格安定額無制限をデュアルSIMで。楽天モバイルとmineoパケット放題Plus併用でのやり方とiPhoneの設定

Rakuten Mobile デュアルSIM

楽天モバイルは、無制限使い放題が月々3,278円です。しかし、それより安く・繋がりやすいデータ通信無制限使い放題の方法が、マイネオのパケット放題Plusと楽天モバイルを併用するデュアルSIMです。

例えば、デュアルSIMの組み合わせ最強と言われるのは、楽天モバイルxIIJmio(3GB440円/月)だと考える人も多いです。これはあくまでも、最強=最安の発想の場合であり、データ通信をあまり使わない人向けです。

データ通信を無制限に使いたいと思っている人が費用を安くする事を考えると、選択肢は全く異なり、楽天モバイルとマイネオパケット放題Plus併用の組み合わせが最強です。

デュアルSIM最強の組み合わせ!
mineo(マイネオ)

楽天モバイルとマイネオ併用は無制限使い放題の為のデュアルSIM

例えば、(個人的には)料金サービスと通信品質を考えた場合の無制限使い放題は次の3つに絞られると考えます。

  1. 最高品質の高速無制限使い放題:NTTドコモ 5Gギガホ プレミア
  2. 安く高速無制限使い放題:楽天モバイル UN-LIMIT VI
  3. 最安無制限使い放題:楽天モバイル UN-LIMIT VI + マイネオ パケット放題Plus

NTTドコモはエリア・ユーザー数も日本一ですし、無制限使い放題プランもテザリングの縛りもなく素晴らしいのですが、割引なしだと7,315円/月と高額です・・。そこで楽天モバイルです。楽天モバイルは自社エリアであれば、定額の高速通信が3,278円/月で可能です。

NTTドコモと比べれば楽天モバイルにするだけでも費用は半値以下になります。しかし残念ながら楽天モバイルはエリアが限定され、またパートナーエリアでは月5GB以上は有料の低速通信(1Mbps)になりコスパが悪いと感じる人もいます。

そこで登場するのが、3つ目のmineo(マイネオ)パケット放題Plus楽天モバイル併用デュアルSIMです。

楽天モバイルとマイネオ(mineo)併用の最強デュアルSIMプラン

楽天モバイルはパートナーエリアで5GBを越えると低速通信(1Mbps)ですが、それより速く安く、そして広いエリアでの利用を可能にする方法が、楽天モバイル+マイネオ(mineo)のパケット放題プラス併用のデュアルSIMなのです!

更に、無制限使い放題を低価格で実現する方法だけでなく、楽天モバイルでは限定される利用可能エリアを、大手キャリア回線網を使い人口カバー率も99.9%に跳ね上げる方法でもあります。

最安の無制限:楽天モバイル+mineo(マイネオ)パケット放題Plus併用の概要

楽天モバイルは、専用アプリRakuten Linkを利用すれば、電話とSMSが使い放題無料になるので、主回線(通話用)として利用します。そしてデータ通信をmineo(マイネオ)にて行います。楽天モバイルのデータ通信は基本使いません

出来上がるのが、電話かけ放題+データ通信し放題を最安値で運用となります。

  • 楽天モバイル UN-LIMIT VI=電話・SMSし放題0円無料(データ1GBまで)
  • mineo(ミネオ) パケット放題Plus = 1,265円からで1.5Mbpsデータ通信無制限

なおmineoは、音声付きとデータ専用プランとして次の金額で、各種プランをリリースしています。そして、これらの全てのプランに、超過後スピードが1.5Mbpsにアップする有料オプションの「パケット放題Plus」(385円/月)を販売しています(10GB/20GBプランはオプション代無料)。

mineo音声付きSIMデータ専用SIM
1GB1,298円880円
5GB1,518円1,265円
10GB1,958円1,705円
20GB2,178円1,925円
税込

このパケット放題Plusの主な特徴は次の通りで:

  • オプション代385円でデータ通信最大1.5Mbpsで使い放題
  • オプションはどのプランでも適用可能で最安は1,265円/月(880円+385円)
  • mineo(マイネオ)は3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク回線)から選べる

つまり、楽天モバイル併用・パケット放題Plusを組み合わせると、

何処でも使えて、全部(電話/SMS・データ通信)無制限使い放題で、月々1,265円にて利用可能です。

田舎でもビルの谷間でも繋がります!

1.5Mbpsと速度上限がありますが、サイト閲覧や多くのアプリ利用には全く問題なく使えますし、ナビや音楽ストリーミングなど長時間データ通信を行うのには最適です。その為、高速通信を求めない人には最適です。

特に、楽天モバイルのエリア外に居ること多い人なら、マイネオはどのキャリア回線からも選べるので、何処でも使えて、楽天モバイル単独よりデュアルSIMが広い・速い・安い利用が可能です。

mineoの1.5Mbpsで無制限使い放題 パケット放題Plusメリット・デメリットで更に詳しく記載しています。または公式サイトへ

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)とは楽天モバイル併用で決まり。povo2.0とは?

