povo 2.0と楽天モバイル UN-LIMIT VI併用のデュアルSIM組み合わせ、最強かも!?

格安SIM

povo2.0と楽天モバイルUN-LIMIT VIどちらも、初期費用無料・月額0円からスタートできるので、サブ回線としてとても最適です。povo2.0と楽天モバイルUN-LIMIT VIを比較してどっちが良いかと検討もしましたが、どうせ0円ですから両方併用しての同時利用(デュアルSIM)で使うのもありです。

そこで、今回はどんな使い方がpovo2.0と楽天モバイルUN-LIMIT VI併用で最適なのかシミレーションしたいと思います。

実は、楽天モバイルUN-LIMIT VIを無制限で使うなら、他のSIMって実際必要無いんですよね。。。使い方によっては、無料だから入っただけの”コレクター”になります。。。

povo2.0と楽天モバイルUN-LIMIT VI併用デュアルSIMの使い方

まずは、povo2.0と楽天モバイルUN-LIMIT VIのプラン特徴をピックアップします。

楽天モバイル
UN-LIMIT VI
au
povo2.0
プラン基本料金〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
無制限:3,278円
0円
通信エリア楽天モバイルの4G/5G
パートナー回線の4G
auの4G/5G
データ追加オプション
(トッピング)
パートナーエリア用
国内:1GB(31日)/550円
海外:1GB(31日)/500円
1GB(7日):390円
3GB(30日):990円
20GB(30日):2,700円
60GB(90日):6,490円
150GB(180日):12,980円
使い放題(24時間):330円
超過後スピード1Mbps(料金にカウント)128Kbps(無料
電話アプリ利用*国内かけ放題:無料
アプリ外:30秒22円
30秒22円
かけ放題オプション
(トッピング)
電話10分かけ放題/SMS:1,100円5分かけ放題:550円
完全かけ放題:1,650円
SMS受信:無料
発信:
アプリ利用*:66カ国し放題無料
アプリ外:従量課金
受信:無料
発信:従量課金
アプリ利用=Rakuten Link

上記のプラン概要を見て、デュアルSIMがお得になる(補完し合う)組み合わせは、次の4通りあります。それぞれが使い方で変わるので、詳しく説明します。

  1. 電話を楽天モバイル+データをpovo
  2. 普段は楽天モバイル+時々povo(無制限)
  3. 安いかけ放題電話をpovo+データは楽天モバイル
  4. 電話番号2つ・SIMが2つ欲しい

なお、上記の4つ目は、電話番号が複数欲しい、端末が2つ以上あるからと理由が明確で単純なため、詳細は割愛します。

それではオススメ3通りを紹介です。

1. 電話を楽天モバイル+データをpovo併用のデュアルSIM

楽天モバイル
UN-LIMIT VI
povo2.0
電話・SMS×
データ通信×

楽天モバイルの一番のポイントは、(アプリ利用で)国内電話がかけ放題です。またAndroid端末ならSMSも世界66ヶ国向けに使い放題となっています。そのため、メインの電話を楽天モバイルで利用し、データ通信をpovoを利用する組み合わせの使い方がオススメになります。

楽天モバイル
UN-LIMIT VI
povo2.0
月(30日)換算
1GB0円390円(1GB7日)
3GB1,078円990円(3GB30日)
20GB2,178円2,164円(60GB90日)
2,700円(20GB30日)
25GB2,164円(150GB180日)
無制限3,278円

この組み合わせには2つのメリットがあります。1つは、月に3GBや25GB利用だと、上の表の計算の通りデータ通信料はpovoの方が(月換算すると)安くなります。次に、2つ目の利点としては、povoなら料金が固定できる点です。

楽天モバイルは段階制プランを採用しているので、使った分だけ支払いです。予期せずに1GBや3GBを少し超えても、(例えば0.01GBオーバーでも)無慈悲に料金が上がります。しかしpovoなら3GBのトッピングなら990円で、使い切って自分で再度購入しない限りは、それ以上の請求はありません。

定額制プランは他社で普通にあるのでpovoだからと珍しくは無いのですが、povoなら不要な時、トッピングをせずに無料の月も可能です。要は、固定制で0円はpovo2.0だけ、段階制で0円は楽天モバイルだけなのです!!

