ahamoと楽天モバイルを国内利用・海外旅行で徹底比較。どっち?デュアルSIM(併用)?

格安SIM

楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6)とNTTドコモのahamo(アハモ)は海外利用の点で比較される事が多いプランです。両プラン共に、追加料金なし・申し込み不要で、海外データローミングが利用可能なのが特徴です。

実は、楽天モバイルもahamoも海外旅行時の利用だけでどっちを選ぶプランでではありません。国内での利便性や安さを比較しながら、さらに海外での利用についてもと深く比較します!

海外利用では、最大20GBまでのデータ量が利用できるahamoが圧倒的に良さそうですが、データをあまり使わない人や電話を受けたい人なら、楽天モバイルが向いている人も多く、それぞれに良さがあります。

今回は、楽天モバイルとahamoのそれぞれの特徴・弱点あるはメリット・デメリットを詳しく見ながら比較します。

楽天モバイルとアンリミット6とドコモのアハモはどっち!?

まずは、楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6)とNTTドコモのahamo(アハモ)それぞれのサービスについて、日本国内を中心に主要部分のを比較します。国内利用において、料金体系や通信エリアの差など違いは結構明らかです。

ドコモ
ahamo
楽天モバイル
UN-LIMIT VI
料金2,970円〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
無制限:3,278円
月々データ量20GB
(国内・海外利用含む)
楽天モバイルエリア:無制限
パートナーエリア:5GB
海外:2GB
ネットワークドコモエリアの4G・5G楽天モバイルエリアの4G・5G
パートナーエリアの4G
超過後スピード国内・海外:1Mbps
海外15日以上:128kbps
国内:1Mbps
海外:128kbps
データ追加550円/GB550円/GB(国内)
国内電話料金5分まで無料
30秒22円(超過時)
アプリ利用で24時間無料
30秒22円(アプリ未使用時)
国内かけ放題
オプション
1,100円/月基本料金に含む
(Rakuten Link利用)
国際電話従量制従量制
かけ放題:1,078円/月
(海外66カ国)
SMS従量制Rakuten Link利用で無料
(世界66カ国)
その他電話オプション留守番電話:非対応留守番電話:0円
着信転送:0円
割込通話/通話保留:0円
発信者番号非通知:0円
eSIMなし選択可能
対応端末iPhone含め多数可能iPhone、
Androidの一部
クレジットカード特典dカード:1GB増量
dカードゴールド:5GB増量
など
金利なし分割払い
SPU+1
手数料無料について契約事務手数料
契約解除料
MNP転出手数料
SIM新規発行料
契約事務手数料
契約解除料
MNP転出手数料
SIM新規発行料
SIM交換手数料
SIM再発行手数料
税込

ドコモのahamoは、楽天モバイルのUN-LIMIT V(アンリミット5:旧プラン)を意識して作られたプランと言えますし、楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6:現プラン)は、ドコモahamoがリリースされ対抗でもあるので、事務手数料等の無駄の排除、シンプルなプランは共通しています。

ahamo(アハモ)ならドコモの繋がりやすさをフルに

ドコモのahamo(アハモ)最大の強みは、ドコモネットワークでカバーする国内最強とも言われる繋がり易さと広いサービスエリアになります。

通信スピードについては地域や時間帯などで変わるため、ドコモと楽天モバイルで一概にどちらが速いとは言えませんし、楽天モバイルのパートナー回線はauですので、エリアの広さだけで言えば同程度と言えると思います。

ただし、ドコモの5Gエリア拡大は楽天より進んでいますし、4Gエリアにおいても一部地域で楽天モバイルは入らない事もあり、繋がりやすさならahamoと感じます。

楽天モバイルはデータ利用量がいくらでもお得

un-limit 6

楽天モバイルの最大の特徴は安さです。

データ通信に関しては、段階制プランにより、データ通信を多く利用をする人にも・少しの人にも安い月額料金です。

楽天モバイルをデータ量の少ない利用であれば、全国をカバーするパートナーエリア(au)で、1GBまで無料、3GBまでも1,078円と、かなり安い金額で使えるのが魅力的です。無制限使い放題も用意されているので、よく使う人にもとてもおすすめです。