楽天モバイル同様、povo2.0も月額基本料金0円からとなっています。そこで当サイトでもpovo2.0と楽天モバイルを0円運用の観点から比較をしていますが、簡単に結論を言えば「楽天モバイルは0円使える。povo2.0は0円から使える。」の違いがあります。

povo2.0は初期費用・基本料金は(楽天モバイル同様に)0円ですが、無料で使える部分がほとんどなく、サービス利用にはお金を支払う必要があります。一方で、楽天モバイルなら通話・SMSが無料で使えるので主回線としても外せません。

その為、やはり(povo2.0より)楽天モバイル x mineo(マイネオ)パケット放題Plus併用の組み合わせが良いと言えますね。

楽天・マイネオデュアルSIMのやり方(設定・注意点)

それでは楽天モバイルとマイネオのデュアルSIMの始め方と注意点を紹介します。デュアルSIMを始めるのは実はすごく簡単です。次の3つを行えば、通常の1回線利用と後は違いはありません。

  1. スマホを準備・検討
  2. 契約する
  3. 設定する

それでは、注意点を含め順番に説明です。

1. デュアルSIM用スマートフォンを準備・検討

デュアルSIMを使うための絶対条件は、スマホがデュアルSIM対応している事です。最近は徐々にデュアルSIM対応スマホが増えていますが、古い端末では使えません。例えば、iPhone XR/XS(2018年)以降のモデルはデュアルSIMですが、iPhone 7や8はnanoSIM1枚のみ対応です。

下記の表は、楽天モバイルで取り扱っているデュアルSIMスマホの一覧です。

端末名一括価格4G/5GSIMタイプ
iPhone 13 Pro Max134,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 13 Pro122,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 1398,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 13 mini86,780円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 12 Pro Max122,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 12 Pro112,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 1279,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 12 mini69,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone SE44,800円〜4GeSIM/nanoSIM
OPPO Reno5 A42,980円5GeSIM/nanoSIM x2
OPPO A55s 5G32,800円5GeSIM/nanoSIM
OPPO A7315,001円4GeSIM/nanoSIM
OPPO Reno3 A26,980円4GnanoSIM x2
AQUOS zero669,800円5GeSIM/nanoSIM
AQOUS sense639,800円5GeSIM/nanoSIM
AQUOS wish29,800円5GeSIM/nanoSIM
AQUOS sense4 lite25,001円4GeSIM/nanoSIM
AQUOS sense4 plus43,800円4GnanoSIM x2
Xperia 10 III Lite46,800円5GeSIM/nanoSIM

楽天モバイルは、eSIM・nanoSIMいずれも提供しているので、スマホ選びの際に気にする必要はありませんが、マイネオ(mineo)は現在物理SIM(nanoSIMなど)のみの提供ですので、(例えばiPhone利用なら)必然的に楽天モバイルでeSIM、マイネオをnanoSIMの選択が必要です。

なお、楽天モバイルは対応するスマホが限られる一方で、mineo(マイネオ)は、ほぼ全てのスマホに対応している事もあり、楽天モバイルを中心にスマホを選びましょう

キャンペーンも豊富なので、新しくスマートフォンを新調するの良いですよね。なお、楽天モバイルで販売しているスマートフォンはSIMフリー機なので、mineoのSIMも問題なく設定・利用可能です。

持っているスマートフォンを使う場合

デュアルSIM対応端末を既に持っていているなら、次の点を確認しましょう。

  • SIMロックが解除されている
  • 楽天モバイルへ対応している

この2点が大事です。

SIMロックの有無の確認は、iPhoneの場合は、「設定」→「一般」→「情報」で上記のキャプチャーの様に確認できます。「SIMロックあり・SIMロックなし」で表示されます。Androidの場合は、システムで表示はないので、他社のSIMがあるなら挿してみるか、購入先に問い合わせ確認をしましょう。

楽天モバイルへの対応については、楽天モバイルが公式サイトで公開している「ご利用製品の対応状況確認」で確認をします。

2. 楽天モバイル・mineo(マイネオ)契約する

楽天モバイル・mineo(マイネオ)へ契約をします。契約で一番大事にしたいのは、キャンペーンをしっかり活用する事です!!そのため次の流れで加入契約がオススメです。

  1. 楽天モバイルへMNP転入乗り換えや端末購入で大量ポイントを!
  2. 楽天モバイルを3ヶ月無料で使い放題を堪能する
  3. mieno(マイネオ)と契約し、デュアルSIMスタート
    • パケット放題プラスを2ヶ月無料で使う
  4. (全てのキャンペーン終われば)月々1,265円へ

現在なら、楽天モバイルはキャンペーンで、製品購入でポイント還元やMNP乗り換えでポイント進呈中です。また最初の3ヶ月(約4ヶ月)基本料金が無料で無制限使い放題ができます。その為、マイネオ(mineo)へは、このキャンペーンが終わってから入りましょう。

続いて、mineo(マイネオ)についても、パケット放題Plus最大2ヶ月無料キャンペーンを行なっているので、忘れずに活用です。

この流れをすると、満額1,265円を月々払うのも約半年先です。

キャンペーン詳細は各公式サイトへ:

mineo(マイネオ)

