Apple新製品9月15日発表まとめ。iPadとApple Watch

スマホ

Appleが9月15日(日本時間16日)に、新製品の発表をネットで行いました。日本市場に関係するのは、iPadとApple Watchがメインです。また、今後auが対応を予定のファミリー共有設定(family setup)についても紹介がありました。

I watched 1 hour video at Apple website.

Apple イベントのまとめ重要ポイント

  • Apple Watch シリーズ 6を発表42,800円から(9/18発売)。血中酸素濃度測定が可能に
  • Apple Watch SEを発表29,800円から(9/18発売)。
  • Apple Watchは、 シリーズ6/SE/シリーズ3を今後も販売
  • Apple Watchで、ファミリー共有設定が可能
  • iPad AirとA14チップ発表62,800円から(10月発売)
  • iPad 第8世代を発売34,800円から
  • Fitness+(アメリカなど)で発表
  • Apple One(サービスのパッケージ)を発表

簡単に概要を言うと、apple watchから2つの新製品と、iPad から2つの製品で、ハード的には4製品。サービスは、日本に関係するのは、ファミリー共有とApple one(パッケージ化)となっています。大方の予想通り、新型のiPhoneリリースはありませんでした。

Apple イベントの詳しいまとめ

Apple Watch

今年も新しいApple Watchがリリースされ、シリーズ6となります。今回の発表ではハード的なアップデートは血中酸素濃度の測定ができることを強くアピールしていますが、64ビットデュアルコアプロセッサS6SiPになっており、シリーズ5のS5より最大20パーセント高速なっています。

続いて、Apple Watchにも廉価版となる SEモデルがリリースとなっています。SEモデルの外観的な使用は基本的にシリーズ6と同じで、主な違いを下記にまとめてみました。

Apple Watch
シリーズ6
Apple Watch
SE
ディスプレイ常時表示RetinaディスプレイRetinaディスプレイ
チップS6 SiP・W3・U1チップS5 SiP・W3
素材と仕上げアルミ5色・ステンレス3色・チタン2色
Nike・Hermes
アルミ 3色
Nike
健康血中酸素濃度センサー・電気心拍センサー・
光学式心拍センサー
光学式心拍センサー
価格(一例GPS
40mm: 42,800円(税別)~
44mm: 45,800円(税別)~
GPS + Cellular
40mm: 53,800円(税別)~
44mm: 56,800円(税別)~
GPS
40mm: 29,800円(税別)~
44mm: 32,800円(税別)~
GPS + Cellular
40mm: 34,800円(税別)~
44mm: 37,800円(税別)~

ファミリー共有設定(Family setup)

ファミリー共有は、シリーズ6とSEに対応したサービスで、下記の事ができます。主に子供や年配の人が居る家族向けサービスの感じもします。

ファミリー共有設定を使うと、iPhoneを持っていない家族みんなのApple WatchとあなたのiPhoneをペアリングできます。電話、テキストメッセージ、トランシーバーアプリで連絡を取り合う。

Apple

動画でも具体的な利用として、家族で子供にApple Watchだけを持たせて連絡したり位置情報を共有したりできると言っていました。このファミリー共有設定機能は通信が関わるので、誰でも本体さえあればできる訳ではなく、日本ではauがサービス対応の予定。料金やdocomo/softbankの対応予定は不明です。

iPad

iPhoneの発表もなかったからか、最新のチップA14をiPad Airに1番に載せてきました。ただ、iPadをこの時期発表することは無かったので、以前Macへもチップを自社で供給するとの発表もあり、iPhoneのためだけのチップでは無いと、強い現れだとも思われます。

iPad Airの前モデルからの大きな違いはやはり外観です。デザイン的にはiPad Proに近く角張った形とUSB-C対応モデルになっています。iPad Pro 11インチと似ているので、違う点だけを書き出してみました。

iPad Pro 11″iPad Air
ディスプレ11インチ
ProMotionテクノロジーとTrue Tone
10.9インチ
True Tone
チップA12ZA14
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB64GB/256GB
サイズ247.6×178.5×5.9mm
471g/473g
247.6×178.5×6.1mm
458g/460g
メインカメラ12MP広角カメラと10MP超広角カメラ12MP広角カメラ
フロントカメラ7MPの写真、ポートレートモード
・アニ文字とミー文字対応
7MPの写真
オーディオ4スピーカー2スピーカー(横置き)
認証・センサーFace ID、LiDARスキャナTouch ID

当然ながら、iPad Proの方が多くの部分で高い性能ですが、iPad Airが最新のチップA14を掲載したことで、現時点ではiPad Proよりチップだけ見ると上回っている事になります。

iPad Airは5色のモデルが展開され、64GBか256GBとなっています。

  • WiFiモデル:64GB 62,800円(税別)と 256GB 79,800円(税別)
  • セルラーモデル:64GB 77,800円(税別)256GB 94,800円(税別)

新型のiPadも合わせてリリースされましたが、チップセットがA12へアップデートされたぐらいで大きな変更は無かったようです。

サービス

Fitness+がアメリカなどでリリースされました。Apple版のビリーズブートキャンプ的なものですかね。Apple TVやiPad/iPhoneで視聴しながら、運動をしApple Watchで運動データを残す感じですね。ヨガなどのエクササイズ動画が視聴可能なサブスクリプションになっています。多分日本に進出は無いと思いますね。

Apple One

次に、Apple Oneがリリースされ、今までリリースされてきたApple のサブスクサービスをパッケージした製品です。日本では1,100円からと(アメリカでは14.95ドル)お安くなっています。Apple TV+のコンテンツ量の差もあるのでしょうかね??

Apple Musicを使っている人(月980円)からすると、ほんの少しの価格差(+120円)ですから乗り換えはありですね。iCloud 50GB(月130円)と Apple Musicをちょうど足したような値段ですから、Apple TV+とArcade(ゲーム)がタダと思えば・・・ 。ファミリープランは、1,850円となっています。こちらもiCould 200GB(月400円)とApple Music ファミリー(月1,480円)を足した感じですね。なお、Apple Musicにある学生プラン(月480円)に変わるApple Oneプランは無いようです。

抱き合わせかな?
ArcadeとTV+のため・・・

まとめ

格安SIMを使っていると、Apple WatchのCellularモデルは関係ありませんが、GPSモデルでも十分Apple Watchは役立ちますよね。ただ、本当にランニングする際とかはCellularモデルあるとiPhone要らずで便利ですよね。早くキャリアがeSIMをもっと解放して格安SIMでApple Watchの通信機能を使えるようにしてもらいたいですね。

iPad Airは中々良いのでは無いでしょうか?iPad Proとの(価格・性能ともに)差が小さくなっているのですが、iPadへ高性能カメラは要らなかったり、マスク時代にはFaceIDよりTouchIDの方が便利そうですから、これからの新しい社会に合わせたモデルとも言えるかもしれませんね。

そして、やはりiPadのセルラーモデルには、格安SIMですよね!

*画像:Apple