次に、国内電話・SMSがかけ放題が実質無料でついてきます。アプリ利用となりますが電話かけ放題であり、使い方によっては、毎月無料で利用も可能ですので、料金的には圧倒的に有利です。

ただ、楽天モバイルエリアでは無制限データ通信可能ですが、楽天モバイルエリア外だと月5GBまでと通信制限があり、よく使う人にはエリアの狭さが弱点・短所になります。

スピードを重視しないで安くしたいなら、楽天モバイルと格安SIMとのデュアルSIMがおすすめです。

国内利用、ドコモアハモ vs 楽天モバイルアンリミット6まとめ

  • 通信品質(エリア・スピード)はドコモのahamo(アハモ)
  • 料金の安さなら楽天モバイル UN-LIMIT VI(アンリミット6)

ざっくりまとめると、この2点に絞られます。

ahamoは、今まで大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を使っていた人にはすごく安いと感じると思いますが、5分かけ放題や月々20GBが必要ない人には、少し割高になります。

国内だけで選ぶなら、ahamoは20GBデータや5分かけ放題を使いきれる人なら良いですが、データ利用が少ない人や電話をあまりしない人だと、ahamoのエリアを取るか、楽天モバイルの料金を取るかになってくると思います。

例えば、両者が提供する20GBの料金で言えば、楽天モバイルUN-LMIT VIが約1,000円も安いです。また無制限使い放題定額や1GBまで無料と幅広い料金設定がある事から、やはり料金的には楽天モバイルです。

一方で、つながりやすさを重視する場合、ドコモahamoが優れていると言えます。逆に言えば、楽天モバイルの電波が入りにくそうな所(田舎やビルの谷間等)によく行くなら、繋がり易さのドコモのahamoです。

あまりデータ通信をしない人か、楽天モバイルエリアに住んでいる人なら、安さの楽天モバイルですかね。

海外利用比較、楽天モバイル vs ドコモahamo(アハモ)どっち?

楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6)とNTTドコモのahamo(アハモ)での海外での利用についてのサービスを比較しながら見ていきたいと思います。

ahamoも楽天モバイルも国内利用を考えても、とても良いのですが、海外利用も意識すると他の新プランLINEMOやpovoとは一線を画すプランになっています。(逆に海外に滅多に行かないならpovo/LINEMOなど広く検討が必要です)

まずはデータ通信について比較です:

ドコモ
ahamo
楽天モバイル
UN-LIMIT VI
海外月間
データ通信量
20GB/月
(国内と併用)
2GB/月
利用期限制限日本出国後15日以降は
通信速度制限あり
特になし
超過後通信制限制限超過後:1Mbps
15日以降:128kbps
超過後:128kbps
対象地域82か国66か国
追加データ1GB/550円1GB/500円

最大20GB・超過後1Mbpsアハモ(ahamo)が、海外短期利用なら圧倒

ドコモのアハモ(ahamo)と楽天モバイルの大きく異なる点は2つあり、1つ目がデータ通信量です。ahamoが最大20GB(国内と利用枠併用)で、楽天モバイルが月々2GBと、かなり利用できるサイズに大きな開きがあります。

楽天モバイルの段階制プランであれば、データを使わないと安くなるメリットもあり、データをあまり使わない人には最適ですし、データ追加も500円/GBとお安いです。ただ、海外での超過後速度制限は128kbpと低速になるのが注意です(追加データで解除可能)。

そのため利用できるデータ量として考えると、ahamoが国内利用と併用ですが最大20GB利用と更に超過後もスピード制限が1Mbps”速めの”速度制限でもあり、ドコモのahamoが圧倒的に有利と考えられます。

2週間以上の長期滞在者は楽天モバイル。アハモは15日制限で長期利用に不向き

海外でデータ通信した日(日本時間)を起算日として15日経過後の日本時間0時以降に、海外では最大128kbpsの速度制限がかかります。 本速度制限は、月間データ容量を追加購入しても日本に帰国するまで解除されませんのでご注意ください。

NTT docomo ahamo

2つ目の楽天モバイルとahamoの海外利用での違いが、利用期限です。

楽天モバイルは特に制限がありませんが、ahamoは海外で初回利用後15日を過ぎると、利用制限として速度が一気に128kbpsへとかなりの低速へ制限されます。更に速度制限は、帰国以外の解除方法がないので、2週間以上の滞在の場合、途中から低速でしか使えない事になります。