ただし、この組み合わせは、データをすごく多く使う人には向きません。1GB〜25GBの利用を考えている人向けです。1GB以下または25GB以上(無制限)は、楽天モバイル単体でデータ通信がお得です(下記の向かない人を参照)。

2. 普段は楽天モバイル+時々povo併用のデュアルSIM

楽天モバイル
UN-LIMIT VI
povo2.0
電話・SMS×
データ通信

続いては、一番目同様の組み合わせですが、楽天モバイルで普段はデータ通信をする場合です。これは、povo2.0のトッピングは1種類のみデータ使い放題(24時間)を時々利用します。

この使い方は、基本あまりデータ通信を普段はしないけど、時々(週末や旅行時に)データ通信を一気に使いたいと思う人に最適な考えです。ただし、注意したいのが、楽天モバイルは定額無制限使い放題(3,278円/月)があり、トッピングを使い過ぎるぐらいなら、楽天モバイル単体が良いです。

そのため、次の計算式を参考にしてもらうと良いですね。

楽天モバイル
のデータ利用量
楽天モバイル
月額料金
povo2.0
24時間使い放題トッピング
利用可能回数と料金
月額合計
1GB以下0円9回(2,970円)2,970円
3GB以下1,078円6回(1,980円)3,058円
20GB以下2,178円3回(990円)3,168円

こちらは、楽天モバイルの利用データ量と、povo2.0のトッピング24時間使い放題の合計が、楽天モバイル無制限使い放題より安くなる組み合わせをシミレーションした物です。例えば、月に楽天モバイルで3GB程度使い、週末6回をトッピングで24時間つかい放題を利用をすると計3,058円/月となり、楽天モバイル単体よりお安いです。

更にこの使い方は、楽天モバイルエリア外に住んでいる・主に利用してい人にとっては、理想的な組み合わせではないでしょうか?普段は楽天モバイルで3GBまで、週末はトッピングで使い放題・・・。

そして、当然ながらメイン(電話番号)は楽天モバイルなので国内電話はかけ放題無料になります!

ちなみに、24時間使い放題以外のトッピングを使いつつ、楽天モバイルでもデータ通信をするのは、(2台持ちでも無い限り)一番無駄な使い方です。どちらか一方にするか、24時間使い放題トッピングだけにしましょう。

3. 安いかけ放題電話をpovo+データは楽天モバイル併用のデュアルSIM

楽天モバイル
UN-LIMIT VI
povo2.0
電話・SMS×
データ通信

楽天モバイルは、専用アプリRakuten Linkを使うと電話とSMSがかけ放題・し放題無料です。しかし、通常のOS標準の電話やSMSは、povoと同様の従量課金制をとり、かけ放題オプションも提供はしてますが、料金が高めで1,100円/月となっています。

そこで良いのが、povo2.0のトッピング;5分かけ放題や定額かけ放題を利用し、電話をpovo2.0で運用し、データ通信を段階制プランの楽天モバイルを利用する組み合わせです。更に時々povoで24時間使い放題も使ってと・・・

povo2.0は、(私だけかもしれませんが)海外のプリペイドSIM的で電話番号が消えそうに思えメインとなると考えてしまいます。しかし、かけ放題トッピングは毎月更新であり、トッピングがある限り電話番号がなくなることは絶対にないので、毎月トッピング+povo2.0ならメインとしても使えそうです。

povoを解約されないための運用についてで詳しく解説しています。

povo+楽天モバイル併用デュアルSIMが向かない人

最後に、povoと楽天モバイル併用は意味がない。お得でもない人について紹介です。

  • 1GB以下・無制限で使いたい人
  • エリアを幅広くカバーしたいと思う人
  • ドコモ・ソフトバンク大好き

先にも説明しましたが、毎月の利用が1GB以下の人または数十・百GBと多量にデータ使う人は、楽天モバイル単体がオススメですし、デュアルSIMにする利点がかなり薄くあまりメリットが感じることが無いと思われます。特に使わない人は運用の手間が増えるだけと思います。

