キャリアメールが回線解約しても利用可能に、ただし超高額の月330円。各社発表まとめ

3大キャリアロゴ 格安SIM

大手キャリア、NTTドコモ、au・ソフトバンク(ワイモバイル含む)がそれぞれのメールサービスである、所謂”キャリアメール”の持ち出しを可能にするサービス提供開始を発表しました。

このページでは各社発表をまとめて紹介です。

スポンサーリンク

「ドコモメール持ち運び」について

NTTドコモは、ドコモの回線契約がなくなった場合であっても、ドコモのメールアドレスを継続して利用出来るサービス「ドコモメール持ち運び」を2021年12月16日(木曜)より開始します。

● 利用料金
1メールアドレスあたり月額330円(税込み)

● 提供開始日
2021年12月16日(木曜)

● 受付
ドコモショップ店頭(解約・MNPと同時申し込みに限る)
Web(My docomo、ahamoサイト)

● 主な提供条件

MNP・解約・MNPまたは回線解約後31日以内であること
・回線契約にもとづき発行したdアカウント®を持っていること
・回線契約名義が個人であること
ahamoへプラン変更・ahamoへのプラン変更と同時のお申込みであること
・現在ドコモ回線を契約中であること(ahamoへプラン変更前であること)
・回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていること
・回線契約名義が個人であること

情報:NTTドコモ

「auメール持ち運び」について

KDDI、沖縄セルラーは2021年12月20日から、auのメールアドレスをUQモバイルやpovo、他通信事業者に移行後も利用可能なサービス「auメール持ち運び」 の提供開始します。

● 利用料金
月額330円

● 提供開始日
2021年12月20日

● 申込
専用サイトから

● 対象
auのメールアドレス (@ezweb.ne.jp/@au.com) を利用中で、auを解約後31日以内の場合。申し込みには、au回線契約にもとづき発行されたau ID必須。

● 利用方法
au契約中と同様に、Androidは「auメールアプリ」から、iPhoneは標準のメールアプリから利用可能
※ auメールアプリは対応バージョン (Ver.07.00以降) にアップデート要

情報:KDDI(au)

ソフトバンク「メールアドレス持ち運び」サービス

“ソフトバンク”および“ワイモバイル”の回線契約を終了した後も、引き続きそれぞれのブランドのメールアドレスを利用が可能になります。

● 利用料金
1メールアドレスにつき年額3,300円
2022年夏以降、月額払い(330円/月)でも提供予定

● 提供開始日
2021年12月20日

● 対象ブランドとメールサービス

ブランドメールサービス
ソフトバンクS!メール(MMS)
@softbank.ne.jp
@●.vodafone.ne.jp
@jp-●.ne.jp
@disney.ne.jp
@y-mobile.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@●●.pdx.ne.jp

Eメール(i)
@i.softbank.jp
ワイモバイルMMS
@ymobile.ne.jp
@emobile-s.ne.jp
@wcm.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@●●.pdx.ne.jp
@y-mobile.ne.jp

Y!mobile メール
@yahoo.ne.jp

● 申し込み・利用方法
“ソフトバンク”または“ワイモバイル”の回線契約を終了した翌日から起算して31日以内に、My SoftBankで「メールアドレス持ち運び」を申し込みで可能。

情報:ソフトバンクワイモバイル

楽天モバイル

今回の各社発表は、自社で囲い込んでいたメールを、他社に移っても使える措置です。楽天モバイルへ引っ越しても、その他キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)メールが使えますね。

なお、楽天モバイルはMNO(キャリア)になってからは、キャリアメールはまだありません。今作っている最中だそうですが、無料かつ縛られない物では無い限りオススメしません。