結果、短期間で非常に多くのデータ通信を行う場合はahamoがオススメになり、長期間海外で使いたいなら楽天モバイルであれば、データ通信をストレスなく使うことが可能です。

また、日本国内で月々数GB程度利用の人なら、海外に行った際にも2GBで十分足りそうですし、もし足らない場合でも、追加データ(500円/月)を購入すれば、高額にはなりません。

データ通信が多いデータ通信が少ない
渡航期間が短いahamo楽天モバイル
渡航期間が長い楽天モバイル楽天モバイル

電話も考えるなら、ahamoより楽天モバイル

スマホは電話機です。データ通信以外にも電話も通信会社に頼る必要がありますが、電話に関しては楽天モバイルが圧倒的に良いです。国内利用の比較においても、留守番電話や転送・保留・割込通話などは、楽天モバイルは対応ですが、比較対象のahamoは留守番電話へも対応していません。

更に、海外で楽天モバイルの基本料金でできる電話機能として:

  • 海外から日本への電話発信が無料
  • 海外での電話の受話が無料
  • 海外66か国へのSMS発信は無料
  • 海外でのSMSの受信が無料
  • Wi-Fiでも電話・SMSの受発信可能
  • 上記全てデータ量の消費なし

上記の6点は今までも現在も、通信会社では楽天モバイル以外ではありません。050のIP電話を使えば、電話に関しては同じ事が可能ですが、別途基本料金とデータ通信量が発生します。

一方、ドコモのahamoの場合全て有料で、電話に関してはかなり高額です。例えば、アメリカで利用した場合の料金で比較すると:

アメリカ国内へ発信日本へ発信その他の国へ発信受話・着信
ドコモahamo125円/分140円/分265円/分175円/分
楽天モバイル34円/30秒0円〜180円/30秒0円*
非課税

海外から他の海外の場合のみ、(地域により)楽天モバイルが高い場合がありますが、それら以外の同国内の発信の安さと、日本への発信および全受話が0円は圧倒的です。

電話は無視すれば良いと思われますが、例えばタクシー配車アプリや予約しているレストランやホテルから、待ち合わせや時間確認などで電話やSMSがあります。電話代で無駄な出費は抑えたいですし、連絡はつく状態にしておきたいです。

更に、楽天モバイルであれば、66か国かけ放題オプションが用意されているので、現地でも、金額を気にせず自由に電話ができます。

*上記は、アンドロイド版Rakuen Linkの情報がベースです。
楽天モバイルのiOS版Rakuten Linkは有料なサービスがあり、アンドロイド版と仕様が異なり海外着信が有料・SMS送信有料です。

iPhoneユーザーもahamoか楽天モバイルを選択可能に!

iPhoneユーザーは、ahamoも楽天モバイルも選択可能で、両社とも製品本体を販売もしています。

楽天モバイルでは、iPhone 12最新モデルやiPhone SEを、4キャリア中最安値で提供しています。更に、今なら新規契約とiPhone購入で、20,000円相当のポイントが還元されるキャンペーンも実施中です。

iPhoneは、途上国などに行くと盗難リスクが高いスマホですが、一方で世界中で売っていることもあり、サポートを現地で受けることも可能です。困ったときにネットで調べると情報も多いので、海外に結構向いている端末です。

なお、楽天モバイルのiPhoneは一部海外利用で同社のアンドロイド端末より良くない点があります。ただ、下記のとおりahamoと比較すると、良い点もあり遜色ありません。ただ、楽天モバイルのAndroidが圧倒的に良いだけです。

楽天モバイル
Android
楽天モバイル
iPhone
NTTドコモ
ahamo
日本へ電話かけ放題無料かけ放題無料国内:5分かけ放題
海外から:従量課金
国際電話発信従量課金従量課金従量課金
海外での電話着信無料従量課金従量課金
SMS発信66ヶ国無料従量課金従量課金
SMS受信無料無料無料

楽天モバイルとahamoは比較より併用、デュアルSIM?