続いて、2社利用でエリアを広くカバーしたいと思っている人にも不向きの可能性もあります。楽天モバイルはエリアを拡大していますが、それでも4キャリア中一番狭い人口カバー率で、それを補うのもau回線(povoと同じ)になり、この組み合わせではエリア拡大にはなりません。

ただし、昨今のドコモ通信障害等の突発的問題への自己防衛として、もう1回線なら、このpovo・楽天の組み合わせ、またはその他キャリアと楽天モバイル(またはpovo)でも良いですよね。

最後に、ドコモ回線が大好きやソフトバンクしか入らない地域にいる人で、節約したいなら、まずはahamoかLINEMOを検討するのが良いですね。LINEMOのメリット・デメリットおよびahamo vs 楽天モバイルを参考にどうぞ)

eSIMは楽天モバイルがオススメ

デュアルSIMを利用する場合、スマホ端末もデュアルSIMへ対応し、SIMが2つ挿せる必要があります。そして最近のスマホで増えているのが、eSIMとnanoSIMの組み合わせです。例えばiPhoneもXR/XS以降はeSIM/nanoSIMのデュアルSIMになっています。

そのため、iPhone等のデュアルSIM端末を利用する場合は、通信回線の申し込みで、どちらか一方はeSIMを必ず選ぶ必要があり、一番使い勝手の良いeSIMは楽天モバイルです。

楽天モバイルのeSIMはアプリ上で無料で簡単ですぐに

2021年10月現在、4キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)およびそのサブブランド(ahamo・povo・LINEMO・UQモバイル・ワイモバイル)全てがeSIMを発行しています。再発行は無料がほとんどで、eSIMからnanoSIM(逆も然り)への変更も可能です。

ただし、eSIMの変更の手軽さを考えると楽天モバイルです。アプリ「my 楽天モバイル」上で、数回タップするだけで再発行申請ができ、機種変更なら新しい端末で「my 楽天モバイル」を呼び出すか、QRコードを読み取るだけで直ぐに変更可能で、所要時間は長くて5分程度で完了と非常に便利です。

一方、(将来変更すると期待しますが)povoでは、手動?のような感じで、本人確認等もあり問い合わせを通して行うこともあり、非常に手続きも雑多で時間もかかり、数日必要な場合もあるようで注意しましょう。povoは、nanoSIMを申し込むと簡単です。

楽天モバイルはデュアルSIM端末も豊富

現在楽天モバイルで販売されている、デュアルSIMモデルを並べました。

端末名一括価格4G/5GSIMタイプ
iPhone 13 Pro Max134,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 13 Pro122,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 1398,800円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 13 mini86,780円〜5GeSIM x2/nanoSIM
iPhone 12 Pro Max122,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 12 Pro112,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 1279,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone 12 mini69,800円〜5GeSIM/nanoSIM
iPhone SE44,800円〜4GeSIM/nanoSIM
OPPO Reno5 A42,980円5GeSIM/nanoSIM x2
OPPO A55s 5G32,800円5GeSIM/nanoSIM
OPPO A7315,001円4GeSIM/nanoSIM
OPPO Reno3 A26,980円4GnanoSIM x2
AQUOS zero669,800円5GeSIM/nanoSIM
AQOUS sense639,800円5GeSIM/nanoSIM
AQUOS sense4 lite25,001円4GeSIM/nanoSIM
AQUOS sense4 plus43,800円4GnanoSIM x2
Xperia 10 III Lite46,800円5GeSIM/nanoSIM

楽天モバイルでは、eSIMに力を入れていてデュアルSIM端末も豊富です。残念ながらRakutenオリジナルのスマホについてはeSIM専用のシングルSIMになっています。

楽天モバイルでは、MNP乗り換えなら、SIMだけでの申し込みでも、またはどの端末セットで購入でも20,000ポイント還元のキャンペーン対象となっています。povoはスマホ端末を販売していないので、これからデュアルSIMをpovoとやりたいなら、まず楽天モバイルでスマホ購入からしましょう。

詳細・申し込みは、公式サイトへ

0円運用から無制限まで!