3-1. デュアルSIM用にスマートフォンを設定する

デュアルSIMと通常のシングルSIMとの設定の1番の違いは、どちらでデータ通信をするかを設定しておくことです。今回の場合mineoをサブ回線としデータ通信を行うことになるので、その様に設定をしましょう。

上記はiPhoneの設定画面になりますが、「設定」→「モバイル通信」へ移動すると上記の画面になるので、「モバイル通信」をマイネオで設定します。なお、表示のmineoは私個人が設定しています。自分で変更可能です。

詳細は、iPhoneのeSIMを使って楽天モバイルとデュアルSIMを参考に

3-2. iPhoneでのデュアルSIMはプロファイル設定に注意を

iPhoneを格安SIM(マイネオ等)で使う場合、プロファイル設定をダウンロードしインストールが必要です。一方で楽天モバイルは自動設定のため不要であり、むしろ他社のプロファイルは(通信ができないなどの)邪魔になります。

そのため、デュアルSIMで利用する際には、設定を間違うとデータ通信ができないことがあるので、手順に注意です。

1:モバイル通信でマイネオ(mineo)を選択

2:mineo公式サイトからプロファイルをダウンロード

3:「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」へ移動し、ダウンロードされたプロファイルを選択する。
ダウンロードだけでは、インストールしていません

4:画面右上の「インストール」をタップしインストールプロセスを進める

以上です。最も重要なのは、モバイル通信で「マイネオ」を選択した上で、プロファイルをインストールしたかになります。「モバイル通信」で楽天モバイルを選択してmineoのプロファイルを入れないこと!

もし間違うと、いずれかまたは両方のデータ通信ができない事があります。(実際は片方しか使わない場合でも)両方のデータ通信できる・繋がる様になる設定が成功です。

対策として:

  • マイネオ側だけ通信可能なら
    → 楽天モバイルのeSIM再発行をする
  • 楽天モバイル側だけ通信可能なら
    → mineoプロファイルを消去し、最初からやり直す
  • 両方(楽天モバイル・マイネオ)共に繋がらない場合
    → mineoを再設定し、楽天モバイルのeSIM再発行をする(とにかく、1つづつ解決へ)

参考:楽天モバイルFAQ「iPhoneでデュアルSIMを利用する際の注意事項を知りたい

まとめ:楽天モバイルとマイネオのデュアルSIM

楽天モバイルとmineoのパケット放題Plus併用で、デュアルSIM回線を作り、低額定額で電話・SMS・データ通信を無制限に使える方法を紹介しました。

楽天モバイル単独で無制限使い放題は3,278円/月と十分に安いのですが、マイネオのパケット放題Plus併用で更に1,265円/月まで費用を下げる事ができ、人口カバー率は99.9$以上です!!

さらに、楽天モバイルは低速通信時でも料金へのカウントがあり、パートナー回線での利用は5GB以上になると2,178円/月で1Mbps制限とあまりオススメではありません。それらを解消するためにも楽天モバイル+パケット放題Plusは最高の組み合わせですよね。

0円運用から無制限まで!

デュアルSIM最強の組み合わせ!
mineo(マイネオ)

おまけ:逆もあり?楽天モバイルをサブ回線で、マイネオ「ゆずるね。」特典を!

mineo(マイネオ)も2021年に入り、新料金を発表しましたが・・・、正直他社と比べると少しお高い感じになってしまっています。ただ、maineo(マイネオ)は根強い人気があるのは、料金以上のサポート・サービスがあるからです。

繰越・フリータンク・パケットギフトなど、様々な方法でデータ量を節約したり多く使える仕組みがありますが、特に注目したいのが「ゆずるね。」です。

mineo(ミネオ)も格安SIMの1つであり、お昼のピーク時の混雑による通信速度の低下等を避けられず、格安SIMにしては速い方の域からは脱せていません。しかしそれを逆手にとった様なサービスである「ゆずるね。」特典はかなり魅力です。

maineo(マイネオ)の「ゆずるね。」特典

  • 5回達成:100MB獲得!
  • 10回達成:夜間フリー獲得!
  • 15回達成:200MB獲得!
  • 20回達成:プレミアム1DAYパス獲得

「ゆずるね。」とは、次の流れで昼間のピークを避けて使わない方法です。

  •  毎日11時30分までに「ゆずるね。」を宣言
  •  12時〜13時は「ゆずるね。」時間でスマホ利用停止 ← 代わりに、楽天モバイルを使う
  •  13時から翌日の宣言が可能
  • お昼(12時~13時)の通信量が少なければ達成!

ただ、これでは”お昼は使わない”だけで、正直少し厳しいと思います。そこで登場するのが、「楽天モバイル」です!

お昼の時間帯は楽天モバイルを利用すれば、いつでも気軽に「ゆずるね。」宣言できますよね。それで貯めた「夜間フリー」なども有効に使えば、まさにデータだらけの好循環!?となりそうです。

楽天モバイルは格安SIM(MVNO)ではなくキャリアです。お昼でもスピードも出るので、普段はmineo(マイネオ)、お昼は楽天モバイルです!!

mineo(マイネオ)