楽天モバイルとahamoを比較してきましたが、海外利用ではデータ通信量は普段より増え事が多く、楽天モバイル(2GB)でもahamo(20GB)でも、全然足らないと感じる人も居ると思います。

そんな人には、比較するより併用です。

ahamoは月々のデータ量を国内・海外共通で消費するので、日本で普段から20GB/月程度使う人なら、海外でも通常通り使う場合、滞在中あるいは帰国後にデータ量が足らない事が発生します。

行き慣れた地域でデータ量を抑える事もできるのであれば、ahamoでも楽天モバイルでも十分足りる可能性はありますが、初めての場合や普段からデータ通信をよく使う人の場合、20GBあるから安心とはならない可能性が高いです。

そのため海外渡航時前後から余裕を持ったデータの使い方ができるように考えると、2台持ちやデュアルSIM回線は、頻繁に海外に行く人には有効な選択肢だと思います。

  • メイン(電話)は楽天モバイルで、データ通信はahamoを中心
  • ahamoを電話・データ共にメインにし、補完的に楽天モバイル

組み合わせは大きく分けて2つ、どちらの回線を主回線(主な連絡先・電話を主に使う方)にするかで、2通りですが、それぞれ違いがあります。

メイン(電話)は楽天モバイルで、データ通信はahamoを中心

楽天モバイルが、海外でも電話に強いことは紹介しましたが、国内利用でも電話かけ放題です。そのため、電話は全面的に楽天モバイルに任せるとして、メインを楽天モバイルの電話にします。これにより、国内に居ても海外に居ても、同一の番号が使える状態ができます。

データ通信については段階制プランを採用している楽天モバイルは、使わなければ無料にもなるので、データ通信が定額固定であるahamoを優先利用なります。

データ通信が毎月20GBまでで利用が収まる場合は、ahamo(2,970円)+楽天モバイル(0円)で、計2,970円/月定額で使える計算になります。

もし毎月のデータ利用が20GB以上や、海外でも十分なデータ通信したい人なら、渡航する月は、日本に居る間を楽天モバイルを使い、海外ではahamoのデータ通信でと使い分ける事で、データが足らないことは少ないはずです。

ahamoを電話・データ共にメインにし、補完的に楽天モバイル

この組み合わせは、普段使いは、電話・データ通信共に全てahamoになり、データがどうしても足りない時だけ楽天モバイルを利用します。

キャリア利用の人が節約するのにオススメなやり方でもあり、iPhone等で余ったeSIM枠を楽天モバイルで埋めておくと、海外に行かない人にも有効な使い方です。

この組み合わせの問題点は1つあり、海外に行った際にも電話を使えるようにしておきたい場合、主回線側がahamoのため海外で高額になります。ahamoの電話の特徴は、広い国内でのサービスエリア・5分かけ放題・OS標準アプリが利用できる点となり、日本ではすごく良いのですが・・・。

そのため、この組み合わせは、あまり海外に行かない人・電話が鳴らない人にはオススメですが、電話を受けやすく使いやすくしたい人には、先の楽天モバイルをメイン・ahamoをサブの組み合わせが良いですね。

ahamo・楽天モバイル共に、MNP転出料・新規事務手数料が無料です、組み合わせを入れ替えるのも無料でできますよ!

まとめ:ahamoと楽天モバイルの比較・併用(デュアル)!?

国内外共に言えるのは、ドコモahamoにはデータ通信全般的な良さがあります。国内での5Gエリア・ドコモの繋がり易さやデータ通信の信頼性の高さ、そして海外では日数は限定されますが、最大20GBも利用が可能です

一方、楽天モバイルは、国内電話・SMSかけ放題で、海外66カ国でも国内同様に使えることで、着信にかかる費用が発生しない、そしてWi-Fiを使った電話利用もできるので、何処にいても電話については最強と言えると思います。

電話はほぼ不要電話をよくする
データ通信は少し楽天モバイル楽天モバイル
データ通信が多いahamoデュアルSIM

それぞれの良さがあり、日本国内でデータ利用量が少ない人(海外在住者含め)は、楽天モバイルがかなり良いですが、ある程度のデータ量を使う人(〜20GB)の場合は選択が悩ましいです。

今なら月額料金3ヶ月無料!
♪ MNP転入ならSIMのみでも20,000P!!