました。今までは単独1枚のSIM運用が、(格安SIMであれば)総額では安くなる事がほとんどしてたが、楽天モバイルの0円電話の関係で、格安SIMの通話オプション(有料)より安いこともあり、2枚で運用が安くなっています。

将来的に格安SIMが通話オプションを無料にしたり、通話オプションを入れても楽天モバイルより安くなる料金設定がない限りは、楽天モバイル+格安SIMが最安の可能性は高いです。

そのため、楽天モバイル+格安SIMのデータ通信が最安値を作りやすいと言えます。

*1年無料キャンペーンで楽天モバイルに入った人でも、パートナーエリア回線によく行く人は、すぐにでもデュアル回線を考えた方が良いかもですね。