[2020年最新] 5Gが使える格安SIM会社を調べた。月々750円から?!

格安SIM

格安SIM会社は基本的には、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を借りてサービスを提供していますが、ほとんどが4G(LTE)か3Gを使ってのサービスとなります。キャリア自体の5Gサービスがかなり限定的なこともあり、格安SIMとしては、5G対応はまだまだ先とも言えそうですが…。

5Gが使える格安SIMってあるのかな? 2020年版

まず、基本的に格安SIM会社のSIMカード詳細を見てみると「〇〇回線の4G(LTE)/3G網に対応したデータ通信用のSIMカードを提供します」や似た内容の記載があります。要は、格安SIMとキャリアとの回線契約は4Gや3G回線しかありません。将来的には変わる可能性は高いですが、今2020年の時点では、4Gが主流でもあり、この様な記載があります。

しかし!!なんとオプションで5Gが使えるところがあるではありませんか!!

LinksMateの5Gオプション

ゲーム開発会社系列が手がける格安SIMとして、多くのゲームがカウントフリーになるオプションや特典もあり、ゲーマー向けの格安SIMとして話題ですが、なんと現状格安SIMで唯一と思われる5Gオプションをドコモ回線で提供しています。

LinksMateは、プランを99種類用意し、100MBから1TBまでと超少量から、他社で類を見ない超超超大容量オプションも提供です。そして、100MBなら250円/月から契約可能で、理論上はこちらに5Gオプションをつけて750円/月から5G体験をすることが可能なのです!

楽天モバイルは自前の5G基地局から

2020年9月30日に、楽天モバイルはイベントを開催し、華々しく5Gを発表しました。当初から、今現在も基地局全国に設置する真っ只中でもあり、5Gを見越した基地局を設置すると言っていたことや、元々が6月開始から延期されたこともあり、期待値が高いイベントでもあり、公開された対応エリアの狭さに落胆の声も上がったり・・・となっていますが、価格据え置きでのスタートもあり見逃せない1社です。

楽天モバイルを格安SIMと形容してい良いか微妙ですが、他社キャリアのサブブランドが格安SIMの1つでもあり(ユーザーとしては格安SIMとして比較対象でもあり)、楽天モバイルの良さはやはり価格でもあるので、格安SIMとして標準で5Gに対応している唯一会社と言って良いと思います。

ただ、楽天モバイルも他社格安SIM同様、自社外の通信は4Gのみとなっているので、4G+5Gの全国展開となる以上、エリア拡大のスピードについては少しまだまだ様子見の感じも秘めません。

そうは言っても、5Gはまだまだ一般向けでも無いので、4Gでお安く速い回線ほど良いものは無いのが現状ですし、楽天モバイルで4Gを快適に使いつつ5Gを待つはありですよね。

ところで、5Gって必要なの?

正直今の時点では時期尚早と言えます。キャリアが提供している5Gもかなりエリアが限定されます。限定されるとは、東京都23区とか大阪市北区とかそんな次元でもありません。もっと局所的です。例えば関西空港ではとかと、ドコモショップ〇〇店周りとかと、普段の生活で5Gに出会うことが全く無い人も多いとも言えるレベルですので、今急いで5Gにする必要性は全く無いですね。

スマホ端末を買い替えするとしても、そのスマホを最低でも3年とか5年使うつもりなら、意味はありますが、1~2年で買い換えるつもりなら、5Gより他のスペック重視で購入が良いと言えます。ただ、1~2年で変える様なタイプの人ほど、ガジェット好きで5Gに興味津々でもあるはずですが…。

今は、5Gはビジネス用語で言う所謂「アーリーアダプター」と言われる人たち向けの物で、一般大衆は様子見ですかね。

電波は2つ。本当の意味での5Gはまだまだ

また、5Gには厳密には2種類の電波があり、早くエリア拡大を進められるであろう4Gからの転用での5Gと、もう一つは正真正銘の5Gであるミリ波と言われる電波での通信になります。しかし、特にauが進めているのは、4Gからの転用で、スピードもさほど出ないであろう事や(もちろん4Gより速いが)、一方で料金が割高になるなどと言われているので、まだまだ先なのかなと言った感じです。

4Gも、LTEとか3.9Gと言われていた時代がある

4Gが出た時も、規格的にはまだまだ4Gでは無いと言われていました。そのため当初はLTEとか3.9Gと呼ばれ、普通の3Gよりは早いけどまだ4Gでも無いと言った感じでした。ただマーケティング的に買い替え需要を増やすために、規格基準が緩められ4Gを名乗って良いよとなり、一気に知名度が上がりました。

そのため「なんちゃって4G」とも呼ばれていましたが、5Gにおいても当初はミリ波での受信がない、「なんちゃって5G」が進みそうです。個人的な予想ですが、例え地方でも5Gがエリア内という時が早々に来ても、5Gでよく言われる低遅延・高速大容量通信・多数接続の恩恵をユーザーが実感できるのは、まだまだ先の感じもします・・・。

コメント